Onasander - 世界投資ファンド

Onasanderは最高の市場分析と投資戦略を提供します。 当社のソフトウェアは、今後数十年にわたって資産価格の動きを予測することができます。 私たちの歴史的な取引の成功は、ICOの原動力です。 私たちはブロックチェーン技術を使って非常に成功したインベストメント・バンクを構築することができ、ICO投資家は今後数年間配当を受けることになります。

ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ONA
開始日時
2018-07-22
終了日時
2018-08-23
最低目標
11,000 ETH
最高目標
110,000 ETH
初回価格
1 ONA = 0.0008 ETH
トークン供給数
79,200,000
公式サイトへ Owner of Onasander?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH, USD
供給率不明
KYC不明
参加不可地域United States
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Onasanderはニューヨーク市に拠点を置く2001年の投資ファンドで、過去20年間にわたり複数の資産クラスに投資してきました。私たちは金融市場の分析と投資のパイオニアです。 Onasanderは、現在、ブロックチェーンクラウドファンディング技術の助けを借りて、最初の分散型インベストメント・バンクになるための道を歩んでいます。 Onasander ICOは2018年に予定されています。    私たちの使命は、顧客に最適な投資計画を提供することです。長年にわたって、私たちはOnasanderと呼ばれるユニークな資産価格分析ソフトウェアを開発しました。 Onasanderソフトウェアは、すべての取引可能資産の価格を追跡し、動きを分析し、行動の結果を投資計画に変えます。    このユニークなソフトウェアは、他のすべてのファンドや投資銀行よりも優れています。私たちのソフトウェアの助けを借りて、私たちは市場を完璧に遂行し、顧客に大きな利益をもたらすことを目指しています。    同社は家族や少数の友人のための投資ファンドとしてスタートしました。 仮想通貨の発明とイーサリアムベースのスマートコントラクトで、我々は次のステップを踏み出す機会に気づいた。私たちは、「ローカル」ファンドをグローバルに基盤を置いた本格的な投資ファンドに変えるチャンスの前に立っており、時間をかけて投資銀行に転換します。

チーム

Andrzej Wegrzyn
Andrzej Wegrzyn
FOUNDER & CEO
Minbo Min
Minbo Min
ENTREPRENEUR/ICO ADVISOR
Sivalika Arumalla
Sivalika Arumalla
ICO ADVISOR
Victor Ekpo
Victor Ekpo
CONTENT WRITER/MARKETING ADVISOR
Jessie Derecho
Jessie Derecho
ADMINISTRATOR

人気ICO記事

  • CHAIN PLUS+が韓国でブロックチェーンサミットを開催

    ![](https://www.coinjinja.com//files/upload/blog/201811/chainus/3-min.jpg)人口5,000万人を抱える韓国は、ブロックチェーンと仮想通貨分野で世界で最も活発な市場の1つです。仮想通貨の全国的な盛り上がりから、さまざまな韓国のトップ企業はブロックチェーン市場を加速化させようとしています。韓国で最も人気のあるSNSを運営しているカカオトークグループがUpbitに投資し、カカオブロックチェーンラボを設立しました。日本でもよく知られているゲーム業界の大手Nexonは仮想通貨取引所をKorbitを買収しました。また、Samsungは
  • ウィジェットが更に進化!「コイン相場」開発週報 Vol.22

    先週は細かい修正に注力しました。是非ダウンロードしてください!それと同時に新しいUI設計も進めております。同期の進行状況が分かるグラフを表示しました。値上がり時は緑字、値下がり時は赤字で価格が表示されるようになりました。これで価格の上下が一瞬で分かるようになります。韓国でもAirDropQを開催すべく対応作業中です。デザインチームが先週の金曜、新しい案を発表しました。こちらもご期待ください。
  • コミケ95に参加されるサークルの皆様へ|仮想通貨決済を導入しませんか?

    気づけば11月も終盤になり、あっという間に年末ですね。年末といえば?はい。コミケですね。一応ピンと来ない方に概要をお伝えすると。東京ビッグサイトで開催される"オタクの祭典"・コミックマーケット、通称"コミケ"。毎回、50万人以上が駆けつける、熱量高いイベントです。今年の夏に開催されたコミックマーケット94は酷暑にも関わらず来場者数は53万人で、経済効果は180億円あるのだとか・・・。▼コミックマーケット95参加サークル34,850って、半端ないですね。コミケに負けじ劣らじの熱量があった?ビットコイン。昨年末と比較すると、現在は市場も落ち着き、「ビットコインおわた」なんて声も囁かれる昨今ですが、