Onasander - 世界投資ファンド

Onasanderは最高の市場分析と投資戦略を提供します。 当社のソフトウェアは、今後数十年にわたって資産価格の動きを予測することができます。 私たちの歴史的な取引の成功は、ICOの原動力です。 私たちはブロックチェーン技術を使って非常に成功したインベストメント・バンクを構築することができ、ICO投資家は今後数年間配当を受けることになります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ONA
開始日時
2018-07-22
終了日時
2018-08-23
最低目標
11,000 ETH
最高目標
110,000 ETH
初回価格
1 ONA = 0.0008 ETH
トークン供給数
79,200,000
公式サイトへ Owner of Onasander?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域United States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Onasanderはニューヨーク市に拠点を置く2001年の投資ファンドで、過去20年間にわたり複数の資産クラスに投資してきました。私たちは金融市場の分析と投資のパイオニアです。 Onasanderは、現在、ブロックチェーンクラウドファンディング技術の助けを借りて、最初の分散型インベストメント・バンクになるための道を歩んでいます。 Onasander ICOは2018年に予定されています。    私たちの使命は、顧客に最適な投資計画を提供することです。長年にわたって、私たちはOnasanderと呼ばれるユニークな資産価格分析ソフトウェアを開発しました。 Onasanderソフトウェアは、すべての取引可能資産の価格を追跡し、動きを分析し、行動の結果を投資計画に変えます。    このユニークなソフトウェアは、他のすべてのファンドや投資銀行よりも優れています。私たちのソフトウェアの助けを借りて、私たちは市場を完璧に遂行し、顧客に大きな利益をもたらすことを目指しています。    同社は家族や少数の友人のための投資ファンドとしてスタートしました。 仮想通貨の発明とイーサリアムベースのスマートコントラクトで、我々は次のステップを踏み出す機会に気づいた。私たちは、「ローカル」ファンドをグローバルに基盤を置いた本格的な投資ファンドに変えるチャンスの前に立っており、時間をかけて投資銀行に転換します。

チーム

Andrzej Wegrzyn
Andrzej Wegrzyn
FOUNDER & CEO
Minbo Min
Minbo Min
ENTREPRENEUR/ICO ADVISOR
Sivalika Arumalla
Sivalika Arumalla
ICO ADVISOR
Victor Ekpo
Victor Ekpo
CONTENT WRITER/MARKETING ADVISOR
Jessie Derecho
Jessie Derecho
ADMINISTRATOR

人気STO/ICO記事

  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー