Muzika - 音楽界の変革

Muzikaは、世界中の何百万人ものユーザーとファンを抱える既存のビジネスとグローバルミュージックプラットフォーム上に構築された音楽ブロックチェーンプロジェクトであり、世界の音楽アーティストに加え、新しいデジタル音楽エコシステムの作成により、デジタル音楽業界の革新を目指しています。 。 Muzikaプロジェクトは、Forbes賞を受賞したInformatics Olympiadのチームメンバーによって率いられ、韓国およびアジアで最も影響力のある投資家に支持されています。 トークン経済は、ますます増え続けるコミュニティユーザーとファンのバックアップによってバックアップされます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MZK
開始日時
2018-11-15
終了日時
2018-12-15
最高目標
20,000 ETH
初回価格
0.1007 USD
トークン供給数
205,000,000
公式サイトへ Owner of Muzika?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率20,5%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

前の試みでは大規模なユーザーベースを確保することを失敗した

以前の音楽ブロックチェーンプロジェクトでは、大規模なユーザーベースの重要性が見落とされ、広範な採用ができませんでした。今回のプロジェクトは、スマートコントラクト取引を使用して、アーティストの作品により高い手数料率を付けることが可能であることを実証しました。しかし、アーティストにとって、スマートコントラクト取引を使用するブロックチェーンアプリよりも、巨大なユーザーベースを持つ伝統的な音楽ストリーミングアプリから得られる低手数料率が魅力的でした。場合によっては、iTunesから$ 1,000の10%手数料が$ 1のスマートコントラクト取引の90%手数料よりも好まれていました。

Muzikaはユーザーに動機を与える新しい経済を創造

Muzikaはミュージシャンに、創造的なコンテンツに対するより高い手数料率と強力なユーザーベースを提供することを目指しています。 Muzikaは、Muzikaエコシステムに貢献するためにファンに動機を与える強力なシステムを開発しました。Muzikaが伝統的な音楽ストリーミングサイトの大量のユーザーベースと共にアーティストに高い手数料を提供するために必要なユーザーベースを構築します。大量のユーザーベースからのネットワーク効果は、自律的で自立的なエコシステムを開発するための鍵となります。言い換えれば、Muzikaはミュージシャンに$ 1,000の90%を提供することができます。

成功例がありました

Muzikaは、デジタル音楽業界の非効率性に対する持続可能なソリューションの開発に向けてすでに大きな成果を上げています。 2015年、Muzikaの共同創設者は、オンライン楽器業界での機会を見つけ、オンライン楽器プラットフォームであるMapiacompanyを立ち上げました。わずか3年で、Mapiacompanyは200万人以上のユーザーを抱える#1の世界的な楽器プラットフォームになりました。 Muzikaは、この既存のユーザーベースとコミュニティを構築します。

チーム すべてを見る

Yoonwoo Lee
Yoonwoo Lee
(EX) CEO & Vice Chairman of Samsung Electronics
Stella Kung
Stella Kung
CMO of QTUM
JoonKee Hong
JoonKee Hong
Non-executive Director of Kakao Bank
Inkyu Choi
Inkyu Choi
Naver Venture Capital
Brian Lee
Brian Lee
Managing Director, BlackHorse Group
Adrian Lai
Adrian Lai
Managing Director, BlackHorse Group

人気STO/ICO記事

  • MACD(マックディー)とその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。MACDはチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。MACDは「Moving Average Convergence & Divergence」の略1979年にGerald Appelによって開発された指標です。日本語で表現しますと「移動平均線の収束&拡散」でさらに分かりやすく説明しますと「」という意味です。複数の移動平均線は離れたら(Divergence)
  • ボリンジャーバンドとその分析ツール「Proアラート」について

    投資分析にはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類があります。ファンダメンタルズ分析は主に企業業績などをもとに企業の価値を分析する方法で、テクニカル分析はチャートに表れている様々指標、数値、パータンを分析する方法です。ボリンジャーバンド(BOLL)はチャートを見て売買を判断するテクニカル分析になります。米国の金融アナリストで投資研究家のジョン・ボリンジャーが考案したことから、この名が付いています。1983年に考案され2011年に商標権が取得されました。ボリンジャーバンドは株価が移動平均線を中心に一定の範囲(標準偏差)の中で動くという前提で開発されました。ボリンジャーバンドは合わせて3つ
  • コインチェックを投資初心者におすすめする理由! 仮想通貨取引所Coincheckを解説

    (国内取引所の平均は約6種類)ビットコイン等の主要仮想通貨はもちろん、人気の高いイーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナ(MONA)の売買も可能です。仮想通貨取引所といえば、専門用語が多く、投資経験者向けの機能を揃えたものが多いですが、Coincheckのアプリはを追求しており、と評判が高いです。 であるCoincheckは管理体制も盤石です。基本的なセキュリティー対策は勿論、徹底したシステム監査により情報システムの信頼性、安全性、効率性を担保しています。[ : BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、ETC、MONA、LSK、FCT : 無料 : 成行注文、指