Neurogress - 思考の力で世界を支配する

すべての開発が人間の能力を維持し改善するために先験的に設計されているため、神経制御装置の範囲は無限です。 Neurogressはクライアント、ソフトウェア、ハードウェアの開発者、デザイナー、アーティスト、技術愛好家、博愛主義者のグローバルな相互作用を組み合わせるAIベースの神経制御エコシステム全体の開発を目指しています。 作成されたエコシステムは家電製品や、ドローン、ロボット、拡張現実感デバイス、その他のメカトロニクスデバイスなどのスタンドアロンシステム全体など、他のガジェットの神経制御を改善するのに役立ちます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
NRG
開始日時
2018-01-10
終了日時
2018-03-25
最低目標
1,575 ETH
最高目標
15,750 ETH
初回価格
0.005254 ETH
トークン供給数
40,000,000
公式サイトへ Owner of Neurogress?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    Neurogress(スイス、ジュネーブ)は、エレクトロニクスと機械の神経制御用ソフトウェアを開発し、人間の思考によって制御されるプロテーゼとロボットを作成します。すべての開発が人間の能力を維持し改善するために先験的に設計されているため、神経制御装置の範囲は無限です。このプロジェクトは、人々が思考の力でそれらを制御するために他のメカトロニクス機器と相互作用できるようにする神経制御技術を実装しています。 Neurogressは、クライアントと、ソフトウェアとハ​​ードウェアの開発者、デザイナー、クリエイティブな人々、技術愛好家、博愛主義者の双方の相互作用を組み合わせるエコシステム全体を開発することを目指しています。同社は、全く新しい、まだスケーラブルでないインターネット・マーケット(以下、Internet of Things、IoT)のセグメントを作成する予定であることを理解しています。任意の神経制御ガジェットが(所有者が望む場合)インターネットに接続されるため、利害関係者全員のコミュニケーションに生態系を適応させることが容易になります。

    チーム

    Aleksandr Ovcharenko
    Aleksandr Ovcharenko
    CEO
    Konstantin Gorbunov
    Konstantin Gorbunov
    CFO
    Bruno Magalhaes
    Bruno Magalhaes
    Neuroscientist

    人気STO/ICO記事

    • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

      米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
    • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

      コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
    • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

      ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・