Muzika - 音楽界の変革

Muzikaは、世界中の何百万人ものユーザーとファンを抱える既存のビジネスとグローバルミュージックプラットフォーム上に構築された音楽ブロックチェーンプロジェクトであり、世界の音楽アーティストに加え、新しいデジタル音楽エコシステムの作成により、デジタル音楽業界の革新を目指しています。 。 Muzikaプロジェクトは、Forbes賞を受賞したInformatics Olympiadのチームメンバーによって率いられ、韓国およびアジアで最も影響力のある投資家に支持されています。 トークン経済は、ますます増え続けるコミュニティユーザーとファンのバックアップによってバックアップされます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZK
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-15
最高目標
20,000 ETH
初回価格
0.1007 USD
トークン供給数
205,000,000
公式サイトへ Owner of Muzika?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

前の試みでは大規模なユーザーベースを確保することを失敗した

以前の音楽ブロックチェーンプロジェクトでは、大規模なユーザーベースの重要性が見落とされ、広範な採用ができませんでした。今回のプロジェクトは、スマートコントラクト取引を使用して、アーティストの作品により高い手数料率を付けることが可能であることを実証しました。しかし、アーティストにとって、スマートコントラクト取引を使用するブロックチェーンアプリよりも、巨大なユーザーベースを持つ伝統的な音楽ストリーミングアプリから得られる低手数料率が魅力的でした。場合によっては、iTunesから$ 1,000の10%手数料が$ 1のスマートコントラクト取引の90%手数料よりも好まれていました。

Muzikaはユーザーに動機を与える新しい経済を創造

Muzikaはミュージシャンに、創造的なコンテンツに対するより高い手数料率と強力なユーザーベースを提供することを目指しています。 Muzikaは、Muzikaエコシステムに貢献するためにファンに動機を与える強力なシステムを開発しました。Muzikaが伝統的な音楽ストリーミングサイトの大量のユーザーベースと共にアーティストに高い手数料を提供するために必要なユーザーベースを構築します。大量のユーザーベースからのネットワーク効果は、自律的で自立的なエコシステムを開発するための鍵となります。言い換えれば、Muzikaはミュージシャンに$ 1,000の90%を提供することができます。

成功例がありました

Muzikaは、デジタル音楽業界の非効率性に対する持続可能なソリューションの開発に向けてすでに大きな成果を上げています。 2015年、Muzikaの共同創設者は、オンライン楽器業界での機会を見つけ、オンライン楽器プラットフォームであるMapiacompanyを立ち上げました。わずか3年で、Mapiacompanyは200万人以上のユーザーを抱える#1の世界的な楽器プラットフォームになりました。 Muzikaは、この既存のユーザーベースとコミュニティを構築します。

チーム すべてを見る

Yoonwoo Lee
Yoonwoo Lee
(EX) CEO & Vice Chairman of Samsung Electronics
Stella Kung
Stella Kung
CMO of QTUM
JoonKee Hong
JoonKee Hong
Non-executive Director of Kakao Bank
Inkyu Choi
Inkyu Choi
Naver Venture Capital
Brian Lee
Brian Lee
Managing Director, BlackHorse Group
Adrian Lai
Adrian Lai
Managing Director, BlackHorse Group

人気STO/ICO記事

  • LINE、LINKの新しいホワイトペーパーを公開

    coindeskの報道によるとLINEは4日、ブロックチェーンプロジェクト「リンク(LINK)」の具体的なトークンエコノミーの方向を説明した新しいホワイトペーパーを公開した。ホワイトペーパーで注目すべきところはトークン発行に関する内容で、LINKトークンの発行数量は3年間最大1億枚に制限される。その後からは全体のネットワークの成長スピードに合わせてトークンが発行される予定だ。発行されたトークンはLINKチェーンネットワークに参加するdAppに配分されることになる。配分作業はLINKチェーンのトークン配分システムである「ルーカス(Lucas)」によって行われる。各dAppに配分されるトークンの数
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • LINEのブロックチェーン子会社が日本金融庁から正式認可

    メッセンジャーアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社のブロックチェーン子会社「LVC株式会社」が本日6日に仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更になったことが日本金融庁ホームページ、日本仮想通貨交換業協会のホームページを通じ発表された。LVC株式会社は、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開している会社だ。取り扱い通貨はBTC、ETH、BCH、LTC、XRPのメジャーな仮想通貨となる。当協会会員における仮想通貨交換業者登録及び第一種会員への会員種別変更について本日、金融庁より当協会会員の内1社の仮想通貨交換業者登録に関する公表がありましたのでお知らせいたし