VANIG - ブロックチェーンを搭載した世界初の統合電子商取引プラットフォームおよびサプライチェーンエコシステム

Vanigはブロックチェーンに強化された電子商取引のスタートアップです。 私たちの目標は、eコマースの仕組みを変えるプラットフォームを作ることです。 メーカーから消費者まで、ブロックチェーンの力を応用して、ショッピングに関わるすべての人に素晴らしい体験を提供することができます。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VANIG
開始日時
2018-08-15
終了日時
2018-09-25
調達金額
1650000 USD
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.25
トークン供給数
141,000,000
公式サイトへ Owner of VANIG?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, USD
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域Unites States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre Sale: 15-21 AUG - 30% Bonus
  • Stage 1: 22-28 AUG - 25% Bonus
  • Stage 2: 29 AUG - 4 SEP - 20% Bonus
  • Stage 3: 5-11 SEP - 10% Bonus
  • Stage 4: 12-18 SEP - 5% Bonus
  • Stage 4: 19-25 SEP - 0% Bonus

概要

Vanigはブロックチェーンを搭載した世界初の統合電子商取引プラットフォームおよびサプライチェーンエコシステムです。 Vanig特許出願中のソリューションは、いくつかの重要なサプライチェーンおよびEコマースの課題と非効率性を対処し、より高いレベルのブランド体験を提供します。 当社のサプライチェーンエコシステムは、HyperLedgerのSawtooth Lake技術により、最新のブロックチェイン技術を活用しています。 電子商取引の経験と埋め込まれたサプライチェーンを簡素化し、仲介者や手作業のプロセスを排除し、新しいレベルの透明性をもたらします。

Vanigプラットフォームは、安全で、ユーザーフレンドリーで、エコシステムのすべてのメンバーに利益をもたらし、仮想通貨の支払いを受け入れます。 製造業者や小売業者のリコールプロセスとタイムラインを短縮し、消費者にリアルタイムの製品可視性を提供します。 ますます不可欠な消費者が求める製品に関する情報は完全に統合されています。

チーム

Prem Sekaran
Prem Sekaran
Co-Founder
Dan Ramirez
Dan Ramirez
CEO
Phil Abraham
Phil Abraham
Chief Strategy Officer
Geofrey Rainey
Geofrey Rainey
CTO
Don Quartiere
Don Quartiere
Chief Solutions Architect

人気ICO記事

  • 【10月1週】仮想通貨アプリ「コイン相場」開発週報 Vol.15

    まだ時たま暑い日があったりと衣替えしようか悩んでしまう今日この頃です。9月の弊社主催のイベントは400人前後の方がご来場いただき盛大なイベントになりました。詳細は後日アップいたします。10月1週目(10/1〜10/7)の開発状況です。実装までもうしばらくお待ちください。アラート設定で現在値の設定価格が円表示も見れるようになり、分かりやすくしました。アカウントの「基本設定」→「プッシュ通知」からアラート設定が確認できます。ウィジェットでもグラフ表示で確認でき、その日の動きが一目瞭然です。マーケットページの指数を追加しました。株の指数も参考にしやすくなってます。
  • 【参加費無料】仮想通貨・ブロックチェーンの国内先駆者が集う「Next Economy Conference 2018」9月15日東京にて開催

    Next Economy Conference 2018は、ブロックチェーンやトークンを組み込んだサービスが2018年から増え始めていくだろう、新しい稼ぎ方、ライフスタイル、これから変わるサービスと未来を先駆者の目線から語り尽くすイベントです。数少ない日本のICO事例であるALISやSynchrolife、ブロックチェーンに踏み切ったモバイルファクトリー、地方×ブロックチェーンで注目を集めるプロジェクトなど国内の最先端を走る方々にお話を伺います。また、当日はスタートアップブースやイベント限定のトークン発行/アトラクションなど10以上のブースも併設しており、ブロックチェーンや仮想通貨が実際に使わ
  • ウォレットがFace IDに対応! 「コイン相場」10月2週目の開発週報 Vol.16

    今週はバグを色々直して新しい機能や項目も追加しました。11月か12月にハッカソンを開催しようと考えています。詳細決まりましたらアナウンスいたしますので興味ある方はぜひ参加ください。10月2週目(10/8〜10/14)の開発状況です。PINは他の人に盗み見られたらヤバいという声もありましたのでFace IDに対応いたしました。Face IDも完璧なセキュリティではないので十分にお気をつけください。AirDropQやその他のトークンで「価格なし」と表示されていたトークンがありましたが、徐々に対応しております。前回のバージョンでは数値の取得が追いついていなかった指数もありましたが今回は大幅に改善し、