UTIX - オンラインE発券プラットフォーム

UTIXはオンラインの分散型ブロックチェーンイベントホスティングおよび電子発券プラットフォームです。 UTIXプロトコルは、偽造チケットが販売される可能性を排除し、さらに二次的な価格設定も管理できるようにします。 スマートコントラクトは、UTIXリザーブファンド(RF)、イベント主催者、ユーザー、および二次チケット購入者間の振替を容易にします。 UTIXを使用すると、イベント主催者は便利でブロックチェーンシステムを使用するすべての利点を享受できます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
UTX
開始日時
2018-10-01
終了日時
2019-01-31
最低目標
1,500,000 USD
最高目標
18,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
180,000,000
公式サイトへ Owner of UTIX?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率62%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

UTIXはBVIベースの事業体です。私たちの使命は、オープンソースのUTIXプロトコルを開発して販売し、非効率的なeチケット業界を混乱させることです。

UTIXソリューションは、最終的に市場の非効率性につながる各変数を制御するために、ユーザーとイベント主催者がイーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトをシームレスに使用できるようにすることです。

一つ目のミッション

UTIXプロトコルを完全に開発および維持し、市場の繰り返す失敗を積極的に削減します。

二つ目のミッション

ネイティブUTIXトークン保有者の権利と価値を保護します。

三つ目のミッション

オープンソースのUTIXプロトコルを単なる出来事を超えて採用し、発券業界全体を混乱させる可能性のある人材と協力し、その人材を特定します。

チーム すべてを見る

Max Mayhew
Max Mayhew
Founder
Dylan Haupert
Dylan Haupert
Founder
Mihkel Tali
Mihkel Tali
Head of Back-End Development
Kris Pakala
Kris Pakala
Head of Front-End Development
Jerome Robinson
Jerome Robinson
Community Specialist Manager
Jorge Otero
Jorge Otero
Blockchain Developer

人気STO/ICO記事

  • CoincheckがIEOを事業を検討・・決済型のICOのみが対象

    累積188万人のユーザーを保有している国内最大級の仮想通貨取引所CoincheckがIEO事業を検討することを22日、公式ホームページを通じ発表した。IEOの対象となるプロジェクトはこれまで資金調達を行っていなかったプロジェクトで資金決済に関する法律の適用対象となるユーティリティ・トークンを用いた資金調達ICOのみに制限される。金融商品取引法の適用対象となるセキュリティ・トークンを活用した資金調達(収益分配型ICO/STO)は対象にならない。IEOとはInitial Exchange Offeringの略で、暗号資産を取引所を通じ公開(Initial)、販売・提供(Offering)し、資金調
  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ