ScriptDrop - 医療を変わる密着ブロックチェーン

ScriptDrop Adherence トークンとブロックチェーンは患者の医療費を削減します。 既存の2つのアプリケーションと対話すると、トークンが発生する。トークンを使って処方箋を買い取ることができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AHC
開始日時
2017-11-01
終了日時
2017-11-14
トークン供給数
410,000,000
公式サイトへ Owner of ScriptDrop?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

結果を改善するため

医療システムの全員が患者の健康状態を改善したいと考えており、その努力の鍵はデータです。

最大のデータの恩恵は患者の相互作用であり、ScriptDropは患者の相互作用データの基盤となっています。私たちの患者プロフィールを完全に構築するために、私たちはAdherence Blockchainに参加する他の主要なヘルスケアプロバイダーと提携し、ScriptDropネットワークで患者とやりとりすることができます。

ヘルスケアのデータサイロをノックダウンすると、私たちが望むよりよい結果が得られます。

患者ネットワークの構築

ScriptDropには、患者と対話する2つのサービスがあります。処方箋の送達と投薬通知です。患者は、現金割引として使えるAdherenceトークンの発行を通じて、このネットワークとやりとりするようインセンティブを与えられます。

当社のサービスは、Adherenceを促進し、システムの医療費(患者の再入院数の減少)と患者の(支払い割引による)コストを削減します。

データアクセスのプロビジョニング

私たちのブロックチェーンはHyperledgerフレームワーク上に構築されており、医療に適しています。それは、患者の手の中に力を戻します。あなたの患者データは集約され、販売されています。Adherenceブロックチェーンでは、そのデータへのアクセス権を持つユーザーを管理しています。データの透明性が向上すれば、患者のケアが向上することを強く信じています。

チーム すべてを見る

Nick Potts
Nick Potts
CEO
Larry Scott
Larry Scott
CTO
Amanda Way
Amanda Way
VP, Pharma Sales & Business Development
Derek Schneider
Derek Schneider
Senior Software Developer
Sam Butler
Sam Butler
Anca Petre
Anca Petre

人気STO/ICO記事

  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7