Muzika - 音楽界の変革

Muzikaは、世界中の何百万人ものユーザーとファンを抱える既存のビジネスとグローバルミュージックプラットフォーム上に構築された音楽ブロックチェーンプロジェクトであり、世界の音楽アーティストに加え、新しいデジタル音楽エコシステムの作成により、デジタル音楽業界の革新を目指しています。 。 Muzikaプロジェクトは、Forbes賞を受賞したInformatics Olympiadのチームメンバーによって率いられ、韓国およびアジアで最も影響力のある投資家に支持されています。 トークン経済は、ますます増え続けるコミュニティユーザーとファンのバックアップによってバックアップされます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZK
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-15
最高目標
20,000 ETH
初回価格
0.1007 USD
トークン供給数
205,000,000
公式サイトへ Owner of Muzika?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

前の試みでは大規模なユーザーベースを確保することを失敗した

以前の音楽ブロックチェーンプロジェクトでは、大規模なユーザーベースの重要性が見落とされ、広範な採用ができませんでした。今回のプロジェクトは、スマートコントラクト取引を使用して、アーティストの作品により高い手数料率を付けることが可能であることを実証しました。しかし、アーティストにとって、スマートコントラクト取引を使用するブロックチェーンアプリよりも、巨大なユーザーベースを持つ伝統的な音楽ストリーミングアプリから得られる低手数料率が魅力的でした。場合によっては、iTunesから$ 1,000の10%手数料が$ 1のスマートコントラクト取引の90%手数料よりも好まれていました。

Muzikaはユーザーに動機を与える新しい経済を創造

Muzikaはミュージシャンに、創造的なコンテンツに対するより高い手数料率と強力なユーザーベースを提供することを目指しています。 Muzikaは、Muzikaエコシステムに貢献するためにファンに動機を与える強力なシステムを開発しました。Muzikaが伝統的な音楽ストリーミングサイトの大量のユーザーベースと共にアーティストに高い手数料を提供するために必要なユーザーベースを構築します。大量のユーザーベースからのネットワーク効果は、自律的で自立的なエコシステムを開発するための鍵となります。言い換えれば、Muzikaはミュージシャンに$ 1,000の90%を提供することができます。

成功例がありました

Muzikaは、デジタル音楽業界の非効率性に対する持続可能なソリューションの開発に向けてすでに大きな成果を上げています。 2015年、Muzikaの共同創設者は、オンライン楽器業界での機会を見つけ、オンライン楽器プラットフォームであるMapiacompanyを立ち上げました。わずか3年で、Mapiacompanyは200万人以上のユーザーを抱える#1の世界的な楽器プラットフォームになりました。 Muzikaは、この既存のユーザーベースとコミュニティを構築します。

チーム すべてを見る

Yoonwoo Lee
Yoonwoo Lee
(EX) CEO & Vice Chairman of Samsung Electronics
Stella Kung
Stella Kung
CMO of QTUM
JoonKee Hong
JoonKee Hong
Non-executive Director of Kakao Bank
Inkyu Choi
Inkyu Choi
Naver Venture Capital
Brian Lee
Brian Lee
Managing Director, BlackHorse Group
Adrian Lai
Adrian Lai
Managing Director, BlackHorse Group

人気STO/ICO記事

  • 【お知らせ】コインポイン公式キャラクターにあの人が就任!

    コインポインから嬉しいお知らせです!既にコイン相場内のバナーで、お気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと、コインポインの公式キャラクターにお金の妖精ことポインさんに就任いただく運びとなりました!暗号資産(=仮想通貨)の業界で知らない人はいない有名人、最近では雑誌やテレビでも人気者の、あのポインさんです!運営サイト:そして、今回公式キャラクターに就任いただいサービスがこちら!です。簡単にご紹介しますと、は、普段のお買い物や娯楽などのサービス利用をこのサイト経由で利用するだけで、ビットコインを貰うことができるお得なお小遣いサイトです。「始めて聞いたゾ〜」という方は、下記の記事をご
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー