Platform X - 早く行きたいならば一人で行ってください。 遠くに行きたいならば一緒に行きましょう。

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くのプロジェクトとは異なる株式のようなトークン構造を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2018-09-20
終了日時
2018-10-26
調達金額
15,999 ETH
最低目標
12,000 ETH
最高目標
16,000 ETH
初回価格
1ETH = 62500
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Platform X?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域KOREA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。

InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くの暗号通貨プロジェクトとは異なり、株式のような構造を持っています。 Aという会社がPlatformXサービスを利用するためには30万ドル分のPXコインを購入してInBlocに支払う必要があります。

InBlocは、貰ったコインをバーンします。結果的に、従来のコインの合計数が減ってコインの価値があがります。 同社は、PXコインの50%の株式を保持しなければならなので超過金額を取引所で販売して利益を得ることができます。

例えば、総供給量が200個でinBlocが100個を所有している場合、A社が10枚のコインを購入してInBlocに支払えばInBlocは10枚のコインをバーンすれば合計供給量は190個になりますがInBlocの保有量は100になります。従ってInBlocは5つのコインを売って利益を得ることができます。

PXコインはIDAXに上場されており、3つの企業でInBlocのサービスを提供することが決定しました。そのうちの一つは、韓国の新星エンジニアリングです。

取引所の価格は、個人販売価格と同じなので、着実に価格が上昇すると予想されます。

チーム

KIM YEOMYEONG
KIM YEOMYEONG
CEO
SEO INHYUK
SEO INHYUK
CTO
HWANG BUYUN
HWANG BUYUN
COO

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 仮想通貨取引所、DeCurretが34億円の資金調達

    仮想通貨取引所、DeCurret(ディーカレット)は11日34億円の資金調達を行ったと発表した。資金調達の背景は仮想通貨からデジタル通貨へサービスの範囲を拡大、デジタル通貨の世界を実現するにあたり、より多くの企業とのパートナーシップが必要と考え、実施したそうだ。Decuuret社は出資企業らと協業を通じ、デジタル通貨を活用した事業展開を加速するとともに、「取引と決済の融合」の実現を目的としていることを明らかにした。参照元:<ins></ins>1. KDDI株式会社2. コナミホールディングス株式会社3. 住友生命保険相互会社4. 大同生命保険株式会社5. 明治安田生命保険相互会社6. 中部