imusify - IMUを入手。 お金をもらう。

音楽制作者、音楽ファン、音楽起業家を解放するために、世界中の音楽業界を再編する受賞歴のある音楽プラットフォームです。 あなたの創造的な声を見つけ出し、忠実なフォローを築き、偉大な音楽を発見し、新しいグローバル音楽経済にあなたの貢献を報酬するのを手助けしましょう。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
IMU
開始日時
2019-03-01
終了日時
2019-04-30
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
25,000,000 USD
初回価格
1 IMU = 0.05 USD
トークン供給数
650,000,000
公式サイトへ Owner of imusify?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームNEO
タイプNEP-5
参加可能通貨NEO, GAS, Others
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • March 1- 31 - 30%
  • April 1-2 - 12%
  • April 3- 9 - 9%
  • April 10- 16 - 6%
  • April 17 - 23 - 3%
  • April 24 - 30 - 0%

概要

IMUトークンは、imusifyの多層化された分散型音楽経済をサポートするためのエンジンとして使用されます。 これは、業界への浸透を通じたトークンの使用に大きな潜在的価値を生み出します。

スマートな報酬と報酬制度を通じて、IMUはプラットフォームへの貢献に対して報酬を与えられるか、デジタル資産とサービスを交換するための通貨として使用されます。 アーティスト、支持者、ファン、業界サービスプロバイダー間の信頼と透明性を確立することによって、 生き生きとした生態系が現れます。

チーム すべてを見る

David Walters
David Walters
Chief Executive Officer
Dina Yedigeyeva
Dina Yedigeyeva
Chief Financial Officer
Nate Strang
Nate Strang
Chief Operating Officer
Jennie Legary
Jennie Legary
Chief Marketing Officer
Luka Pregelj
Luka Pregelj
Project Manager & Legal Advisor
Jaroslav Karasek
Jaroslav Karasek
Project Director

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • 【8/3】世界ニュースまとめ - ビットポイン・ジャパンと台湾で賠償の問題でトラブルか、マネーグラム、決済システムxRapidを使い利益アップを狙う、ステーブルコインの用途は取引から決済に拡大されていく

    2日のコインテレグラフの報道によると、ビットポイント・ジャパンの小田社長が口頭でハッキング被害を受けた台湾のユーザーに賠償すると約束したという報道に対し、ビットポイント・ジャパン側は「賠償の約束は事実ではなく、海外交換所の流出詳細についてはまだ、調査中である」と否定していることが分かった。先日、ビットポイント台湾の郭雅寧(グオ・ヤーニン)CEOは小田社長がジャパン側のハッキング被害で発生した台湾のユーザーの被害に対して賠償することを口頭で約束したと明らかにしていた。7月12日、ビットポイン・ジャパンは約30億円のハッキング被害を受け、同じシステムを台湾側も被害が発生したと思われる。台湾側は、