imusify - IMUを入手。 お金をもらう。

音楽制作者、音楽ファン、音楽起業家を解放するために、世界中の音楽業界を再編する受賞歴のある音楽プラットフォームです。 あなたの創造的な声を見つけ出し、忠実なフォローを築き、偉大な音楽を発見し、新しいグローバル音楽経済にあなたの貢献を報酬するのを手助けしましょう。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMU
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 IMU = 0.05 USD
トークン供給数
650,000,000
公式サイトへ Owner of imusify?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP-5
参加可能通貨NEO, GAS, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • March 1- 31 - 30%
  • April 1-2 - 12%
  • April 3- 9 - 9%
  • April 10- 16 - 6%
  • April 17 - 23 - 3%
  • April 24 - 30 - 0%

概要

IMUトークンは、imusifyの多層化された分散型音楽経済をサポートするためのエンジンとして使用されます。 これは、業界への浸透を通じたトークンの使用に大きな潜在的価値を生み出します。

スマートな報酬と報酬制度を通じて、IMUはプラットフォームへの貢献に対して報酬を与えられるか、デジタル資産とサービスを交換するための通貨として使用されます。 アーティスト、支持者、ファン、業界サービスプロバイダー間の信頼と透明性を確立することによって、 生き生きとした生態系が現れます。

チーム すべてを見る

David Walters
David Walters
Chief Executive Officer
Dina Yedigeyeva
Dina Yedigeyeva
Chief Financial Officer
Nate Strang
Nate Strang
Chief Operating Officer
Jennie Legary
Jennie Legary
Chief Marketing Officer
Luka Pregelj
Luka Pregelj
Project Manager & Legal Advisor
Jaroslav Karasek
Jaroslav Karasek
Project Director

人気STO/ICO記事

  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常