BASIS NEURO - オープンサービス技術プラットフォーム

Brain-computer Interfacesは脳をトレーニング、ガジェットを操作し、新しいVRパワフルなゲームを楽しむためのインターフェースです。 BASIS NEUROは、脳制御ガジェットとサービスを作成するためのプラットフォームです。私たちのユニークなニューラルインターフェイスは誰もが自分のプロジェクトにスーパーフィーチャーを追加できるようにします。私たちはスマートフォン、VR、ゲーム、ビジネス、教育、医療のための神経制御技術を実現しました。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BNST
開始日時
2018-04-15
終了日時
2018-05-15
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
1 BNST = 0.02 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of BASIS NEURO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率60%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

世界はバイオサイバネティクス・システムに基づく第4次産業革命の限界にあると一般に認められています。

脳の外部デバイスとの直接的かつ非侵襲的な相互作用を創出することは、技術開発の重要なステップの1つになります。

新しい技術の登場により、新しいクラスのビジネスモデルが生み出され、その結果、潜在的にすでに数十億ドルの価値が見込まれる新しい市場の製品やサービスが実現しています。

将来、キーボード、ジョイスティック、またはタッチパッドは存在しないので、人は精神的なコマンドによってデバイスを直接制御するだけである。これは技術開発の本質であり、相互作用の簡素化、使用の簡素化です。

このプロセスの頂点は、周囲のデバイスとの人間の相互作用の進化の最終段階であり、神経技術です。人命のあらゆる領域への適用性とあらゆるビジネスプロセスへの実装の可能性があるのがこの技術の利点です。

Basis Neuroは、ビジネス、教育、医学、スポーツ、または芸術のための神経インタフェースを使用して製品やサービスを作成できるようにするサービス企業および開発者のためのプラットフォームです。

Basis Neuroの技術と科学技術の発展を利用して、開発者は健康監視システム、スマートデバイスやスマートホームを制御するシステム、マインドコントロールされたゲームやエンターテイメントプロジェクト、ガジェットを開発することができます。

参加者は、必要なニューロ機器を遠隔から購入し、制御ソフトウェアを受け取り、脳信号を読み取るためのアルゴリズムにアクセスし、解読されたパターンのデータベースを増やすことができます。

Basis Neuroチームは、ユーザーが日常的な製品やサービス開発のための新しい機会の範囲を利用できるようにする、専門家と技術者のサポートを提供します。

最終的にBasis Neuroプラットフォームは、サービス会社、開発チーム、エンドユーザをグローバルなエコシステムに統合し、ニューロ製品市場での開発と競争のための準備ができています。

プラットフォームの開発を加速するため、Basis NeuroチームはICOキャンペーンの立ち上げを決定しました。

チーム

Nik Sviridov
Nik Sviridov
CEO
Dmitry Lazurenko
Dmitry Lazurenko
CTO
Maria Vylegzhanina
Maria Vylegzhanina
CMO
Yuri Gusach
Yuri Gusach
CHIEF ENGINEER
Igor Shepelev
Igor Shepelev
DEVELOPER OF ALGORITHMS
Alex Sakharov
Alex Sakharov
CFO

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常