IOU は、発生したマーケティング支出のための消費者満足度の最高レベルを保証するために、より多くの柔軟性、制御、および業者のための拡張されたベネフィットを提供するために既存のロイヤルティシステムを刷新します。 IOU 「ロイヤルティシステム」により、ビジネスの所有者が消費者との相互作用の新しいレベルを構築が可能となり、最も重要である、取引先にとってより必要とされる他の消費者との他の IOU と共に彼らの IOU オファーを自由に変更することが提供されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IOUX
開始日時
2018-08-18
終了日時
2019-02-18
初回価格
0.2800 USD
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of IOU?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率57.5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 40%
  • Less than 10MM Tokens - 30%
  • 10MM–20MM Tokens - 25%
  • 20MM–30MM Tokens - 20%
  • 30MM–40MM Tokens - 15%
  • 40MM–50MM Tokens - 10%
  • 50MM+ Tokens - 5%
  • 5 Days - 5%
  • 6–10 Days - 4%
  • 11–20 Days - 3%
  • 21–30 Days - 2%
  • 30+ Days - 1%
  • 1,000–5,000 Tokens - 5%
  • 5,001–10,000 Tokens - 7,5%
  • 10,001–15,000 Tokens – - 10%
  • 15,001–20,000 Tokens - 12,5%
  • 20,001+ Tokens - 15%

概要

世界的なグローバル e-コマース市場は過去数年間に爆発的な成長をとげ、将来的にもさらに活気づくと期待されています。2017年世界の電子小売販売総額は、2兆3000億米ドルであり、2021年までに4兆4800億ドルの成長を示すと予想されています。この驚異的な成長は、商品やサービスを取得するのにモバイルデバイスを使用する消費者によってまずもたらされています。

この激しい競争環境では、新規顧客の検索と獲得は業者にとっての挑戦となり得ます。さらに、高所得世帯の大人の53%は、クーポンを使用するためにブランドを切り替えることをいとわないと主張しています。

カスタマー ・ ロイヤルティ、収益性の高い長期的な成長を含み、他との間での適切な技術とパートナーを選択するという、この巨大市場におけるプレーヤーにとっての挑戦がカギです。

同時にブロックチェーン技術の驚異的な進化は、根本的に方法多くの市場操作方法を変えています。透明性、コヒーレンス、費用対効果、ビジネスのすべてのレベルでのプロセスを伴う効果的な統合のようなブロックチェーンの重要な USPs は、e-コマース市場に無限の機会をもたらすことができます。

今、e-コマース、ブロックチェーン技術、仮想通貨の爆発的な組み合わせ:ブロックチェーン上の真の P2P e-コマースロイヤルティ、IOU プラットフォームを想像してください。

業者の取引可能な IOU を通した顧客満足度とカスタマー・ロイヤルティを操作する分散され安全なピア ツー ピア技術を伴うブロックチェーン業者と顧客に力を与えることを目指しています。IOU プラットフォームは、e-コマース セグメントの課題の多くに正常に対処できます。

チーム すべてを見る

Vladimir Shevchenko
Vladimir Shevchenko
Chief Executive Officer
Vitaly Garshtya
Vitaly Garshtya
Chief Visionary Officer
Vladislav Frantz
Vladislav Frantz
Chief Technology Officer / Systems Architect
Max Kostin
Max Kostin
Chief Information Officer
Edward W. Mandel
Edward W. Mandel
Business Development
Sol Alan Saad
Sol Alan Saad
Strategic Executive Advisor – International Investment Banking and Business Development

人気STO/ICO記事

  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予