VIARIUM - ブロックチェーンのビジネスのための最初のVRプラットフォーム

Viariumプロジェクトの主なアイデアは、購入、サービス、エンターテインメントへの アクセスを、世界中のすべての人々に提供することです。 VRとブロックチェーンの2つの最新技術を使用して、 私たちのチームは企業と消費者の効果的な相互作用のためのプラットフォームを作りました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VRX
開始日時
2018-07-16
終了日時
2018-10-24
初回価格
1VRX = 0.05 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of VIARIUM?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-sale - up to 20%

概要

当社の優位性

VRでのビジネスとエンターテイメントのための統合インフラ

分散型安定システム

独自サーバーの接続

VR業界の巨人たちはすでに私たちと協力しています

ブロックチェーンを使用してビジネスの安全を保証

独自の仮想世界を作ることができます

チーム すべてを見る

Kazuaki Kawada
Kazuaki Kawada
Advisor
Alexey Mashkeev
Alexey Mashkeev
CEO
Igor Razin
Igor Razin
CTO
Gulnara Galeeva
Gulnara Galeeva
CMO
Darya Kolyvanova
Darya Kolyvanova
PM
Sergey Simanovskiy
Sergey Simanovskiy
COO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 【ビットコインを無料で貰おう】楽天カード期間限定キャンペーン開催中!

    )条件:新規会員もれなく条件:カード利用もれなくこの機会に、をWドリしましょう!(詳細は登録ページにてご確認下さい)・