Elysian - Webサイトを構築するためのブロックチェーンEコマースプラットフォーム

Elysianはセキュリティと革新的なユーザー体験を強化して、ブロックチェーン上にWebサイトを構築する分散型eコマースプラットフォームです。 顧客データのストレージはより安全になり、ユーザーは人工知能やバーチャルリアリティなどの魅力的な技術的進歩の実装を通じて、プラットフォームやWebサイトのナビゲーションに積極的に従事することができます。 このプラットフォームは、当社のプラットフォーム上にウェブサイトを構築するeコマース事業と、消費者を対象層の仲介役を担っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ELY
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-06-03
最低目標
4,000,000 USD
最高目標
19,000,000 USD
初回価格
1 ELY = 0.12 USD
トークン供給数
230,000,000
公式サイトへ Owner of Elysian?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨Ethereum, Others
供給率23%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    eコマースプラットフォーム

    Elysianの革新的なコンセプトは、ブロックチェーンテクノロジを統合して革新的なEコマースプラットフォームを構築することにより、Eコマース業界の現在の欠陥を大幅に改善します。

    セキュリティ - これは、eコマースの分野における正当な懸念事項であり、特にTargetとEquifaxのデータ漏洩によって顕著に例示されています。 Elysianはスマートコントラクトを使用してこの側面を改善し、顧客データをブロックチェーンに保存して、イーサリアムネットワーク上でProof-of-Authorityアルゴリズムを使用してセキュリティをアップグレードします。これにより、現在B2C(Business-to-Consumer)ビジネスモデルの信頼レベルが生じます。

    ユーザーエクスペリエンス(UX) - Elysianは、人工知能とバーチャルリアリティをeコマースに統合し、有用で効率的なWebサイトナビゲーションを作成し、消費者に製品の詳細な説明とビジュアライゼーションを提供します。

    アトミックスワップ - 仮想通貨での支払いの利便性を大幅に向上させます。ユーザーは、Elysianトークンを含む任意のトークンに自由に変換し、手数料を削減し、より効率的に商品を購入することができます。

    トークンシステム

    Elysianトークン(ELY)は、eコマースプラットフォーム上のトランザクションへの主要なアクセス方法として機能します。トークンはプライベートウォレットに保管され、電子商取引プラットフォームに送られ、サービスの取引を容易にし、カードを使用する手間やビットコインの過酷な手間を避けます。トークンはERC20形式です。

    成長プール

    Elysianチームとコミュニティとの関わりや交流を促進するように設計されます。

    プロジェクトを改善するためにコミュニティキャンペーンに資金を提供するTGEの後に使用する成長プールに特別にトークンを割り当てることにより、持続可能なビジネスモデルを提供します。

    Elysianフォーラムは、潜在的なパートナーシップのためのコミュニケーションの手段として、また企業拡大のための将来のアイデアとして使用するように設計されます。コミュニティメンバーは、独自のトークンを使用してプロジェクトの成長に貢献したり、特定のタスクの完了に割り当てられるElysian成長プールからトークンを受け取ることができます。

    投票権 - フォーラムに掲載されているプロジェクト・アプリケーションは、コミュニティのメンバーによって投票されます。プロジェクトが最低で51%の「はい」票を受け取り、責任ある議決要件に合格した場合、プロジェクトには資金を受け取ります。

    チーム すべてを見る

    Leo Ameri
    Leo Ameri
    CEO & Founder
    Jesse Brandenburg
    Jesse Brandenburg
    CFO
    Ioan Hategan
    Ioan Hategan
    CMO
    Levon Tikoyan
    Levon Tikoyan
    CTO / Lead Developer
    KJ Magill
    KJ Magill
    CBDO
    Roelof Gootjes
    Roelof Gootjes
    Head of Strategic Partnerships

    人気STO/ICO記事

    • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

      朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
    • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

      2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
    • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

      2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、