AntiqMall - 世界初のブロックチェーン上アンティーク・ポータル

AntiqMallはヨーロッパやアメリカの芸術作品や骨董品が販売するオンライン市場です。我々は世界中のほとんどのアンティークディーラーやギャラリーの芸術のオブジェクトへのアクセスだけでなく、AntiqMallトークンでの購入のための支払能力を提供します。積極的にブロックチェーンに基づいた技術を開発することで仲介せずに、安くて簡単に、安全ですぐに取引を締結することができます!AntiqMallは分散型取引プラットフォームなので、プロジェクト内のアクティブな相互作用にユーザを促し、魅力的なサービスを提供しています。骨董品市場に革新的なソリューションを提供します。オンラインプロジェクト市場の問題を解決し、透明でアクセスできます。AntiqMallはすべてのテストの段階をクリアした既製のワーキングプロジェクトです。現在AntiqMallはグローバルスケーリング準備段階であり、世界の骨董品市場でのシェアを拡大しています。我々は、ロシアだけでなく世界各地の骨董品市場を変えるブロックチェイン技術であることを確信しています。新しい投資家をこのニッチに引きつけ、新たな活発な成長を可能にします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AMT
開始日時
2017-12-25
終了日時
2018-02-10
最高目標
6,000 ETH
トークン供給数
6,000,000
公式サイトへ Owner of AntiqMall?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, BTC
供給率80%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Week 1 - 30%
  • Week 2 - 20%
  • Week 3 - 10%

概要

AntiqMallは、アンティーク市場における画期的なソリューションです

我々は、利便性、使いやすさ、大量な芸術品、自由な船積みおよび仮想通貨取引所で流通している独自のトークンという豊富な利点を特徴とするユニークな骨董品市場を創り出しました。上記の要因により、AntiqMallは、世界の骨董品販売ナンバー1のプラットフォームとなり、将来的には大きな見通しが得られます。私たちは最も収益性の高いクローズドビジネスの1つを、新しい仮想通貨経済のデジタル世界に移行し、誰もが利用できるようにしています。

  • 購買者に - 仮想通貨で購入する際の割引、匿名、迅速かつ安価な取引、あらゆる種類の骨董品の多様な選択肢、無料配送、分析、通貨交換
  • 売り手に - 仮想通貨での匿名の購入を希望する新しい顧客の流入、大幅な割引とサービス利便性による旧顧客の活性化、市場のオープンプライスオファーの分析。
  • 投資家に - 最低価格でトークンを購入する機会。アナリストによると、AntiqMallトークンの需要は、毎回新しい購入ごとに、新しい顧客ごとに毎日増えていくでしょう。約45億ドルに達する年間の売上高は、人のアート市場の狭いサークルに収益を得る機会を提供します。

私たちは事業の成長と繁栄に自信を持っています。現時点では、AntiqMallには直接の競合相手はなく、タスクの詳細と複雑さを考慮すると、近い将来にもないと思います。

チーム すべてを見る

Dmitry Kuznetsov
Dmitry Kuznetsov
CEO, CO-FOUNDER
Konstantin Pokrovskiy
Konstantin Pokrovskiy
COO, CO-FOUNDER
Alexey Bystrov
Alexey Bystrov
LOGISTICS
Alex Pinkevych
Alex Pinkevych
DEVELOPER
Alexander Gnatyk
Alexander Gnatyk
DEVELOPER
Alexander Pyshkin
Alexander Pyshkin
LEGAL

人気STO/ICO記事

  • シンクロライフ、トークンでサーティワン アイスクリームなどが購入可能に

    グルメSNS「シンクロライフ」は、「giftee for Business」と連携し、貯めた暗号通貨「シンクロコイン」で、コンビニやマッサージ施設などの全7ブランド24商品のeギフトを購入可能した。購入から実店舗でのeギフト利用までがウォレット内で完結する。まずは「サーティワン アイスクリーム」「上島珈琲店」など全7ブランドの商品が登場。購入に必要なシンクロコインは、シンクロコインの市場取引レートによって一定期間ごとに変動する。シンクロライフのユーザーは、食レビューの報酬としての獲得や、本サービス加盟店で飲食することで会計金額の1%~5%(店舗設定により決定。キャンペーン時最大20%)相当の暗
  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本