Platform X - 早く行きたいならば一人で行ってください。 遠くに行きたいならば一緒に行きましょう。

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くのプロジェクトとは異なる株式のようなトークン構造を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2018-09-20
終了日時
2018-10-26
調達金額
15,999 ETH
最低目標
12,000 ETH
最高目標
16,000 ETH
初回価格
1ETH = 62500
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Platform X?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域KOREA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。

InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くの暗号通貨プロジェクトとは異なり、株式のような構造を持っています。 Aという会社がPlatformXサービスを利用するためには30万ドル分のPXコインを購入してInBlocに支払う必要があります。

InBlocは、貰ったコインをバーンします。結果的に、従来のコインの合計数が減ってコインの価値があがります。 同社は、PXコインの50%の株式を保持しなければならなので超過金額を取引所で販売して利益を得ることができます。

例えば、総供給量が200個でinBlocが100個を所有している場合、A社が10枚のコインを購入してInBlocに支払えばInBlocは10枚のコインをバーンすれば合計供給量は190個になりますがInBlocの保有量は100になります。従ってInBlocは5つのコインを売って利益を得ることができます。

PXコインはIDAXに上場されており、3つの企業でInBlocのサービスを提供することが決定しました。そのうちの一つは、韓国の新星エンジニアリングです。

取引所の価格は、個人販売価格と同じなので、着実に価格が上昇すると予想されます。

チーム

KIM YEOMYEONG
KIM YEOMYEONG
CEO
SEO INHYUK
SEO INHYUK
CTO
HWANG BUYUN
HWANG BUYUN
COO

人気STO/ICO記事

  • 2019年のブロックチェーン特許申請・・中国67%・米国16%·日本5%·ドイツ4%·韓国2%

    中国メディアIPRdailyは最近2019年、上半期の世界ブロックチェーン関連の「特許申請企業ランキング100」を発表した。2019年は2018年の特許申請数をはるかに上回っている。報道によると、特許申請の数が一番多かった企業は中国企業の「アリババ」で合わせて322件を申請していた。次は中国の保険会社「平安」が274件(2位)、その次はアンティグア・バーブーダ(カリブ海東部に位置する島国)のブロックチェーン企業「nChain」が241件(3位)だった。※資料: マスターカード 79件(10位) マイクロソフト 35件(22位)一方で日本企業は NEC 18件(46位) SONY
  • 韓国、Upbit取引所がMoneroなどの匿名通貨6種類を対象に上場廃止を検討・・・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVX

    韓国最大級、仮想通貨取引所Upbitが9日の午後17時頃、公式ホームページを通じ、匿名の特徴を持つ・XMR・DASH・ZEC・XHV・TUBE・PIVXの6種類の通貨を注意銘柄として指定し、上場廃止を検討すると発表した。Upbitは上場廃止の理由として2018年10月に開かれた総会で「マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)」の暗号資産取り扱い業者(Virtual Asset Service Provider)に関する国際基準を適用させると協議し、これに関する具体的な実施法案を2019年6月まで規定すると公表していたと説明した。また、暗号資産がマネーロンダリングや違法的な目的で使
  • ビットコインのアルゴリズム(PoW)の生みの親、Adam氏「BTCはいずれ5万ドルを超える」と主張

    仮想通貨メディアNEWSBTCによると、「Blockstream」のCEOでビットコイン(BTC)の重要技術であるコンセンサス・アルゴリズム「Proof of Work (以下、PoW)」の生みの親として知られているAdam Backが「ビットコインはいずれ5万ドル(約540万円)を超える」と主張した。Adamは9月7日ツイッターを通じ、「2020年の半減期(halvening)、地政学的な不確実性(geopolitical uncertainty)、15兆ドル規模のマイナス金利で発行された債権、現代貨幣理論(MMT:Modern Monetary Theory)などを総合すると、BTCの価格