Sirin Labs - ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクス

SIRIN LABSは、ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクスの世界なリーダーになることを目標としています。大衆向けにブロックチェーンテクノロジーとアプリ、サービスのシームレスな架け橋を作ること。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SRN
開始日時
2017-12-12
終了日時
2017-12-25
初回価格
1 ETH = 500-1000 SRN
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Sirin Labs?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨ETH
供給率40%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Day 1 - 100%
  • Day 2 - 90%
  • Day 3 - 80%
  • Day 4 - 71%
  • Day 5 - 62%
  • Day 6 - 54%
  • Day 7 - 46%
  • Day 8 - 38%
  • Day 9 - 30%
  • Day 10 - 23%
  • Day 11 - 16%
  • Day 12 - 10%
  • Day 13 - 5%

概要

ビジョン

SIRIN LABSは、ブロックチェーン分野向けのセキュアなオープンソースコンシューマーエレクトロニクスの世界なリーダーになることを目標としています。大衆向けにブロックチェーンテクノロジーとアプリ、サービスのシームレスな架け橋を作ること。

ミッション

SIRIN LABSは、世界一の安全性を誇るスマートフォン「SOLARIN」の開発を手がけるとともに、クラウドセールイベントも開催しています。また、調達した資金を元に、世界初となるオープンソースによるブロックチェーン向けスマートフォン/オールインワン PC となる「FINNEY™」を開発しています。

現在市場で販売されているスマートフォンは、ユーザー体験の向上を優先するあまり、セキュリティがおろそかになっています。このため、詐欺やサイバー犯罪が横行し、社会に大きなコストを生じています。私たちは、こうしたトレードオフを未来のデジタル経済に残してはいけないと考えています。デバイスアーキテクチャには、ユーザー体験を妥協することなく真のセキュリティを可能にするパラダイムシフトが必要です。

FINNEY™は、サイバー攻撃対策を備えた世界初のブロックチェーン対応スマートフォン/PCです。Android™ OSとサイバーセキュリティテクノロジーの各種機能を完備し、ブロックチェーンアプリケーションやサービスへの安全かつ信頼できるアクセスをユーザーに提供します。

FINNEY™は、独立したブロックチェーンネットワークを構築します。これは、IOTAのTangleテクノロジーとSIRIN LABSのエコシステムによる拡張性のある軽量分散型レジャーです。このネットワークは、中央管理バックボーンやマイニングセンターを経由しないため、迅速かつセキュアなトランザクションを無料で提供することができます。

FINNEY™の各種デバイスは、SIRIN LABSのオープンソースオペレーティングシステム「Shield OS™」上で実行されます。暗号通貨ウォレット、セキュアな両替機能、暗号化通信などの既存ブロックチェーンアプリケーションのほか、Sirin Labs独自のSRNトークンを使ったP2Pのリソース共有エコシステムもサポートしています。SRNは、FINNEY™ネットワークのデフォルト通貨になります。特長:

接続性

FINNEY™デバイスのネットワーク経由のP2Pデータ接続共有により、海外旅行の間も接続を維持

CPU

FINNEY™デバイスを利用していない間には、セキュアなFINNEY™ネットワークを通じてその余剰電力をマネタイズ

電力

他のFINNEY™ユーザーとの間で電力をトレードすることで、バッテリー容量がなくなる心配がない

24時間利用可能

FINNEY™の無料トランザクションシステムを使って、ネットワーク経由でサービスや商品の決済を安全に実行

SIRIN LABSは、コンシューマーエレクトロニクスのOEM各社とのパートナーシップを通じて、FINNEY™アーキテクチャ、ソフトウェアプラットフォーム、仮想通貨 SRNの普及を進めています。ハードウェア、ソフトウェアはともにオープンソースとしてリリースされる予定です。

SRN トークン

SIRIN Token(SRN)は、現在SIRIN OS、FINNEYスマートフォン、SIRIN分散型アプリケーション(DApp)ストア、およびSIRIN LABSとモルタル店で構成されているSIRIN LABSエコシステムの基盤として使用することを目的としたユーティリティトークンです。

SIRIN OS

SIRIN LABS独自のオペレーティングシステムにより、FINNEY™ユーザーはPlayストアとそれに含まれるアプリで使いやすいAndroidを体験できます。 SIRIN OS™の最大の特徴は、デバイス全体のセキュリティが強化され、内蔵のコールドウォレットがセーフスクリーン経由でアクセスできることです。 ブロックチェーンとウォレットのセキュリティを確保するために、ユーザーはAndroid OSを超えた拡張機能とともに、なじみのある経験をすることになります。

FINNYYの特徴

SIRIN OS

  • 内蔵コールドウォレット
  • 分散アプリケーションセンター(dCENTER)
  • 学習、奨励教育
  • トークン変換サービス

サイバー保護

  • 行動に基づく侵入防止システム(IPS)
  • ブロックチェーンベースの完全改ざん防止
  • 物理的セキュリティスイッチ(ウォレット保護用)
  • 安全な通信(VoIP、テキスト、電子メール)
  • 3要素認証:バイオメトリック、ロックパターン、行動

チーム すべてを見る

Moshe Hogeg
Moshe Hogeg
Founder & Co-CEO
Kenges Rakishev
Kenges Rakishev
Chairman
Amit Krelman
Amit Krelman
VP R&D
Andrey Kondratev
Andrey Kondratev
Program Manager
Assaf Shafir
Assaf Shafir
Mechanical Eng. Manager
Boaz Levi
Boaz Levi
Senior Industrial Designer

人気STO/ICO記事

  • ビットポイント、ハッキングで資金流出

    日本経済新聞は本日(7月12日)の午後13時10分ごろ、仮想通貨取引所のビットポインがハッキングで資金が不正流出したと報道した。不正流出された金額は明らかにされていないが数十億円と推定されている。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止となっていた。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。<ins></ins>参照元:・・・・・・
  • ステーキングサービス「Sanka Network」 by HashHub

     HashHubが運営するPoSの保有報酬を受け取る手続きをするためのプラットフォームです。Sanka Netowrkはユーザーの資産を預かることはせず、ユーザーは自身のウォレットで資産を管理しながら報酬を得られます。今後、コイン相場アプリ内にも各通貨のウォレットを実装、Sanka Networkへ簡単に使える、モバイルクライアントとなる予定です。cosmosvaloper1uyt0yuv7cz7ppwefl9ths336ln7ysvg2jlj76t tz1PYF2Fcqk7YjZGquNy8bFznhCLhyi9PpVzsanka
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予