UTIX - オンラインE発券プラットフォーム

UTIXはオンラインの分散型ブロックチェーンイベントホスティングおよび電子発券プラットフォームです。 UTIXプロトコルは、偽造チケットが販売される可能性を排除し、さらに二次的な価格設定も管理できるようにします。 スマートコントラクトは、UTIXリザーブファンド(RF)、イベント主催者、ユーザー、および二次チケット購入者間の振替を容易にします。 UTIXを使用すると、イベント主催者は便利でブロックチェーンシステムを使用するすべての利点を享受できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UTX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of UTIX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率62%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

UTIXはBVIベースの事業体です。私たちの使命は、オープンソースのUTIXプロトコルを開発して販売し、非効率的なeチケット業界を混乱させることです。

UTIXソリューションは、最終的に市場の非効率性につながる各変数を制御するために、ユーザーとイベント主催者がイーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトをシームレスに使用できるようにすることです。

一つ目のミッション

UTIXプロトコルを完全に開発および維持し、市場の繰り返す失敗を積極的に削減します。

二つ目のミッション

ネイティブUTIXトークン保有者の権利と価値を保護します。

三つ目のミッション

オープンソースのUTIXプロトコルを単なる出来事を超えて採用し、発券業界全体を混乱させる可能性のある人材と協力し、その人材を特定します。

チーム すべてを見る

Max Mayhew
Max Mayhew
Founder
Dylan Haupert
Dylan Haupert
Founder
Mihkel Tali
Mihkel Tali
Head of Back-End Development
Kris Pakala
Kris Pakala
Head of Front-End Development
Jerome Robinson
Jerome Robinson
Community Specialist Manager
Jorge Otero
Jorge Otero
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)
  • ファンディーノ(FUNDINNO)について

    日本クラウドキャピタルが運営する株式投資型クラウドファンディングのプラットフォーム。日本で初めて、第一種少額電子募集取扱業者として金融庁に登録承認された。「取引量日本No.1」という表記があるが、実際に、(2020年1月時点)という実績があり、が公表している統計数値と照合すると、市場シェアの90%前後を占め、名実共に実績No.1、ほぼ市場を独占しているサービスになる。「クラウドファンディング」という名称になっているが、実際には株式投資であり、CampfireやMakuake、Kickstarterといったいわゆるクラファンとは法的も全く別物である。一般的に非上場株・未公開株と言われる店頭有価
  • 株式投資型クラウドファンディングとは?

    株式投資型クラウドファンディングは、金融商品取引法の改正に伴って2015年5月から始まった新しい株式投資の手段です。実際には、2016年10月に初めて専用ライセンスが金融庁が発行され、が成立しているので、3年弱の運用期間になる比較的新たらしい金融商品になります。※いわゆる有価証券の取扱になるので、第一種金融商品取引業のライセンスが必要になります。これまで、ベンチャーキャピタルや一部のエンジェル投資家しか購入出来なかった未公開株をインターネット上で広く購入出来るようになる仕組みです。購入金額も数十万円からとなり、個人でも購入しやすい仕組みとなっています。非上場企業の株式ですので、該当企業が上場