Sirin Labs - ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクス

SIRIN LABSは、ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクスの世界なリーダーになることを目標としています。大衆向けにブロックチェーンテクノロジーとアプリ、サービスのシームレスな架け橋を作ること。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SRN
開始日時
2017-12-12
終了日時
2017-12-25
初回価格
1 ETH = 500-1000 SRN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Sirin Labs?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 100%
  • Day 2 - 90%
  • Day 3 - 80%
  • Day 4 - 71%
  • Day 5 - 62%
  • Day 6 - 54%
  • Day 7 - 46%
  • Day 8 - 38%
  • Day 9 - 30%
  • Day 10 - 23%
  • Day 11 - 16%
  • Day 12 - 10%
  • Day 13 - 5%

概要

ビジョン

SIRIN LABSは、ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクスの世界なリーダーになることを目標としています。大衆向けにブロックチェーンテクノロジーとアプリ、サービスのシームレスな架け橋を作ること。

ミッション

SIRIN LABSは、世界一の安全性を誇るスマートフォン「SOLARIN」の開発を手がけるとともに、クラウドセールイベントも開催しています。また、調達した資金を元に、世界初となるオープンソースによるブロックチェーン向けスマートフォン/オールインワン PC となる「FINNEY™」を開発しています。

現在市場で販売されているスマートフォンは、ユーザー体験の向上を優先するあまり、セキュリティがおろそかになっています。このため、詐欺やサイバー犯罪が横行し、社会に大きなコストを生じています。私たちは、こうしたトレードオフを未来のデジタル経済に残してはいけないと考えています。デバイスアーキテクチャには、ユーザー体験を妥協することなく真のセキュリティを可能にするパラダイムシフトが必要です。

FINNEY™は、サイバー攻撃対策を備えた世界初のブロックチェーン対応スマートフォン/PCです。Android™ OSとサイバーセキュリティテクノロジーの各種機能を完備し、ブロックチェーンアプリケーションやサービスへの安全かつ信頼できるアクセスをユーザーに提供します。

FINNEY™は、独立したブロックチェーンネットワークを構築します。これは、IOTAのTangleテクノロジーとSIRIN LABSのエコシステムによる拡張性のある軽量分散型レジャーです。このネットワークは、中央管理バックボーンやマイニングセンターを経由しないため、迅速かつセキュアなトランザクションを無料で提供することができます。

FINNEY™の各種デバイスは、SIRIN LABSのオープンソースオペレーティングシステム「Shield OS™」上で実行されます。暗号通貨ウォレット、セキュアな両替機能、暗号化通信などの既存ブロックチェーンアプリケーションのほか、Sirin Labs独自のSRNトークンを使ったP2Pのリソース共有エコシステムもサポートしています。SRNは、FINNEY™ネットワークのデフォルト通貨になります。特長:

接続性

FINNEY™デバイスのネットワーク経由のP2Pデータ接続共有により、海外旅行の間も接続を維持

CPU

FINNEY™デバイスを利用していない間には、セキュアなFINNEY™ネットワークを通じてその余剰電力をマネタイズ

電力

他のFINNEY™ユーザーとの間で電力をトレードすることで、バッテリー容量がなくなる心配がない

24時間利用可能

FINNEY™の無料トランザクションシステムを使って、ネットワーク経由でサービスや商品の決済を安全に実行

SIRIN LABSは、コンシューマーエレクトロニクスのOEM各社とのパートナーシップを通じて、FINNEY™アーキテクチャ、ソフトウェアプラットフォーム、仮想通貨 SRNの普及を進めています。ハードウェア、ソフトウェアはともにオープンソースとしてリリースされる予定です。

SRN トークン

SIRIN Token(SRN)は、現在SIRIN OS、FINNEYスマートフォン、SIRIN分散型アプリケーション(DApp)ストア、およびSIRIN LABSとモルタル店で構成されているSIRIN LABSエコシステムの基盤として使用することを目的としたユーティリティトークンです。

SIRIN OS

SIRIN LABS独自のオペレーティングシステムにより、FINNEY™ユーザーはPlayストアとそれに含まれるアプリで使いやすいAndroidを体験できます。 SIRIN OS™の最大の特徴は、デバイス全体のセキュリティが強化され、内蔵のコールドウォレットがセーフスクリーン経由でアクセスできることです。 ブロックチェーンとウォレットのセキュリティを確保するために、ユーザーはAndroid OSを超えた拡張機能とともに、なじみのある経験をすることになります。

FINNYYの特徴

SIRIN OS

  • 内蔵コールドウォレット
  • 分散アプリケーションセンター(dCENTER)
  • 学習、奨励教育
  • トークン変換サービス

サイバー保護

  • 行動に基づく侵入防止システム(IPS)
  • ブロックチェーンベースの完全改ざん防止
  • 物理的セキュリティスイッチ(ウォレット保護用)
  • 安全な通信(VoIP、テキスト、電子メール)
  • 3要素認証:バイオメトリック、ロックパターン、行動

チーム すべてを見る

Moshe Hogeg
Moshe Hogeg
Founder & Co-CEO
Kenges Rakishev
Kenges Rakishev
Chairman
Amit Krelman
Amit Krelman
VP R&D
Andrey Kondratev
Andrey Kondratev
Program Manager
Assaf Shafir
Assaf Shafir
Mechanical Eng. Manager
Boaz Levi
Boaz Levi
Senior Industrial Designer

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • FOLIOの投資はユニーク!しくみは?儲かる?

    の投資を知っていますか? FOLIOには「1.テーマ投資」、「2.おまかせ投資」、「3.FOLIO ROBO PRO」の3種類の投資方法があります。 テーマ投資では、銘柄(会社)ではなく、テーマを投資の対象としています。 おまかせ投資では、投資家に代わって、ロボアドバイザーが最適な運用方法を提案して資産運用を行ないます。 FOLIO ROBO PROは、AI(人口知能)技術を利用して資産運用を行ないます。 は個性的でユニークな投資方法と言えます。 そこで、今回は、FOLIOの各投資方法のしくみ、メリット・デメリット、取引のポイントなどを中心に解説します。 は、運営会社である