Alpha-Xプロジェクトは、オンライン電子商取引における新たな革命を導きます。電子商取引業界は、インターネットの大量利用を推進するうえで不可欠であり、ブロックチェーンの開発にも変わりはありません。このプロジェクトの背後にある主な動機は、高い手数料、厳格なガイドライン、および強力な規制のために、集中化された市場でオンラインで製品を販売する場合、売り手の大規模ネットワークが不満を抱えています。 Alpha-Xのビジョンは、自由に使用でき、本質的に持続可能な分散型商取引を促進するプラットフォームを提供することです。既存のプラットフォームの上に構築されたアプリケーションやベンチャーを含むように、コアブロックチェーンを超えます。星と宇宙は良い概念モデルです。存在しますが到達不能です。 Alpha-Xはまもなく地球でヒットする画期的な技術の流星です。それは私たちのユーザーの遺産と私たちのプラットフォームのルーツです。独立したピアツーピアネットワークの形をした自治システム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AX
開始日時
2018-09-15
終了日時
2019-07-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
13,100,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
170,000,000
公式サイトへ Owner of AlphaX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプOwn
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Alpha-Xプロジェクトは、オンライン電子商取引に新たな革命をもたらし、それを先導するものです。電子商取引業界は、インターネットの大量利用を推進するうえで不可欠であり、ブロックチェーンの開発にも変わりはありません。このプロジェクトの背後にある主な動機は、高い手数料、厳格なガイドライン、および強力な規制のために、集中化された市場でオンラインで製品を販売する場合、売り手の大規模ネットワークががっかりすることです。

    ** Alpha-Xのビジョンは、無料で使用でき、本質的に持続可能な分散型商取引を促進するプラットフォームを提供することです。このビジョンは、既存のプラットフォームの上に構築されたアプリやベンチャーを含むように、コアブロックチェーンを超えます。星と宇宙は良い概念モデルです。存在しますが到達不能です。

    Alpha-Xはまもなく登場する画期的なテクノロジの流星ですユーザーの遺産と私たちのプラットフォームのルーツです。独立したピアツーピアネットワークと、自然の安定性を反映した相互作用の形をした自治システム。

    Alpha-Xプロジェクトは、ホワイトペーパーに記載されている機能を含むがこれだけに限定されない、多数の機能を備えたブロックチェーンプロジェクトです。このホワイトペーパーの目的は、Alpha-Xプロジェクトとエコシステムについての高度な理解を深めることです。

    Alpha-Xコミュニティは、集中的なコミッションや銀行手数料を支払うことなく、オンラインで販売するものがあれば誰でも利用できる支援エコシステムを備えた革新的なピアツーピア市場を紹介することです。

    エコシステムはすでに開発された法定通貨から暗号通貨への交換によってもサポートされるため、エコシステムはバーチャルマネーのみに限定されるものではありません。 Alpha-Xコミュニティはすでに独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発しているので、他のブロックチェーンには含まれません。

    チーム すべてを見る

    Oleg Olefirenko
    Oleg Olefirenko
    CEO and Marketing Expert
    Myroslav Vakulyuk
    Myroslav Vakulyuk
    Chief Business Development Officer
    Mycola Davidenko
    Mycola Davidenko
    Chief Account Manager
    Nikita Jaisinghani
    Nikita Jaisinghani
    CTO
    Awais Bajwa
    Awais Bajwa
    Legal Analyst
    Swati Koundilya
    Swati Koundilya
    Node Developer

    人気STO/ICO記事

    • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

      警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

      の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である