Node - ワイヤレスエネルギーのインテリジェント技術

この技術は消費者部門でスマートフォン、タブレット、ウェアラブルデバイス、その他の電子機器の充電に積極的に利用されています。Nodeは家電、自動車、医療、およびその他の多くの産業で幅広いアプリケーションを開発することを目指しています。投資家は資本を増やすだけでなく、そのようなデバイスの最初の所有者になる機会を得ます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NODE
開始日時
2017-12-07
終了日時
2018-01-07
最低目標
1,000,000 USD
初回価格
1 NODE = 1 USD
トークン供給数
9,250,000
公式サイトへ Owner of Node ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • 1-10 days - 30%
  • 11-20 days - 20%
  • 21-30 days - 15%
  • 31-40 days - 10%

概要

Nodeは革新的なハイテク企業であり、民間用と商業用の両方でワイヤレス伝送デバイスの新しいマーケットニッチを形成しています。

当社の革新的な開発、貯蔵および電気の伝送の分野における研究活動は、高品質で効率的なソリューションを提供します。

家電製品ではワイヤレス電力伝送技術が増えているため、産業および医療業界はこの技術とその固有の利点に焦点を移しています。 WLANやBluetoothなどの技術で通信インターフェイスがますます無線化されるにつれて、無線電力転送が適切な選択肢になっています。明確な技術的利点だけでなく、新しい産業デザインの可能性を広げる全く新しいアプローチが可能です。この技術は、特に厳しい環境条件、積極的な洗浄剤、重い汚れ、高い機械的ストレス(例えば、ATEX、医学、建設機械)に苦しんでいる産業分野で新しい概念を提供します。例えば、高価で敏感なスリップリングまたはコンタクトを代用することができます。もう1つの応用分野は変圧器であり、強化材や二重絶縁材などの特別な要件を満たす必要があります。

2017年には、プロジェクトのアイデアを実現し、知的財産権を登録し、無線エネルギー伝送分野の主要な専門家を引き付けて製品の開発に参加するために、Nodeブランドが作成されました。今日では、消費者エレクトロニクスから工業製品に至るまで、無線エネルギー伝送の分野で数多くの技術的ソリューションを市場に提供しています。

Nodeからの技術で製品を作成するプロセスは、実験的な研究からプロトタイプのデバイスの作成から成功までの段階を通過しました。

Nodeが作り出したこのプロジェクトのITO(Initial Token Offering)は、技術の商業化とデバイスの連続生産を目的とする資金調達業務です。

チーム

Pavel Zelenin
Pavel Zelenin
Founder
Daniil Morozov
Daniil Morozov
Co-founder
Oleg Pensky
Oleg Pensky
Chief scientific officer
Dmitry Okulov
Dmitry Okulov
Chief technical officer

人気STO/ICO記事

  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[