Muzika - 音楽界の変革

Muzikaは、世界中の何百万人ものユーザーとファンを抱える既存のビジネスとグローバルミュージックプラットフォーム上に構築された音楽ブロックチェーンプロジェクトであり、世界の音楽アーティストに加え、新しいデジタル音楽エコシステムの作成により、デジタル音楽業界の革新を目指しています。 。 Muzikaプロジェクトは、Forbes賞を受賞したInformatics Olympiadのチームメンバーによって率いられ、韓国およびアジアで最も影響力のある投資家に支持されています。 トークン経済は、ますます増え続けるコミュニティユーザーとファンのバックアップによってバックアップされます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZK
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-15
最高目標
20,000 ETH
初回価格
0.1007 USD
トークン供給数
205,000,000
公式サイトへ Owner of Muzika?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

前の試みでは大規模なユーザーベースを確保することを失敗した

以前の音楽ブロックチェーンプロジェクトでは、大規模なユーザーベースの重要性が見落とされ、広範な採用ができませんでした。今回のプロジェクトは、スマートコントラクト取引を使用して、アーティストの作品により高い手数料率を付けることが可能であることを実証しました。しかし、アーティストにとって、スマートコントラクト取引を使用するブロックチェーンアプリよりも、巨大なユーザーベースを持つ伝統的な音楽ストリーミングアプリから得られる低手数料率が魅力的でした。場合によっては、iTunesから$ 1,000の10%手数料が$ 1のスマートコントラクト取引の90%手数料よりも好まれていました。

Muzikaはユーザーに動機を与える新しい経済を創造

Muzikaはミュージシャンに、創造的なコンテンツに対するより高い手数料率と強力なユーザーベースを提供することを目指しています。 Muzikaは、Muzikaエコシステムに貢献するためにファンに動機を与える強力なシステムを開発しました。Muzikaが伝統的な音楽ストリーミングサイトの大量のユーザーベースと共にアーティストに高い手数料を提供するために必要なユーザーベースを構築します。大量のユーザーベースからのネットワーク効果は、自律的で自立的なエコシステムを開発するための鍵となります。言い換えれば、Muzikaはミュージシャンに$ 1,000の90%を提供することができます。

成功例がありました

Muzikaは、デジタル音楽業界の非効率性に対する持続可能なソリューションの開発に向けてすでに大きな成果を上げています。 2015年、Muzikaの共同創設者は、オンライン楽器業界での機会を見つけ、オンライン楽器プラットフォームであるMapiacompanyを立ち上げました。わずか3年で、Mapiacompanyは200万人以上のユーザーを抱える#1の世界的な楽器プラットフォームになりました。 Muzikaは、この既存のユーザーベースとコミュニティを構築します。

チーム すべてを見る

Yoonwoo Lee
Yoonwoo Lee
(EX) CEO & Vice Chairman of Samsung Electronics
Stella Kung
Stella Kung
CMO of QTUM
JoonKee Hong
JoonKee Hong
Non-executive Director of Kakao Bank
Inkyu Choi
Inkyu Choi
Naver Venture Capital
Brian Lee
Brian Lee
Managing Director, BlackHorse Group
Adrian Lai
Adrian Lai
Managing Director, BlackHorse Group

人気STO/ICO記事

  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ