Medicalchain - 医療の未来を築く

Medicalchainは医療データの安全で迅速な利用を可能にする分散プラットフォームです。患者の健康記録を保存し、患者のデータの統一バージョンを維持するためにブロックチェーン技術を利用します。Medicalchainは医師、病院、研究所、薬剤師、保険会社などのさまざまな医療機関が医療記録にアクセスして対話することを可能にします。各対話は監視可能、透明で、安全にMedicalchainの元帳にトランザクションとして記録されます。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
MTN
開始日時
2018-02-01
最高目標
35,000,000 USD
初回価格
$0.20 - $0.50
トークン供給数
200,000,000
公式サイトへ Owner of Medicalchain ?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 50%

概要

Medicalchainは、ブロックチェーン技術を活用し、電子健康記録を安全に保存し、単一のバージョンの実際データを維持します。関連する課題の解決を支援することに向け、医師、病院、実験室、薬剤師、医療保険会社などの様々な人間や組織が、患者の電子健康記録へのアクセスを申請することができ、取引状況を分散型台帳に記録します。

Medicalchainは、現在の電子健康記録の為にソリューションを解決しています。このプラットフォームは、電子健康記録を安全に保存および共有できるように設計されています。電子健康記録のデジタル化とユーザーのアクセス権付与を通じ、様々な業界における相乗効果が活用できます。

プライバシーとアクセス制限

患者はメディカルチェーンを使い、自分の医療データへアクセスする権限を完全にコントロールすることができます。ブロックチェーン上の医療データに対し、参照・書き込みができる人物をあらかじめ設定しておくことで、さまざまなユーザーが色々なレベルでアクセスすることを可能にします。患者は自分自身の医療記録のオーナーになり、だれがどのデータにアクセスするかを完全にコントロールできるようになります。患者は、だれが自分の医療記録へアクセスできるかを決める権限を持ちます。また、一定期間がすぎるとアクセスできなくなる期限を設定することができ、セキュリティーを高めることができます。

メディカルチェーンプラットフォーム上で承認された医師は、患者の医療記録の「読み込みと書き込み」が可能になります。さらに、ユーザーはメディカルチェーンプラットフォーム上で行われた、以下のすべてのログを参照することが可能です。医療データのアクセス権を持つ人/アクセスした時間/アクセスできる医療データの種類

遠隔医療通信

ウェブカメラを用いて、医師と患者がオンラインで診察を行う遠隔診療は、診察の未来像です。メディカルチェーンはこの素晴らしい診察フォーマットを提供するだけでなく、使用する医師は、診察中にリアルタイムで患者の医療記録を参照できるようになります。患者は遠隔診療中に自身の医療記録へのアクセス権を医師に与え、医師はより深く、多くの情報にアクセスすることができます。そしてそれは、患者・医師双方にとってより価値のある体験につながります。メディカルチェーンが遠隔診療にもたらすメリットは他にもあります。

電子健康記録ライセンス

Medicalchainの創立宗旨を貫き、患者は自分の電子健康記録への制御権を保有するとともに、記録内容にある潜在的な価値の受益権を有します。Medicalchainは、電子健康記録データを健康データ市場の研究に活用させたいユーザーと研究機関を接続します。これらのユーザーは、データの使用方法及び必要となるデータについての明確な情報を取得することができます。多くの場合、凡ゆる参加者のプライバシーを確保する為、匿名データは許可されます。参加者は報酬としてMedTokensが得られます。患者は自分の健康データに含まれた貨幣価値を解放し、より高い関心度で健康状態を把握し、次世代の最先端医療技術を発展させる牽引力にもなります。

製薬業界および研究機関は、Medicalchainに伴った変革の恩恵を受けられます。研究機関は、研究協力者連絡先リストから患者を選定し、患者と直接のコミュニケーションができます。その結果、研究機関は病院や診療所にアクセスする必要なく、患者の本人に直接連絡して情報を利用できるようになります。これは、効率化だけでなく、より透明なプロセスにもなり、共生的で持続可能な関係を築くのに役立ちます。

アプリケーション開発プラットフォーム

Medicalchainの生態系においては、第三者の開発者によるアプリケーションの開発および表示ができます。これらの健康アプリケーションは、薬物の評価、ウェアラブルデータのインタラクティブ、脂肪の測定、飲食と栄養アドバイスなどを含みます。これらのアプリケーションは、Medicalchainプラットフォームに直接接続されます。患者は自分の電子健康記録へのアクセス権を付与し、その代わりにMedTokensを取得することができます。

チーム すべてを見る

Dr Abdullah Albeyatti
Dr Abdullah Albeyatti
Mo Tayeb
Mo Tayeb
Jay Povey
Jay Povey
Robert Miller Jr
Robert Miller Jr
Andy Yee
Andy Yee
Dr Diana Franco-Montoya
Dr Diana Franco-Montoya

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください