Peatcoin - 泥炭の採取および処理産業への投資

PeatCoinとは、成功し続けている事業界の企業に資金を提供することを目的としたICOプロジェクトです。投資誘致の目標は、既存の企業の生産能力を拡大することです。このプロジェクトには既に 1600万ドル以上が投資されています。インフラ整備を始め、道路建設、電力線建設、建物・建造物の建設、カナダ(プレミアデック)、フィンランド(スコーネ)の最新機器の購入し、企業はゼロから作りあげられています。企業の既存設備は、Chistoe採掘場の面積の3分の1から泥炭を採取することを可能にしています。これは、年間約250、000m3の泥炭に相当し、この生産力は2018年に達成する予定です(追加の資金なし)。 同時に、採掘場の面積全体を利用すれば、採掘される泥炭の年間量は75万m3に増加することができます。

STO/ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
PTN
最低目標
1,000,000 USD
最高目標
10,000,000 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of Peatcoin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

当社の株式会社Ecopromは、泥炭採掘者の証明書と世界泥炭生産者協会/ peatsociety.orgのメンバ ーシップを取得したロシアの唯一の会社です。 ウラルロシア科学アカデミーの承認と勧告も公正に受 けています。 当社はロシア植林材料協会/ ruspitomniki.ruのメンバーであることも 誇りに思ってます。 さらに私たち は、シベリアの農業泥炭研究所 とロシア科学アカデミーのウラル支部と協力しています。 このプロジェクトには既に1600万ドル以上が投資されています。 インフラ整備を始め、道路建設、電力線 建設、建物・建造物の建設、カナダ(プレミアテック)、フィンランド(スコーネ)の最新機器の購入し、企 業はゼロから作りあげられています。 泥炭の総埋蔵量においてロシアは世界の 埋蔵量の40%を占め世界第1位です。 泥炭の副産物は、 野菜、花、キノコを栽培するための理想的な培地です。 Chistoe採掘場の埋蔵量は2000万m3で、8000万 m3までに拡大する可能性があり、面積が880ヘクタールまで広がると予測されます。 株式会社Ecopromは、Chistoe採掘場が位置づけられている土地の所有者であり、25年間下層土壌のミネ ラル(泥炭)を抽出する権利を持っています。

チーム すべてを見る

Avachev Alexander
Avachev Alexander
Founder
Elena Obukhovich
Elena Obukhovich
General Director
Alla Naumova
Alla Naumova
CFO
Semenov Sergey
Semenov Sergey
Head of production site
Zakharov Vadim
Zakharov Vadim
Head of the mining site
Poduzov Dmitriy
Poduzov Dmitriy

人気STO/ICO記事

  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンスの内部者がハッカーに情報提供か・・本当のKYCであるとCoindeskが報道

    暗号資産メディアCoindeskは、昨日発生したバイナンスのKYC情報漏洩件に関して、「バイナンスの内部にハッカーと繋がっている『内通者』が存在する可能性がある」と報道した。同メディアは「Bnatov Platon」という仮名を持つハッカーがKYCを漏洩する前にCoinDeskの記者と1か月に渡り会話をしたと説明した。また、同メディアはハッカーの言葉を引用し、今年の5月バイナンスハッキング事件に続いて、今回のKYC情報漏洩はバイナンスの内部にハッカーと繋がっている「内通者」が起因となって、起きた事件である可能性が高いと説明している。全体的な経緯を見ると、事件の始まりは今年の5月にバイナンスが7
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi