Alpha-Xプロジェクトは、オンライン電子商取引における新たな革命を導きます。電子商取引業界は、インターネットの大量利用を推進するうえで不可欠であり、ブロックチェーンの開発にも変わりはありません。このプロジェクトの背後にある主な動機は、高い手数料、厳格なガイドライン、および強力な規制のために、集中化された市場でオンラインで製品を販売する場合、売り手の大規模ネットワークが不満を抱えています。 Alpha-Xのビジョンは、自由に使用でき、本質的に持続可能な分散型商取引を促進するプラットフォームを提供することです。既存のプラットフォームの上に構築されたアプリケーションやベンチャーを含むように、コアブロックチェーンを超えます。星と宇宙は良い概念モデルです。存在しますが到達不能です。 Alpha-Xはまもなく地球でヒットする画期的な技術の流星です。それは私たちのユーザーの遺産と私たちのプラットフォームのルーツです。独立したピアツーピアネットワークの形をした自治システム。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AX
開始日時
2018-09-15
終了日時
2019-07-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
13,100,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
170,000,000
公式サイトへ Owner of AlphaX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームSeparate blockchain
タイプOwn
参加可能通貨BTC, ETH, BCH, LTC
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Alpha-Xプロジェクトは、オンライン電子商取引に新たな革命をもたらし、それを先導するものです。電子商取引業界は、インターネットの大量利用を推進するうえで不可欠であり、ブロックチェーンの開発にも変わりはありません。このプロジェクトの背後にある主な動機は、高い手数料、厳格なガイドライン、および強力な規制のために、集中化された市場でオンラインで製品を販売する場合、売り手の大規模ネットワークががっかりすることです。

    ** Alpha-Xのビジョンは、無料で使用でき、本質的に持続可能な分散型商取引を促進するプラットフォームを提供することです。このビジョンは、既存のプラットフォームの上に構築されたアプリやベンチャーを含むように、コアブロックチェーンを超えます。星と宇宙は良い概念モデルです。存在しますが到達不能です。

    Alpha-Xはまもなく登場する画期的なテクノロジの流星ですユーザーの遺産と私たちのプラットフォームのルーツです。独立したピアツーピアネットワークと、自然の安定性を反映した相互作用の形をした自治システム。

    Alpha-Xプロジェクトは、ホワイトペーパーに記載されている機能を含むがこれだけに限定されない、多数の機能を備えたブロックチェーンプロジェクトです。このホワイトペーパーの目的は、Alpha-Xプロジェクトとエコシステムについての高度な理解を深めることです。

    Alpha-Xコミュニティは、集中的なコミッションや銀行手数料を支払うことなく、オンラインで販売するものがあれば誰でも利用できる支援エコシステムを備えた革新的なピアツーピア市場を紹介することです。

    エコシステムはすでに開発された法定通貨から暗号通貨への交換によってもサポートされるため、エコシステムはバーチャルマネーのみに限定されるものではありません。 Alpha-Xコミュニティはすでに独自のブロックチェーンアーキテクチャを開発しているので、他のブロックチェーンには含まれません。

    チーム すべてを見る

    Oleg Olefirenko
    Oleg Olefirenko
    CEO and Marketing Expert
    Myroslav Vakulyuk
    Myroslav Vakulyuk
    Chief Business Development Officer
    Mycola Davidenko
    Mycola Davidenko
    Chief Account Manager
    Nikita Jaisinghani
    Nikita Jaisinghani
    CTO
    Awais Bajwa
    Awais Bajwa
    Legal Analyst
    Swati Koundilya
    Swati Koundilya
    Node Developer

    人気STO/ICO記事

    • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

      暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
    • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
    • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

      投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ