Brain Space - 未来の製品

プラットフォーム "Brain Space" - 国際競技場でのあなたの足取り。 「世界の知的財産市場の強力な基盤となるインフラの整備、時には国際的な分野へのアクセスレベルに対する著者の潜在的可能性の特定と開発プロセスの削減」:Brain Spaceチームは、このタスクを解決するために努力しています。知的活動の結果の登録と記録のためのアクセス可能で便利で分かり易い手続きがなく、必要かつ理解可能なツールがなければ、多数の機関の戦略に示された目標の達成を想像することは困難です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMP
開始日時
2018-11-19
終了日時
2019-10-03
最低目標
14,526,000 USD
最高目標
72,630,000 USD
初回価格
0.0800 USD
トークン供給数
1,431,000,000
公式サイトへ Owner of Brain Space?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率53%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

残念ながら、世界では、インターネットを新しい情報技術の重要な要素として規制し、知的財産保護の分野での関係を調整する法的枠組みは事実上存在しません。さらに、問題のある側面を悪化させる別の状況がある。 - 著者の対象のを「文化的価値」として公に評価するためのアクセス可能な機会がないです。 - 社会開発ではなく、自らの財政的繁栄に基づく哲学を持つ既存企業が知的財産市場の優位を持っている。

IMPERIVM LTDはブロックチェーン技術をベースにした製品とサービスの有望な開発者です。私たちは、社会的範囲や個人的な解決から公共資源や大企業への統合まで、人間開発の歴史の過程に完全に影響を与えることができる高度な製品を開発し、実装します。当社のすべての開発は、安全性、スピード、および利益の原則に基づいています。私たちの専門家の経験により、ブロックチェーンシステムに対するあらゆるソリューションの成功の後、シンプルで安全で収益性の高い接続を保証することが可能になりました。また、MPERIVM LTDは、ブロックチェーンの建築家やビジネスマンのコミュニティの発展と促進に最大限の参加を図っています。

チーム すべてを見る

Shcherbakov Evgeniy
Shcherbakov Evgeniy
CEO/CMO IMPERIVM LTD
Storozhilov Anton
Storozhilov Anton
CEO/CFO IMPERIVM LTD
Vorobyov Vladimir
Vorobyov Vladimir
CEO/CVO IMPERIVM LTD
Yurchenko Kirill
Yurchenko Kirill
CEO/CTO IMPERIVM LTD
Sokolkina Olga
Sokolkina Olga
CAO IMPERIVM LTD
Adam Ibrahim
Adam Ibrahim
Backend Senior Developer

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。