Stan World - 同好の友達と一緒に現実に創造し、生きる

Stan Worldは、VR、ブロックチェーン、AIを活用した次世代のソーシャルメディアです。 ブロックチェーン/暗号化業界で最初のプラットフォームとなり、1992年から2005年に生まれたGen-Z、10代および若年層の主流の視聴者に真の大衆に受け入れられます。 Gen-Zがメディアを消費し、オンラインで通信する方法は変化しているため、友人の発見と社会化を独自の新しい方法で再定義するStan Worldを作成しました。 2020年までに、Gen-Zはすべての消費者の40%を占め、裁量的支出で40億ドル近くに影響を与えるため、タイミングは完璧です。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
STAN
開始日時
2019-09-26
終了日時
2019-10-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
550,000,000
公式サイトへ Owner of Stan World?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD, XRP, LTC, EOS, ADA
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    ただし、Stan Worldは単なるソーシャルプラットフォームではありません。それは世界です。ユーザーは次の方法で友達を見つけます: バーチャルリアリティ:3D没入型バーチャルワールドでエミュレートされた対面式の会話を通じて社交する 仮想アバター:なりたい人になり、完全にカスタマイズ可能なアバターを通じて自分のアイデンティティを表現します 仮想コミュニティ:Standoms、共通の興味/趣味に基づいて集まるユーザーのコミュニティに参加します バーチャルアクティビティ:映画を見たり、コンサートに参加したり、ゲームをしたり、テーマパークに行ったり、バーチャルワールドで一緒にリラックスしたりできます。

    私たちの世界のすべては、コミュニティによって完全に設計、作成、実行されています。 AIを活用した作成ツールにより、ユーザーや友人グループは、背景知識がなくても、次のようにコミュニティに貢献できます。

    • 作成者:キーワードを使用して、アイテム、エクスペリエンス、およびゲームを作成するための仮想オブジェクトを生成します。
    • ユーザー:テスト、レビュー、プロモーションなど、さまざまな形態の関与を通じてこれらの作成に貢献する

    Stan Worldの基軸であるスタンコインは、すべての属性を検証可能かつ不変にするブロックチェーンスマートコントラクトによって保護されています。私たちはブロックチェーンを使用して、作成者/ユーザーに自動的に、安全に、そして即座に報酬が支払われるようにします。 スタンコインは、次のような幅広い用途のユーティリティ暗号通貨です。 やりがいのある創造物:創造者は創造物から生み出される利益の最大の割合を獲得します エンゲージメントのインセンティブ:作成物のテスト、レビュー、プロモーションなどのエンゲージメントアクティビティを通じて貢献すると、ユーザーも報われる * 現実世界の架け橋:トランザクションは仮想世界で発生しますが、ユーザーがコインを交換可能に使用できる現実の世界でも発生します

    ブロックチェーンテクノロジーにより、すべての参加者に公平かつ合理的な利益を提供するために、Stan Worldのエコシステムを設計しました。

    チーム すべてを見る

    Kee Hoon Lee
    Kee Hoon Lee
    Co-Founder & CEO
    See Chin Woon
    See Chin Woon
    Co-Founder & CTO
    Peter Jung
    Peter Jung
    Co-Founder & COO
    Joon Kim
    Joon Kim
    Developer
    Joseph Park
    Joseph Park
    Developer
    Jin Yu
    Jin Yu
    Business Developer

    人気STO/ICO記事

    • Binance、マネーロンダリング対策のために「Coinfirm」と提携

      世界最大級の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は金融活動作業部会(FATF)が発表したアンチ―マネーロンダリング(AML)に対するガイドラインに準ずることを目的にイギリスの仮想通貨分析会社「Coinfirm」とパートナシップを発表した。バイナンスはCoinfirmのアンチ―マネーロンダリングプラットフォームを取引所に統合する予定だ。180ヵ国のユーザーがFATFのガイドラインに準ずるルールで1,200銘柄以上の仮想通貨を安心し、取引できるように対策を立てる。<ins></ins>Coinfirmのプラットフォームはリアルタイムで危険分析、警告、調査などが実施できる機能を持っている。Co
    • 人工知能が最高のROIに欠かせない最先端の予測ツールを備える分散型取引所を準備

      仮想通貨資産トレーディングがブロックチェーン業界全体を拡大させる中核的な原動力であるという事実を考えれば、それらの仮想通貨トレーディングプラットフォームが毎日100,000人以上のユーザーと、500億ドルにも上る取引をもたらしているという事実も驚くには当たらない。しかし2019年を通して、取引所の取引量および取引数はやや活発さを欠くようになった。取引所のインフラが初心者の利用には複雑すぎるようになり、市場自体の価格変動が非常に激しくなったためである。その結果、成功するトレーダーたちはより最新のソリューションに取り組み始めた。である。もし仮想通貨取引所がニュー・キッズ・オン・ザ・ファイナンス・
    • ビットコインSVに関するツイートが史上最低に

      仮想通貨取引の分析期間である「The TIE」の研究者たちはビットコインSVに関するツイートの数が5月に比べて、87%も減少したと発見した。これは、人々のビットコインSV(BSV)に関する興味が減っていることであると7日、海外のメディアは報道した。ビットコインSVは6月22日、9月25日の間にドル建てで75%以上、下落している。<ins></ins>ビットコインSVは、2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークで生まれた仮想通貨です。SVの意味はサトシのビジョンに従うという意味で付けられました。ビットコインSVの代表的な支持者はクレイグ・ライトです。※でより多くの情報