BASIS NEURO - オープンサービス技術プラットフォーム

Brain-computer Interfacesは脳をトレーニング、ガジェットを操作し、新しいVRパワフルなゲームを楽しむためのインターフェースです。 BASIS NEUROは、脳制御ガジェットとサービスを作成するためのプラットフォームです。私たちのユニークなニューラルインターフェイスは誰もが自分のプロジェクトにスーパーフィーチャーを追加できるようにします。私たちはスマートフォン、VR、ゲーム、ビジネス、教育、医療のための神経制御技術を実現しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNST
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-05-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BNST = 0.02 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of BASIS NEURO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界はバイオサイバネティクス・システムに基づく第4次産業革命の限界にあると一般に認められています。

脳の外部デバイスとの直接的かつ非侵襲的な相互作用を創出することは、技術開発の重要なステップの1つになります。

新しい技術の登場により、新しいクラスのビジネスモデルが生み出され、その結果、潜在的にすでに数十億ドルの価値が見込まれる新しい市場の製品やサービスが実現しています。

将来、キーボード、ジョイスティック、またはタッチパッドは存在しないので、人は精神的なコマンドによってデバイスを直接制御するだけである。これは技術開発の本質であり、相互作用の簡素化、使用の簡素化です。

このプロセスの頂点は、周囲のデバイスとの人間の相互作用の進化の最終段階であり、神経技術です。人命のあらゆる領域への適用性とあらゆるビジネスプロセスへの実装の可能性があるのがこの技術の利点です。

Basis Neuroは、ビジネス、教育、医学、スポーツ、または芸術のための神経インタフェースを使用して製品やサービスを作成できるようにするサービス企業および開発者のためのプラットフォームです。

Basis Neuroの技術と科学技術の発展を利用して、開発者は健康監視システム、スマートデバイスやスマートホームを制御するシステム、マインドコントロールされたゲームやエンターテイメントプロジェクト、ガジェットを開発することができます。

参加者は、必要なニューロ機器を遠隔から購入し、制御ソフトウェアを受け取り、脳信号を読み取るためのアルゴリズムにアクセスし、解読されたパターンのデータベースを増やすことができます。

Basis Neuroチームは、ユーザーが日常的な製品やサービス開発のための新しい機会の範囲を利用できるようにする、専門家と技術者のサポートを提供します。

最終的にBasis Neuroプラットフォームは、サービス会社、開発チーム、エンドユーザをグローバルなエコシステムに統合し、ニューロ製品市場での開発と競争のための準備ができています。

プラットフォームの開発を加速するため、Basis NeuroチームはICOキャンペーンの立ち上げを決定しました。

チーム

Nik Sviridov
Nik Sviridov
CEO
Dmitry Lazurenko
Dmitry Lazurenko
CTO
Maria Vylegzhanina
Maria Vylegzhanina
CMO
Yuri Gusach
Yuri Gusach
CHIEF ENGINEER
Igor Shepelev
Igor Shepelev
DEVELOPER OF ALGORITHMS
Alex Sakharov
Alex Sakharov
CFO

人気STO/ICO記事

  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である