SandCoin - 世界初の高品質電子オプション

私たちのプロジェクトはブロックチェーンプラットフォームを介して実施され、実際の製品 - 立方メートルのモルタルの砂に基づいて実装されたSAND COINブロックチェーンオプションに投資する機会です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SND
開始日時
2017-09-18
終了日時
2017-10-18
調達金額
1,350,494 SND
トークン供給数
3,170,000
公式サイトへ Owner of SandCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 1 SND = 0.95 USD

概要

非金属材料を採掘するためのブロックチェンオプションを作成することによって、仮想通貨の上昇によって資金提供された初めての砂採掘プロジェクトです。SAND COINは実際の商品に基づくブロックチェーンの派生品です。

プロジェクトの目的はモスクワ地域の砂の採石場を開発するために、ブロックチェーンシステムとICOを介して資金を調達することです。低価格の実際の商品に基づくブロックチェーンオプションを作成します。仮想通貨市場に参入し、その後買戻しを行い、興味ある投資家に儲かる資産を提供するSAND COINを発行します。

目標:

  • 砂採石場開発の資金を調達する。
  • 砂の採石場の開発、インフラストラクチャーの建設と設備の購入、最終的に必要な文書の取得。
  • パートナーとの統合 - 他の砂採石場と非金属材料がSAND COINに入金する。

ポジショニング

事業者、投資家、民間企業が新たなデジタル経済の発展に利益をもたらすことを可能にする、ブロックチェーン技術による非金属材料と建設事業のための新しい経済システムの創出。

チーム

Ruslan Pichugin
Ruslan Pichugin
CEO
Grachkov Kirill
Grachkov Kirill
COO
Eduard Egorov
Eduard Egorov
CMO
Eugene Khashin
Eugene Khashin
CTO

人気STO/ICO記事

  • 韓国のIT業界4名、不特定の人事担当者のPCに侵入しMoneroをマイニング・・懲役が下される

    韓国の現地メディアKBSによると、IT業界で働いていた4名が2017年10月から12月までの2か月にわたり、韓国企業の人事担当者のPCに侵入し、時価総額10位のモネロをマイニングした疑いで逮捕された。フリーランスプログラマー、ショッピングモールを運営している4名は、2017年9月、注目を浴びていた仮想通貨を利用し、情報通信技術の盲点を狙い犯行を行った。仮想通貨で金銭的な利益を得るには、マイニングをするか、取引で利益を得る2つの方法がある。彼らはこの中で、マイニングを選んだ。通常マイニングを事業化するには、数百台のパソコンを用意する必要があるが、彼らはインターネットに接続された不特定多数のPCに
  • みずほ銀行のスマホ決済「Jコイン」、テスト用システムに不正アクセス発覚・・BTC要求か

    日本経済新聞の報道によると、みずほ銀行は9月4日、決済・送金サービス「J-Coin Pay」(Jコイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムに不正アクセスがあったと発表した。27日に加盟店データが不正アクセスしたものにより、削除され代わりに仮想通貨のビットコイン(BTC)を要求する文言が残されていたとのこと。みずほ銀行は、加盟店の情報が流出した可能性があるが、ユーザー情報などに影響はないと説明した。<ins></ins> Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32
  • BitMEXのBTC/USDペアー名称変更について

    いつもコイン相場をご利用いただき、誠にありがとうございます。最近、コイン相場アプリ内でBitMEXのチャートが表示されないというお問合せがたくさん届いています。既存のBitMEX取引所にあるBTC/USDペアーはアップデート後、XBT/USDに変更されましたので、BTC/USDペアーを登録していたユーザー様は「XBT/USD」ペアーを再度登録をお願いいたします。また、以下のスクリーンショットを見ると分かりますが、現在XBT/USDの表示にUSDが重複されている状況です。この部分は、正しく修正して参りますので、ひとまずXBTUSD/USDでご利用をお願いいたします。もともと、アプリ内でBitME