Stan World - 同好の友達と一緒に現実に創造し、生きる

Stan Worldは、VR、ブロックチェーン、AIを活用した次世代のソーシャルメディアです。 ブロックチェーン/暗号化業界で最初のプラットフォームとなり、1992年から2005年に生まれたGen-Z、10代および若年層の主流の視聴者に真の大衆に受け入れられます。 Gen-Zがメディアを消費し、オンラインで通信する方法は変化しているため、友人の発見と社会化を独自の新しい方法で再定義するStan Worldを作成しました。 2020年までに、Gen-Zはすべての消費者の40%を占め、裁量的支出で40億ドル近くに影響を与えるため、タイミングは完璧です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
STAN
開始日時
2019-09-26
終了日時
2019-10-31
最低目標
5,000,000 USD
最高目標
30,000,000 USD
初回価格
0.1000 USD
トークン供給数
550,000,000
公式サイトへ Owner of Stan World?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, USD, XRP, LTC, EOS, ADA
供給率55%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    ただし、Stan Worldは単なるソーシャルプラットフォームではありません。それは世界です。ユーザーは次の方法で友達を見つけます: バーチャルリアリティ:3D没入型バーチャルワールドでエミュレートされた対面式の会話を通じて社交する 仮想アバター:なりたい人になり、完全にカスタマイズ可能なアバターを通じて自分のアイデンティティを表現します 仮想コミュニティ:Standoms、共通の興味/趣味に基づいて集まるユーザーのコミュニティに参加します バーチャルアクティビティ:映画を見たり、コンサートに参加したり、ゲームをしたり、テーマパークに行ったり、バーチャルワールドで一緒にリラックスしたりできます。

    私たちの世界のすべては、コミュニティによって完全に設計、作成、実行されています。 AIを活用した作成ツールにより、ユーザーや友人グループは、背景知識がなくても、次のようにコミュニティに貢献できます。

    • 作成者:キーワードを使用して、アイテム、エクスペリエンス、およびゲームを作成するための仮想オブジェクトを生成します。
    • ユーザー:テスト、レビュー、プロモーションなど、さまざまな形態の関与を通じてこれらの作成に貢献する

    Stan Worldの基軸であるスタンコインは、すべての属性を検証可能かつ不変にするブロックチェーンスマートコントラクトによって保護されています。私たちはブロックチェーンを使用して、作成者/ユーザーに自動的に、安全に、そして即座に報酬が支払われるようにします。 スタンコインは、次のような幅広い用途のユーティリティ暗号通貨です。 やりがいのある創造物:創造者は創造物から生み出される利益の最大の割合を獲得します エンゲージメントのインセンティブ:作成物のテスト、レビュー、プロモーションなどのエンゲージメントアクティビティを通じて貢献すると、ユーザーも報われる * 現実世界の架け橋:トランザクションは仮想世界で発生しますが、ユーザーがコインを交換可能に使用できる現実の世界でも発生します

    ブロックチェーンテクノロジーにより、すべての参加者に公平かつ合理的な利益を提供するために、Stan Worldのエコシステムを設計しました。

    チーム すべてを見る

    Kee Hoon Lee
    Kee Hoon Lee
    Co-Founder & CEO
    See Chin Woon
    See Chin Woon
    Co-Founder & CTO
    Peter Jung
    Peter Jung
    Co-Founder & COO
    Joon Kim
    Joon Kim
    Developer
    Joseph Park
    Joseph Park
    Developer
    Jin Yu
    Jin Yu
    Business Developer

    人気STO/ICO記事

    • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

      仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
    • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

      近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO
    • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

      国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[