私達は世界的な普遍的な分散型プラットフォームBILLCRYPT plを作成しています。 これは、企業、専門家コミュニティ、専門家、および製品の駐在事務所の多機能ブロックチェーン統合システムです。 ブロックチェーン表現(BR)は、快適なインターフェースを備えたブロックチェーン上の分散アプリケーション(DApp)の形でユーザーによって作成されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
BILLCRYPT / BILC
開始日時
2018-11-16
終了日時
2019-09-30
最低目標
9,828,042 USD
最高目標
80,000,000 USD
初回価格
1.0000 USD
トークン供給数
152,000,000
公式サイトへ Owner of BILLCRYPT?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率44%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

プラットフォームに基づいて、技術的および経済的特性のブロックチェーン間インフラストラクチャが構築されており、ブロックチェーンプロジェクトと実際のセクターのプロジェクトを結合しています。    そのような単一の快適な環境は、誰もが自分自身のBRを作成することを可能にし、保証された信頼の統一システムを形成します。    これはどんなビジネスの発展も新しい前例のないレベルに導きます。    システムに組み込まれた投資不動産は最も効果的にあなたのビジネスを発展させ、有益なパートナーシップを確立しそして互いを経済的に促進することを可能にします。相乗効果により、何倍もの恩恵を受けることができます。    投資家にとって、これは最もわかりやすく説明的な構造になります。これにより、仮想イメージ(仮想イメージパート - ViP)を見ることで、代表的な事業を迅速かつ確実に評価し、有益な投資判断を下すことができます。    一般ユーザーにとって、これは専門家、サービス、製品を選択するための最も簡単で信頼できる方法です。    プラットフォームと投資エコシステムの可能性全体を効果的に機能させるために、新世代のユニバーサルデジタルアセットが作成されました - イーサリアムブロックチェーンのERC-20規格のEvolutionary BILLCRYPT Tokenです。    同時にこれは:

  • デジタル資産価値の保存
  • ブロックチェーンの代表事務所とプロジェクト機能へのアクセスを提供する特権クラブカード
  • システムのプロジェクトのクローズドプリセールスを入力するための一種のチケット
  • 他のプロジェクトのトークンの形で新しい暗号資産を取得することができるブロックチェーン駐在事務所の機能に支払う内部デジタル通貨。そのような各トークンは、順番に、所有者とユーザーに大きな特権を与え、彼らの福祉を増やします。

プラットフォームの絶え間ない開発、ブロックチェーン駐在事務所の人気の高まり、トークンに対する需要の高まりは、Billcryptに進化的特性を提供し、それを不可欠な金融ツールにしています。

チーム

Evgeny Kulikov
Evgeny Kulikov
Founder & CEO BILLCRYPT
Siarhei Lutsenka
Siarhei Lutsenka
Director of Business Development
Daniel Grieg
Daniel Grieg
MANAGING DIRECTOR TECH Team’s Coordinator
Zahid Imran
Zahid Imran
Investment banker, TOP ADVISOR, ICO EXPERT, Representative in the UAE
Deepanshu Bhatt
Deepanshu Bhatt
ADVISOR, Fundraiser, Blockchain Consultant, Ambassador in Singapore.

人気STO/ICO記事

  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、
  • 【8/6】世界ニュースまとめ - ORBSの共同設立者、契約違反で訴えられる、メキシコがフィンテック事業の規制を開始・・201社のスタートアップが廃業危機に

    海外の暗号資産メディアCoindeskがイスラエルの現地メディアGLOBESの報道を引用し、イスラエルのブロックチェーンプラットフォームORBS(時価総額131位)の関係者らがジョイントベンチャーとして設立した「Cointree Capital」の持分問題で事業パートナーElad Aradから「詐欺」の疑いで起訴されたと報道した。Elad AradはORBSの共同設立者UrielとDanielそしてHexa Solutions、Cointree Management Microverseなどを対象に訴訟を起こし、彼らを「詐欺、契約違反」などで被害を受けたと主張した。一方でORBS側は報道に対し