ScriptDrop - 医療を変わる密着ブロックチェーン

ScriptDrop Adherence トークンとブロックチェーンは患者の医療費を削減します。 既存の2つのアプリケーションと対話すると、トークンが発生する。トークンを使って処方箋を買い取ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AHC
開始日時
2017-11-01
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
410,000,000
公式サイトへ Owner of ScriptDrop?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

結果を改善するため

医療システムの全員が患者の健康状態を改善したいと考えており、その努力の鍵はデータです。

最大のデータの恩恵は患者の相互作用であり、ScriptDropは患者の相互作用データの基盤となっています。私たちの患者プロフィールを完全に構築するために、私たちはAdherence Blockchainに参加する他の主要なヘルスケアプロバイダーと提携し、ScriptDropネットワークで患者とやりとりすることができます。

ヘルスケアのデータサイロをノックダウンすると、私たちが望むよりよい結果が得られます。

患者ネットワークの構築

ScriptDropには、患者と対話する2つのサービスがあります。処方箋の送達と投薬通知です。患者は、現金割引として使えるAdherenceトークンの発行を通じて、このネットワークとやりとりするようインセンティブを与えられます。

当社のサービスは、Adherenceを促進し、システムの医療費(患者の再入院数の減少)と患者の(支払い割引による)コストを削減します。

データアクセスのプロビジョニング

私たちのブロックチェーンはHyperledgerフレームワーク上に構築されており、医療に適しています。それは、患者の手の中に力を戻します。あなたの患者データは集約され、販売されています。Adherenceブロックチェーンでは、そのデータへのアクセス権を持つユーザーを管理しています。データの透明性が向上すれば、患者のケアが向上することを強く信じています。

チーム すべてを見る

Nick Potts
Nick Potts
CEO
Larry Scott
Larry Scott
CTO
Amanda Way
Amanda Way
VP, Pharma Sales & Business Development
Derek Schneider
Derek Schneider
Senior Software Developer
Sam Butler
Sam Butler
Anca Petre
Anca Petre

人気STO/ICO記事

  • Yahoo!出資の仮想通貨取引所TAOTAOとは?メリット・特徴

    ✅【お得】手数料がすべて無料取引手数料、円の入出金手数料・仮想通貨の入出金手数料を始め、2019年8月28日(水)からは手数料がすべて無料になるキャンペーンが開催され、レバレッジ取引を取り扱う取引所では必ず発生する建玉管理料まで無料!✅【お得】スプレッドが業界最小レベル買値と売値に出来る差額をスプレッドといいます。スプレッドは見えない手数料とも言われており、スプレッドが狭ければ狭いほど損をしない取引ができます。TAOTAOはスプレッドが業界最小レベルなので他販売所よりお得です。✅【安心】Yahoo!のグループ会社が出資TAOTAO取引所にはヤフーの子会社が出資しており、万が一ハッキングなどの大
  • Cryptokittiesの開発会社1,100万ドル(約12億円)資金調達に成功・・新しいブロックチェーン開発か

    Forbesによると、CryptoKitties(クリプトキティーズ)の開発会社「Dapper Labs」はAndreessen Horowitz、Digital Currency Group、Warner Music Groupなどの投資会社から合わせて1,120万ドル(約12億円)の資金を追加調達した。この資金は「Dapper Labs」の新しいブロックチェーンである「Flow」を構築するために使われる。これで同会社が集めた資金は3,920万ドル(約42億円)に達する。新しく資金を投資した投資会社は「Dapper Labs」の持分をもらえて、会社がSECの承認をえると、彼らの持分を「Flo
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ