Zimrii - デジタルクリエイティブアセットのエコシステム

Zimriiは音楽と映画のプラットフォームであり、世界的なデジタル資産の取引所です。既存のファンとの関係を深め、革新的なエンゲージメントメカニズムを通じて新しいファンを引き付ける一方で、音楽や映画のクリエイターが彼らの作品からより多くの価値を実現するためのより良い方法を導入します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ZMR
開始日時
2019-01-14
終了日時
2019-02-15
初回価格
0.1500 USD
トークン供給数
130,000,000
公式サイトへ Owner of Zimrii?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC-20
参加可能通貨ETH
供給率65%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Zimriiは2016年に創設され、音楽と映画制作者が彼らの芸術からより多くの価値を実現できるようにし、消費者が既存または新しい才能を発見し、体験できるようにします。

私たちのビジョンは、デジタル資産の発見と消費を促進し、新しいオーディエンスにリーチし、新しい収益を生み出し、より効果的にコラボレーションし、グローバルに成長するための環境を提供することです。

大手企業の集中に関しては、音楽業界と映画業界の両方で同様の特徴があります。あらゆる形態の成功を達成しようと努める世界のほとんどの独立系クリエイターにとって不利です。 現在の音楽と映画のバリューチェーンは大企業や仲買人には適しており、クリエイターの価値を低下させます。

当社のブロックチェーンソリューションと分散ファイルシステムの実装を組み合わせることで、IPFSは音楽と映画の制作者がより効果的なダイレクトファンモデルを実現し、双方に利益をもたらすネットワーク効果を生み出し、新たな収益創出活動を生み出すことができます。世界中の音楽ファン、映画ファン、サポーター、そして消費者との新たな関わりや関係を築きます。

チーム すべてを見る

Mo Jalloh
Mo Jalloh
Co-Founder & CEO
Paolo Gava
Paolo Gava
Co-Founder & CTO
Denisa Cerna
Denisa Cerna
Product Manager
Amy Gates
Amy Gates
Product Manager, Zimrii Music
Hamza Askari
Hamza Askari
Developer/ Tester
Tharaka Manawardhana
Tharaka Manawardhana
Developer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部