SANCOJは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された世界初の機会のスーパーマーケットであり、人工知能を使用してユーザーのキャリア成功率を予測し、最も収益性の高い案件を提案します。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SANC
開始日時
2018-04-16
終了日時
2018-04-23
最低目標
500 ETH
最高目標
60,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,700,000 SANC
トークン供給数
50,000,000,000
公式サイトへ Owner of Sancoj?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sales April 16 - April 23 2018 - 68.75%
  • May 1 - May 30, 2018 Week 1 - 37.5%
  • Week 2 - 25%
  • Week 3 - 12.5%
  • Week 4 - -

概要

Zingoは、Sancojプラットフォームに組み込まれた人工知能エージェントであり、ユーザーデータを分析し、ユーザーにとって最も収益性の高い機会を提案します。 私たちは、多くの人々が専門分野やトレーニングの分野、現在の財務状況、現在の位置、家族関係などに基づいてキャリアの決定を下すことに気付きました。他の要因がもたらす可能性を考慮していません。

チーム すべてを見る

Ngozi Emeh-Festus
Ngozi Emeh-Festus
Founder / CEO
Mu'Awiyah Namadi
Mu'Awiyah Namadi
Full Stack Developer
Olagunju Adewale
Olagunju Adewale
UI/UX designer
Vibhav Yadav
Vibhav Yadav
Developer
Oladimeji Akande
Oladimeji Akande
Developer
Shivam Panchal
Shivam Panchal
Artificial Intelligence Developer

人気ICO記事

  • 【げん玉とは】危険?稼げる?評判とポイントの貯め方を徹底検証|副業・お小遣い稼ぎ・ポイ活

    で最も有名なサイトの一つ は現在440万人の会員登録数を誇るお小遣いサイトです。↓登録時間たったの2分 ※を参照下さいで紹介されているサービスに会員登録したり、普段利用しているショッピングモールでのお買い物を 経由で行うだけで、ポイントを貰うことができます。そのポイントは現金や商品券に交換することができるので、やとして注目されているのです。ここではの基礎から の評判、実際のポイントの貯め方をご紹介します。ポイ活というキーワードを耳にしたことはありませんか?ポイ活とはでポイントを稼ぐ活動のことです。ポイントの稼ぎ方はシンプルでに会員登録しその中でショッピングやサービス登録を
  • 仮想通貨FX取引に最適!GMOコイン取引所の解説から登録まで完全ガイド - マイナス手数料!?

    GMOコインはGMOインターネット株式会社が運営している仮想通貨取引所です。は1991年5月24日に設立され、インターネットインフラ事業を始めインターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、仮想通貨事業を展開している日本の大手企業です。2017年春より仮想通貨取引のサービスを開始し、その後は2019年には、ペイメント事業に進出すると発表しています。 ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢  ◤◢◤◢◤◢◤◢◤◢・・・・・GMOコインでは販売所・取引所・レバレッジ取引すべてができる取引所です。販売所ではユーザー同士で売買を行うのではなく、販売元の取引所と売買することになります。相場
  • 【API連携】coincheck/コインチェックの取引や資産管理を効率化

    の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?coincheckが公開している公式APIを活用すれば、それは可能です。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、仮想通貨アプリのを使えば簡単にAPI連携し、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは国内最大級の取引所であるcoincheckのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。coincheckは2014年8月にサービス開始した日本の仮想通貨取引所です。投資初心者向けの使いやすいUIや取り扱い銘柄の多さが特徴で、国内ユーザー数の多い取引所でしたが、2018