Hearo.fm - 音楽ストリーミングマイクロペイメント

JAMトークンは、Hedera Hashgraphネットワークによって強化される音楽用のERC20ユーティリティトークンです。 このトークンはhearo.fmプラットフォームと統合され、音楽をストリーミングおよびキュレーションするためのアーティストとファンの間のグローバルな分散型仮想通貨マイクロペイメントのための完全にトークン化された音楽経済であるtune.fmを作成します。

ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
JAM
開始日時
2018-08-20
終了日時
2019-01-20
最高目標
50,000 ETH
初回価格
0.0000 USD
トークン供給数
600,000,000
公式サイトへ Owner of Hearo.fm?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームHedera
タイプERC20
参加可能通貨Others, ETH
供給率60 %
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

アーティストが協力して音楽を共有し、ファンに直接つながるための世界的に独立した音楽市場を作ることを私たちの任務と考えています。 私たちの目標は、音楽へのアクセスを民主化し、世界中のアーティストのための競技場を平準化することです。 今日、hearo.fmは、世界各地の素晴らしい独立系音楽を発見できる、繁栄している音楽市場です。 Hearo.fm JAMトークンは、アーティストとファンのための世界的な分散型音楽ストリーミング市場プラットフォームを可能にするHedera Hashgraphパワード音楽トークンです。 JAMトークンを使用して完全にトークン化された音楽経済を作り、音楽をストリーミングしたり、キュレーションするためにアーティストとファンの間で直接支払いを行うことができます。

チーム すべてを見る

Andrew Antar
Andrew Antar
Founder, developer
Brian Antar
Brian Antar
Founder, developer
Daniel Nordberg
Daniel Nordberg
CTO
James Pic
James Pic
Dev-ops, cyber-security expert
Paul Schmitzer
Paul Schmitzer
Director of Communications
Joseph Mcgrath
Joseph Mcgrath

人気ICO記事

  • 世界初の投資家たちとともに作った仮想通貨取引所 : ビットニア

    既存の取引所が公開しようとしない部分まで公開し"最高の透明性"を目標に登場した新規仮想通貨取引所ビットニア (BTCNIA)ビットニアは最初から格別です。 1年以上、仮想通貨コミュニティを運営してきたTEAM KCSは開発段階から企画やコンセプトを公開し、コミュニケーションを通じてコミュニティと共に作り出した取引所です。 取引所運営のすべての部分を隠さず投資家に公開するという点で独自性を強調し、非倫理的で不道徳な経営で崩壊しつつある仮想通貨市場を正すという彼らの切実な願いを込めて作りました。 彼らの取引所トークンであるニア (NIA) は従来のICOになかったボーナスオークション方式で進められ
  • 韓国版でもAirDorpQが実現!「コイン相場」開発週報 Vol.23

    paypayの衝撃ヤバいっすね。私もビッグカメラ行きます!!さて先週はアプリの改良を続けました。ニュース機能はよりソート精度を上げているのでアップデートをお楽しみください。複数の詳細画面をウォッチリストに戻ることなく見れるようになります。操作が1つ減るだけですがこの小さな違いが大きな違いです!!仮想通貨の人気が日本より熱い韓国ユーザーからの要望に応えました。現在2週間ほどかけて韓国で複数のブロックチェーン企業を訪問しています。有意義な話がたくさんできました。詳細は乞うご期待!
  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、