SANCOJは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された世界初の機会のスーパーマーケットであり、人工知能を使用してユーザーのキャリア成功率を予測し、最も収益性の高い案件を提案します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
SANC
開始日時
2018-04-16
終了日時
2018-04-23
最低目標
500 ETH
最高目標
60,000,000 USD
初回価格
1 ETH = 1,700,000 SANC
トークン供給数
50,000,000,000
公式サイトへ Owner of Sancoj?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH
供給率50%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sales April 16 - April 23 2018 - 68.75%
  • May 1 - May 30, 2018 Week 1 - 37.5%
  • Week 2 - 25%
  • Week 3 - 12.5%
  • Week 4 - -

概要

Zingoは、Sancojプラットフォームに組み込まれた人工知能エージェントであり、ユーザーデータを分析し、ユーザーにとって最も収益性の高い機会を提案します。 私たちは、多くの人々が専門分野やトレーニングの分野、現在の財務状況、現在の位置、家族関係などに基づいてキャリアの決定を下すことに気付きました。他の要因がもたらす可能性を考慮していません。

チーム すべてを見る

Ngozi Emeh-Festus
Ngozi Emeh-Festus
Founder / CEO
Mu'Awiyah Namadi
Mu'Awiyah Namadi
Full Stack Developer
Olagunju Adewale
Olagunju Adewale
UI/UX designer
Vibhav Yadav
Vibhav Yadav
Developer
Oladimeji Akande
Oladimeji Akande
Developer
Shivam Panchal
Shivam Panchal
Artificial Intelligence Developer

人気STO/ICO記事

  • 中国のニュースで「バイナンスの上海事務所閉鎖」について集中報道・・支社ではなく外注チーム

    上海の代表的な地域放送「东方卫视」が25日、ニュース番組を通じ、バイナンスの上海事務所閉鎖に関する特集を報道した。報道で、リポーターが直接バイナンスの上海事務所として知られている場所を訪問した結果、事務所は閉鎖され社員が既に撤収した状態であることが確認できた。事務所の閉鎖は最近、当局の仮想通貨企業を対象にした取り締まりが原因と考えられる。しかし、同メディアは閉鎖されたバイナンスの上海事務所は支社ではなく、「外注チーム」で顧客応対担当や少数の開発者で構成されていたと伝えた。また、この事務所の人力を採用するプロセスでブロックチェーンメディア「BABI财经」という法人名が使われていたことも分かった。
  • 韓国大手取引所Upbitハッキング疑惑・・KISAが調査中

    韓国、最大級大手取引所Upbit(アップビット)で600億ウォン相当の大金が出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。Upbit(アップビット)は「サーバー点検による、仮想通貨入出金の一時中止」をアナウンスしている。27日、韓国の業界の情報筋よると午後2時16分Upbit(アップビット)のウォレットで約600億ウォンに達する仮想通貨が匿名の口座に出金され、仮想通貨の入出金が一時中止された。まず出金された仮想通貨はETH(イーサリアム)で560億ウォンが出金された後、1次点検がアナウンスされた。その後、ビットトレントトークン(BTT)40億ウォンが出金され2次点検がアナウンスされている。<in
  • 秘密鍵紛失の韓国の取引所が破産・・被害額5億6,000万円

    韓国の仮想通貨取引所「coinbin」が破産宣告を受けた。今年の初めに内部担当者が仮想通貨を保管しているウォレットの「秘密鍵」を紛失し、現在の相場で60億ウォン(約5億6,000万円)相当の仮想通貨が動かせない状態だ。12日、ソウル回生裁判所は「債務者(coinbin)に負債を超える破産原因の事実が存在する」と破産宣告の理由を説明した。従って、coinbinは12月10日まで債権申告を受け、来年の1月9日に1次債権者集会で実際の債権があるかを確認するという。coinbinの債権者は取引所のユーザーとなる。しかし、残っている資産を処分するとしても、ユーザーの被害額を全部返してもらうことは難しいと