BASIS NEURO - オープンサービス技術プラットフォーム

Brain-computer Interfacesは脳をトレーニング、ガジェットを操作し、新しいVRパワフルなゲームを楽しむためのインターフェースです。 BASIS NEUROは、脳制御ガジェットとサービスを作成するためのプラットフォームです。私たちのユニークなニューラルインターフェイスは誰もが自分のプロジェクトにスーパーフィーチャーを追加できるようにします。私たちはスマートフォン、VR、ゲーム、ビジネス、教育、医療のための神経制御技術を実現しました。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNST
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-05-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BNST = 0.02 USD
公式サイトへ Owner of BASIS NEURO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界はバイオサイバネティクス・システムに基づく第4次産業革命の限界にあると一般に認められています。

脳の外部デバイスとの直接的かつ非侵襲的な相互作用を創出することは、技術開発の重要なステップの1つになります。

新しい技術の登場により、新しいクラスのビジネスモデルが生み出され、その結果、潜在的にすでに数十億ドルの価値が見込まれる新しい市場の製品やサービスが実現しています。

将来、キーボード、ジョイスティック、またはタッチパッドは存在しないので、人は精神的なコマンドによってデバイスを直接制御するだけである。これは技術開発の本質であり、相互作用の簡素化、使用の簡素化です。

このプロセスの頂点は、周囲のデバイスとの人間の相互作用の進化の最終段階であり、神経技術です。人命のあらゆる領域への適用性とあらゆるビジネスプロセスへの実装の可能性があるのがこの技術の利点です。

Basis Neuroは、ビジネス、教育、医学、スポーツ、または芸術のための神経インタフェースを使用して製品やサービスを作成できるようにするサービス企業および開発者のためのプラットフォームです。

Basis Neuroの技術と科学技術の発展を利用して、開発者は健康監視システム、スマートデバイスやスマートホームを制御するシステム、マインドコントロールされたゲームやエンターテイメントプロジェクト、ガジェットを開発することができます。

参加者は、必要なニューロ機器を遠隔から購入し、制御ソフトウェアを受け取り、脳信号を読み取るためのアルゴリズムにアクセスし、解読されたパターンのデータベースを増やすことができます。

Basis Neuroチームは、ユーザーが日常的な製品やサービス開発のための新しい機会の範囲を利用できるようにする、専門家と技術者のサポートを提供します。

最終的にBasis Neuroプラットフォームは、サービス会社、開発チーム、エンドユーザをグローバルなエコシステムに統合し、ニューロ製品市場での開発と競争のための準備ができています。

プラットフォームの開発を加速するため、Basis NeuroチームはICOキャンペーンの立ち上げを決定しました。

チーム

Nik Sviridov
Nik Sviridov
CEO
Dmitry Lazurenko
Dmitry Lazurenko
CTO
Maria Vylegzhanina
Maria Vylegzhanina
CMO
Yuri Gusach
Yuri Gusach
CHIEF ENGINEER
Igor Shepelev
Igor Shepelev
DEVELOPER OF ALGORITHMS
Alex Sakharov
Alex Sakharov
CFO

人気ICO記事

  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、
  • 12月14日早稲田大学にて、東京2018ブロックチェーンカンファレンスが開催

    2018年12月10日14時から早稲田大学にてブロックチェーンの動向、スタートアップとキャリアについて語る東京 2018 ブロックチェーンカンファレンスが開催されます。1000円割引になるクーポンコードと合わせてのご案内です。1. 社会人 カンファレンスのみ参加 [WBVIP1000] 2. 社会人 カンファレンス& 懇親会 [WBDVIP3000]  13:30 - 14:00 受付 14:00 - 14:10 開会挨拶 - 早稲田大学教授・朝日透 14:10 - 14:15 スピーカー紹介 14:15 - 15:10 ブロックチェーン業界トレンド 15:10 - 15:2
  • HIVEHack 〜君ならブロックチェーンで世界をどう変える?〜

    イベントURL 今、急速に成長しているブロックチェーン市場…ブロックチェーンが既存のビジネスやボランティア、様々な枠組みに与える影響はとても大きい。最近になってようやくブロックチェーンが話題となり具体的なユースケースなどが考え始められてきた。しかし、ユースケースを考えるだけではなく、実際にコードベースで動くプロダクトはまだまだ出て来ていない。そこで、地理的にも日本の中心に位置するここ大阪に様々な豪華なゲストとともに日本中のブロックチェーンエンジニアを集結させ今までにない規模のハッカソンを開催する。日本のブロックチェーン業界を技術的に牽引しているリーダー達をゲストにお迎えしてブロックチェーンと