SandCoin - 世界初の高品質電子オプション

私たちのプロジェクトはブロックチェーンプラットフォームを介して実施され、実際の製品 - 立方メートルのモルタルの砂に基づいて実装されたSAND COINブロックチェーンオプションに投資する機会です。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SND
開始日時
2017-09-18
終了日時
2017-10-18
調達金額
1,350,494 SND
トークン供給数
3,170,000
公式サイトへ Owner of SandCoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-ICO - 1 SND = 0.95 USD

概要

非金属材料を採掘するためのブロックチェンオプションを作成することによって、仮想通貨の上昇によって資金提供された初めての砂採掘プロジェクトです。SAND COINは実際の商品に基づくブロックチェーンの派生品です。

プロジェクトの目的はモスクワ地域の砂の採石場を開発するために、ブロックチェーンシステムとICOを介して資金を調達することです。低価格の実際の商品に基づくブロックチェーンオプションを作成します。仮想通貨市場に参入し、その後買戻しを行い、興味ある投資家に儲かる資産を提供するSAND COINを発行します。

目標:

  • 砂採石場開発の資金を調達する。
  • 砂の採石場の開発、インフラストラクチャーの建設と設備の購入、最終的に必要な文書の取得。
  • パートナーとの統合 - 他の砂採石場と非金属材料がSAND COINに入金する。

ポジショニング

事業者、投資家、民間企業が新たなデジタル経済の発展に利益をもたらすことを可能にする、ブロックチェーン技術による非金属材料と建設事業のための新しい経済システムの創出。

チーム

Ruslan Pichugin
Ruslan Pichugin
CEO
Grachkov Kirill
Grachkov Kirill
COO
Eduard Egorov
Eduard Egorov
CMO
Eugene Khashin
Eugene Khashin
CTO

人気STO/ICO記事

  • プラストークン、BTCを大量売りか・・BTC低迷の1つの原因かもしれない

    暗号資産メディアCointelegraphによると、暗号資産投資会社プリミティブ·ベンチャーズの創業メンバーであるDovey Wan氏がポンジ詐欺プロジェクトのプラストークン集団が少なくとも20万BTC(約2120億円)を集めたとを通じて述べたことが分かった。また、同氏はセキュリティ監査会社Peckshieldの分析資料を引用し、約1,000BTC以上がBittrexとHuobiなどに流れ、7月の上旬から売りが始まっていたと主張している。<ins></ins>Wan氏によると、2ヶ月ほど前にプラストークン組織の一部は警察に捕まったが、騙し取った仮想通貨はウォレットのカギを持っているすべての人
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他
  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし