Somesing - カラオケアプリ市場

SOMESINGは、ブロックチェーン技術を組み込んだソーシャルミュージックサービスで、プロデューサーは誰もが自分の好きな曲を楽しんで曲を再現できる創造的な活動に報酬を得ることができます。歌を歌う人は誰でも無料で24時間365日すべての歌を歌うことができ、新たに作られた曲の内容に関するコミュニティからのプレゼント、サポート、イベントを通じて経済的報酬を受け取ることができます。SOMESINGに自分の歌を投稿すると、自動的に歌のウォレットが作られ、ギフト、サポート、イベントなど様々な方法でCoins(SSX)が蓄積されます。 一定期間が経過すると、歌のウォレットに蓄えたコインを、この曲を楽しんだ参加者に自動的に配布し、スマートコントラクトを通じて貢献します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SSX
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-02-28
最低目標
10,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.0100 USD
トークン供給数
3,000,000,000
公式サイトへ Owner of Somesing?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームICON
タイプICON
参加可能通貨ICON, Others
供給率30%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

SOMESINGはSingLoverのプラットフォームです。    誰もが好きな音楽を楽しむことができます。    新規または既存の楽曲のエンハンスメントまたはレクリエーション/リミックスは公正に報酬されます。 公正な利益分配は、ブロックチェーン技術によって可能になります。

音楽の創造的な活動を楽しむ人は、自分が作った音楽の報酬と利益を受け取ります。    創造的な仕事と活動を指数関数的な成長に導き、SingLoversにピアツーピア・ベースで大きなインスピレーションを与えます。

SOMESINGはすべての参加者が音楽の積極的な創造者になることを可能にします。    公正な報酬と利益配分システムは、創造者がSOMESINGのエコシステムとそのワークストリームの中で創造性を維持するよう動機づけ、実りある音楽の世界をもたらします。

チーム すべてを見る

kunhee Ko
kunhee Ko
Designer
Bora Yeon
Bora Yeon
Communication Manager
KyungKeun Yoon
KyungKeun Yoon
Senior Designer
Myungsu Lee
Myungsu Lee
Japan Business Manager
JunHee Han
JunHee Han
Blockchain Developer
Daejin Moon
Daejin Moon
Global Director

人気STO/ICO記事

  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • バイナンス、Libraの類似プロジェクトVenusを発表

    世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが「Libra」に類似した独自の地域版仮想通貨「Venus」を19日発表した。バイナンスはVenusプロジェクトを始める背景として「金融市場は金融ヘゲモニー(覇権)が長い時間ほしいままにしてきた」と述べ、「市場を先取りした機関が独占的な利益を得てきた」と指摘した。そしてバイナンスは全世界の国々や地域で規制当局と積極的にコミュニケーションをとり、システムを構築して来たことや様々な国でブロックチェーンプラットフォームを運営し、プラットフォームの暗号資産BNBの経験などについても説明した。バイナンス側は「ステーブルコインを安全に発行・運営できるパブリックブロックチ
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7