VIARIUM - ブロックチェーンのビジネスのための最初のVRプラットフォーム

Viariumプロジェクトの主なアイデアは、購入、サービス、エンターテインメントへの アクセスを、世界中のすべての人々に提供することです。 VRとブロックチェーンの2つの最新技術を使用して、 私たちのチームは企業と消費者の効果的な相互作用のためのプラットフォームを作りました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRX
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-24
初回価格
1VRX = 0.05 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VIARIUM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - up to 20%

概要

当社の優位性

VRでのビジネスとエンターテイメントのための統合インフラ

分散型安定システム

独自サーバーの接続

VR業界の巨人たちはすでに私たちと協力しています

ブロックチェーンを使用してビジネスの安全を保証

独自の仮想世界を作ることができます

チーム すべてを見る

Kazuaki Kawada
Kazuaki Kawada
Advisor
Alexey Mashkeev
Alexey Mashkeev
CEO
Igor Razin
Igor Razin
CTO
Gulnara Galeeva
Gulnara Galeeva
CMO
Darya Kolyvanova
Darya Kolyvanova
PM
Sergey Simanovskiy
Sergey Simanovskiy
COO

人気STO/ICO記事

  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使