BASIS NEURO - オープンサービス技術プラットフォーム

Brain-computer Interfacesは脳をトレーニング、ガジェットを操作し、新しいVRパワフルなゲームを楽しむためのインターフェースです。 BASIS NEUROは、脳制御ガジェットとサービスを作成するためのプラットフォームです。私たちのユニークなニューラルインターフェイスは誰もが自分のプロジェクトにスーパーフィーチャーを追加できるようにします。私たちはスマートフォン、VR、ゲーム、ビジネス、教育、医療のための神経制御技術を実現しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNST
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-05-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BNST = 0.02 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of BASIS NEURO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界はバイオサイバネティクス・システムに基づく第4次産業革命の限界にあると一般に認められています。

脳の外部デバイスとの直接的かつ非侵襲的な相互作用を創出することは、技術開発の重要なステップの1つになります。

新しい技術の登場により、新しいクラスのビジネスモデルが生み出され、その結果、潜在的にすでに数十億ドルの価値が見込まれる新しい市場の製品やサービスが実現しています。

将来、キーボード、ジョイスティック、またはタッチパッドは存在しないので、人は精神的なコマンドによってデバイスを直接制御するだけである。これは技術開発の本質であり、相互作用の簡素化、使用の簡素化です。

このプロセスの頂点は、周囲のデバイスとの人間の相互作用の進化の最終段階であり、神経技術です。人命のあらゆる領域への適用性とあらゆるビジネスプロセスへの実装の可能性があるのがこの技術の利点です。

Basis Neuroは、ビジネス、教育、医学、スポーツ、または芸術のための神経インタフェースを使用して製品やサービスを作成できるようにするサービス企業および開発者のためのプラットフォームです。

Basis Neuroの技術と科学技術の発展を利用して、開発者は健康監視システム、スマートデバイスやスマートホームを制御するシステム、マインドコントロールされたゲームやエンターテイメントプロジェクト、ガジェットを開発することができます。

参加者は、必要なニューロ機器を遠隔から購入し、制御ソフトウェアを受け取り、脳信号を読み取るためのアルゴリズムにアクセスし、解読されたパターンのデータベースを増やすことができます。

Basis Neuroチームは、ユーザーが日常的な製品やサービス開発のための新しい機会の範囲を利用できるようにする、専門家と技術者のサポートを提供します。

最終的にBasis Neuroプラットフォームは、サービス会社、開発チーム、エンドユーザをグローバルなエコシステムに統合し、ニューロ製品市場での開発と競争のための準備ができています。

プラットフォームの開発を加速するため、Basis NeuroチームはICOキャンペーンの立ち上げを決定しました。

チーム

Nik Sviridov
Nik Sviridov
CEO
Dmitry Lazurenko
Dmitry Lazurenko
CTO
Maria Vylegzhanina
Maria Vylegzhanina
CMO
Yuri Gusach
Yuri Gusach
CHIEF ENGINEER
Igor Shepelev
Igor Shepelev
DEVELOPER OF ALGORITHMS
Alex Sakharov
Alex Sakharov
CFO

人気STO/ICO記事

  • 米長官、リブラや暗号資産に「深刻な懸念」 - 米政府の暗号資産に対する立場を分かりやすく整理

    トランプ大統領は11日、ツイッターを通じリブラや暗号資産に関して「信頼できない」と述べ、銀行と同様の厳しい規制を設けるべきだとトランプ氏の発言に加えて、ムニューシン米財務長官は15日、緊急記者会見を通じて、Facebookが計画している「リブラ」に関してマネーロンダリングやテロリストへの資金供与に悪用される可能性が強い「深刻な懸念を持っている」と話すと共に米国の暗号資産に対する立場を公式に表明した。<ins></ins>1. 米、政府は暗号資産が裏で運用されることを防止するために、米国の銀行に暗号資産関連規制を遵守することを要求する。2. 現在、デジタル資産に関する部署が設立され運営されてい
  • 【7/13】世界ニュースまとめ - 財務省・金融庁・日銀がリブラの連絡会を設置か、個人情報流出のFacebookに制裁金5,400億円、バイナンスCEO「個人投資家の比率6割以上」、相場の主導は個人投資家

    暗号資産専門メディアCoinpostの報道で財務省・金融庁・日銀が共同で「リブラ」に関する連絡会を設置したことが分かった。リブラは20億人のFacebookユーザーを中心に急激な普及が予想されるが、マネーロンダリングや既存の金融システムに影響などの不透明な部分が多いため、必要に応じ会合を開き、対策などのさまざまな論点について議論する予定だ。参照元:<ins></ins>ブルームバーグによると13日(現地時間)バイナンスCEOは同メディアとのインタビューで、「今年の仮想通貨の価格上昇は機関投資家の参入の結果だという見方もあるが、バイナンスの取引高は約60%が個人投資家によるものだ」と述べ、ビッ
  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・