SandCoin - 世界初の高品質電子オプション

私たちのプロジェクトはブロックチェーンプラットフォームを介して実施され、実際の製品 - 立方メートルのモルタルの砂に基づいて実装されたSAND COINブロックチェーンオプションに投資する機会です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SND
開始日時
2017-09-18
終了日時
2017-10-18
調達金額
1,350,494 SND
トークン供給数
3,170,000
公式サイトへ Owner of SandCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 1 SND = 0.95 USD

概要

非金属材料を採掘するためのブロックチェンオプションを作成することによって、仮想通貨の上昇によって資金提供された初めての砂採掘プロジェクトです。SAND COINは実際の商品に基づくブロックチェーンの派生品です。

プロジェクトの目的はモスクワ地域の砂の採石場を開発するために、ブロックチェーンシステムとICOを介して資金を調達することです。低価格の実際の商品に基づくブロックチェーンオプションを作成します。仮想通貨市場に参入し、その後買戻しを行い、興味ある投資家に儲かる資産を提供するSAND COINを発行します。

目標:

  • 砂採石場開発の資金を調達する。
  • 砂の採石場の開発、インフラストラクチャーの建設と設備の購入、最終的に必要な文書の取得。
  • パートナーとの統合 - 他の砂採石場と非金属材料がSAND COINに入金する。

ポジショニング

事業者、投資家、民間企業が新たなデジタル経済の発展に利益をもたらすことを可能にする、ブロックチェーン技術による非金属材料と建設事業のための新しい経済システムの創出。

チーム

Ruslan Pichugin
Ruslan Pichugin
CEO
Grachkov Kirill
Grachkov Kirill
COO
Eduard Egorov
Eduard Egorov
CMO
Eugene Khashin
Eugene Khashin
CTO

人気STO/ICO記事

  • FCoin実質サービス停止、最大約130億円の支払いが不可能に

    トレードマイニングで日本でも人気を集めていた仮想通貨取引所「FCoin」が17日の18時30分ころ、「FCoinの真実」というお知らせで実質的に破綻状態であることをにて明らかにした。FCoinの説明によると、2018年からのシステムのバグが原因で配るべき配当を上回るFTトークンを配ってしまい資金が足りなくなったとのこと。約7000-13000BTC分(約70-130億円相当)の支払いが不可能になるとことが予測されるとしている。また、FTが急落してからユーザーからたくさんの非難があり、チームで蓄積したすべて資金をFTを買い戻す資金に当てたという。FCoinのCEOは新しいプロジェクトを立ち上げ
  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常