VANIG - ブロックチェーンを搭載した世界初の統合電子商取引プラットフォームおよびサプライチェーンエコシステム

Vanigはブロックチェーンに強化された電子商取引のスタートアップです。 私たちの目標は、eコマースの仕組みを変えるプラットフォームを作ることです。 メーカーから消費者まで、ブロックチェーンの力を応用して、ショッピングに関わるすべての人に素晴らしい体験を提供することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
VANIG
開始日時
2018-08-15
終了日時
2018-09-25
調達金額
1650000 USD
最低目標
2,000,000 USD
最高目標
20,000,000 USD
初回価格
0.25
トークン供給数
141,000,000
公式サイトへ Owner of VANIG?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, LTC, USD
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域Unites States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre Sale: 15-21 AUG - 30% Bonus
  • Stage 1: 22-28 AUG - 25% Bonus
  • Stage 2: 29 AUG - 4 SEP - 20% Bonus
  • Stage 3: 5-11 SEP - 10% Bonus
  • Stage 4: 12-18 SEP - 5% Bonus
  • Stage 4: 19-25 SEP - 0% Bonus

概要

Vanigはブロックチェーンを搭載した世界初の統合電子商取引プラットフォームおよびサプライチェーンエコシステムです。 Vanig特許出願中のソリューションは、いくつかの重要なサプライチェーンおよびEコマースの課題と非効率性を対処し、より高いレベルのブランド体験を提供します。 当社のサプライチェーンエコシステムは、HyperLedgerのSawtooth Lake技術により、最新のブロックチェイン技術を活用しています。 電子商取引の経験と埋め込まれたサプライチェーンを簡素化し、仲介者や手作業のプロセスを排除し、新しいレベルの透明性をもたらします。

Vanigプラットフォームは、安全で、ユーザーフレンドリーで、エコシステムのすべてのメンバーに利益をもたらし、仮想通貨の支払いを受け入れます。 製造業者や小売業者のリコールプロセスとタイムラインを短縮し、消費者にリアルタイムの製品可視性を提供します。 ますます不可欠な消費者が求める製品に関する情報は完全に統合されています。

チーム

Prem Sekaran
Prem Sekaran
Co-Founder
Dan Ramirez
Dan Ramirez
CEO
Phil Abraham
Phil Abraham
Chief Strategy Officer
Geofrey Rainey
Geofrey Rainey
CTO
Don Quartiere
Don Quartiere
Chief Solutions Architect

人気STO/ICO記事

  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[
  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )