VIARIUM - ブロックチェーンのビジネスのための最初のVRプラットフォーム

Viariumプロジェクトの主なアイデアは、購入、サービス、エンターテインメントへの アクセスを、世界中のすべての人々に提供することです。 VRとブロックチェーンの2つの最新技術を使用して、 私たちのチームは企業と消費者の効果的な相互作用のためのプラットフォームを作りました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRX
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-24
初回価格
1VRX = 0.05 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VIARIUM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - up to 20%

概要

当社の優位性

VRでのビジネスとエンターテイメントのための統合インフラ

分散型安定システム

独自サーバーの接続

VR業界の巨人たちはすでに私たちと協力しています

ブロックチェーンを使用してビジネスの安全を保証

独自の仮想世界を作ることができます

チーム すべてを見る

Kazuaki Kawada
Kazuaki Kawada
Advisor
Alexey Mashkeev
Alexey Mashkeev
CEO
Igor Razin
Igor Razin
CTO
Gulnara Galeeva
Gulnara Galeeva
CMO
Darya Kolyvanova
Darya Kolyvanova
PM
Sergey Simanovskiy
Sergey Simanovskiy
COO

人気STO/ICO記事

  • 法改正を理解する:ブロックチェーン注目トピックの良記事まとめvol.2

    2019年5月31日に資金決済法、金融金融商品取引法の改正が国会で成立し、「仮想通貨」が「暗号資産」に改称されたことは知っている人も多いでしょう。一方で、「それで何が変わるの?」「どんな情報を追いかけていけばいいの?」についてはイマイチ自信が持てない方もいると思うので、今回はこの辺りをまとめて行こうと思います。関連記事:大まかな点についてよくまとまっているのは、以下の2つの記事です。仮想通貨Watchアンダーソン・毛利・友常法律事務所後者はやや長く感じられるかもしれませんが、一番ポイントが整理させているものです。最前線の動きについては、Twitter()での書き起こしもかなり有能なので
  • 【API連携】Liquid/リキッドのAPI連携方法 - 画像付きで分かりやすい!

    通常のAPIを使ったサービスではサーバーにAPIデータが残ってしまい、最悪の場合、第三者に勝手にトレードされ出金されるということも有り得ます。コイン相場ではを採用しており、APIキー情報はスマートフォン所有者の暗号化されたメモリ(Touch IDやFace IDでしか開けられない)に保存されるので、サービス運営側で悪用することはありません。スマホの盗難、第三者にTouch IDやFace IDが突破された場合のトラブルについては弊社では責任を負い兼ねますのでご了承ください。金融庁が認可した仮想通貨取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」はQUOINE株式会社が運営する
  • Apple Watch(アップルウォッチ)にコイン相場アプリが表示されない

    Apple Watch(アップルウォッチ)にコイン相場アプリをインストールしても何も表示されずに真っ暗な状態ですか?その理由は携帯のアプリと同期させていない状態だからです。Apple Watch(アップルウォッチ)でコイン相場アプリを利用するにはアップルウォッチのアプリと携帯のアプリと同期させる必要があります。【ウォッチリストの設定】→【同期とバックアップ】→【アップルウォッチに同期】アップルウォッチの設計上ウィジェットをリアルタイムで表示させることは不可能です。Apple Watch(アップルウォッチ)のウィジェットは一日に数十回自動更新されますのでご注意ください。