ScriptDrop - 医療を変わる密着ブロックチェーン

ScriptDrop Adherence トークンとブロックチェーンは患者の医療費を削減します。 既存の2つのアプリケーションと対話すると、トークンが発生する。トークンを使って処方箋を買い取ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AHC
開始日時
2017-11-01
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
410,000,000
公式サイトへ Owner of ScriptDrop?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

結果を改善するため

医療システムの全員が患者の健康状態を改善したいと考えており、その努力の鍵はデータです。

最大のデータの恩恵は患者の相互作用であり、ScriptDropは患者の相互作用データの基盤となっています。私たちの患者プロフィールを完全に構築するために、私たちはAdherence Blockchainに参加する他の主要なヘルスケアプロバイダーと提携し、ScriptDropネットワークで患者とやりとりすることができます。

ヘルスケアのデータサイロをノックダウンすると、私たちが望むよりよい結果が得られます。

患者ネットワークの構築

ScriptDropには、患者と対話する2つのサービスがあります。処方箋の送達と投薬通知です。患者は、現金割引として使えるAdherenceトークンの発行を通じて、このネットワークとやりとりするようインセンティブを与えられます。

当社のサービスは、Adherenceを促進し、システムの医療費(患者の再入院数の減少)と患者の(支払い割引による)コストを削減します。

データアクセスのプロビジョニング

私たちのブロックチェーンはHyperledgerフレームワーク上に構築されており、医療に適しています。それは、患者の手の中に力を戻します。あなたの患者データは集約され、販売されています。Adherenceブロックチェーンでは、そのデータへのアクセス権を持つユーザーを管理しています。データの透明性が向上すれば、患者のケアが向上することを強く信じています。

チーム すべてを見る

Nick Potts
Nick Potts
CEO
Larry Scott
Larry Scott
CTO
Amanda Way
Amanda Way
VP, Pharma Sales & Business Development
Derek Schneider
Derek Schneider
Senior Software Developer
Sam Butler
Sam Butler
Anca Petre
Anca Petre

人気STO/ICO記事

  • 2020年、北朝鮮でブロックチェーンカンファランスが開かれる予定・・参加費は約40万円・日本人参加不可

    今年の4月に北朝鮮の首都である平壌(ピョンヤン)で開かれたブロックチェーンカンファランスが来年の2月に再度、開催されることになった。平壌のカンファランスはスペインの非政府組織(NGO) 団体の朝鮮親善協会(FKA)の設立者アレハンドロ「Alejandro Cao de Benos」とブロックチェーン諮問会社トークンキー(Token Key)が主催する。既に、広報のためのホームページも作成されたことが確認できた。()10日、平壌ブロックチェーンカンファランス主催者のアレハンドロ設立者は韓国メディアとのインタビューで「先日、開かれたカンファランスは包括的なコンテンツで構成されたが来年、開かれるカ
  • 【9日】プラストークン、12,646BTC(約140億円)の資金を移動・・今後の動き注目すべき

    ブロックチェーンセキュルティー企業「ChainsGuard」によると、スキャムプロジェクトの疑いのあるプラストークン(PlusToken)が所有していると推定されるビットコインウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTvLMYwkfKHZY8)から12,646BTC(約140億円)の資金移動があった。9日の23時20分(日本時間)から約4,000BTC以上の大量のビットコインが3回にわたり、合わせて12,646BTCが移動された。今回、移動されたBTCは10日12時以降、違うアドレスに分割されたが、取引所に流れてはいない。ウォレット(1Li4mUc3hCGMB6cgQiJCwTv
  • 人口、約6万人のマーシャル諸島が独自の仮想通貨を発行か・・通貨名はSOV

    太平洋に位置する人口、約6万人の島国マーシャル諸島共和国が独自の仮想通貨を発行すると発表した。12日、ブルームバーグ通信によると、マーシャル諸島共和国の環境大臣であるデイビッド・ポール大臣は11日、シンガポールで開かれた仮想通貨カンファランスで「ブロックチェーン技術を用いたマーシャル諸島の独自の仮想通貨「マーシャルソブリン(SOV)」の発行を推進していることを明らかにした。現在、マーシャル諸島は自国の通貨がなく、米国のドルを法定通貨として使っている。ポール大臣は米国の経済依存度を減らす適切な時期であると判断したと述べた。また、マーシャル諸島の国民は最初に発行されるSOVの10%を、平等にもらえ