Blue Hill Foundation - トークン化マイニングパートナー

Blue Hill Foundationは、アジアで最大の銅埋蔵量の1つを有すると予測されている「Blue Hill Mine」という、コンセッション番号14307Xおよび14308Xのマイニングプロジェクトの共同所有者です。 「Blue Hill Mine」は、モンゴルの2つの産業大国、ロシアと中国の間に位置しています。 モナコ公国の規模の70倍の大規模な採掘作業です。 8年以上にわたる地質計画が「Blue Hill Mine」に入りました。表面積の10%未満の対象地域に大量の銅、ニッケル、コバルト、および金があることを示しています。 さらに、表面積の残りの90%が現在調査中であることから、さらに多くの資源が発見されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BHM token
開始日時
2019-04-02
終了日時
2019-08-31
最高目標
38,070,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
490,000,000
公式サイトへ Owner of Blue Hill Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

トークン保有者は、各トークンがトロント株式市場の上場を通じて30ドルで再購入されるという買い戻し計画の恩恵を受けます。現在の市場価格におけるBlue Hill Miningの総リソースの20%から30%の一般に認められた評価式を使用すると、BHMトークンの予想小売価格は30米ドル以上と評価されています。Blue Hill Miningエコシステムの背後にあるビジネスモデルは、潜在的価値が継続的に増加し、価格が無限に上昇するように構築されています。これは、Blue Hill Platformによって生み出された利益を再投資と、ニッケル、コバルト、および金の販売で得たお金で鉱山を追加購入することによって実現されます。 追加の鉱山によって生み出された利益は、将来的にはBHMトークンでより多くの鉱山を購入するために使用され、このモデルは拡張可能になります。したがって、配当は、BHMトークンの原資産を増加させる(したがって、各BHMトークンの価値を増加させる)という形でトークン保有者に支払われるとともに、上記の利益の一部が最大50%の将来バーンされるBHMトークンを再購入します。

チーム すべてを見る

Kurt Becker
Kurt Becker
CEO
Franz-Josef Leps
Franz-Josef Leps
CFO
Olav Haseler
Olav Haseler
COO
Oliver Chappell
Oliver Chappell
Financial Analyst
Ansgar Diekmann
Ansgar Diekmann
Project Engineer
Reiner Mecklenbrauc
Reiner Mecklenbrauc
Project Engineer

人気STO/ICO記事

  • 【仮想通貨FXに最適】GMOコインのおすすめ理由を一挙解説!

     ビットレ君は、GMOコインが提供している仮想通貨レバレッジ取引のためのスマホアプリです。当アプリでは10種類のテクニカル指標を利用することができます。 リップルやイーサリアムなどのレバレッジを効かせた取引が可能。アルトコインを空売りすることができる数少ない取引所です。 親会社であるGMOインターネットワークから金融ビジネスノウハウや情報セキュリティ対策の施策をそのまま引き継いだGMOコイン。国際基準の情報セキュリティが適用されていると思われます。
  • Liquid取引所のメリットをすべて解説!銘柄、手数料などについて

    ✅ 【便利】流動性が高いため、注文が通りやすい!Liquidは世界中の注文を一つのオーダーブックに集約させて流動性が乏しい通貨ペアーも注文が通りやすいです。✅ 【信頼】運営資金が豊富で何かあっても安心2017年11月にICO(資金調達)を行い、112億円の調達に成功。その後にも莫大な資金調達に成功し、2019年4月3日には「ユニコーン企業」になったと公表されています。日本のスタートアップ企業では、"メリカリ"に次く2社目の「ユニコーン企業」で、とてもしっかりしている企業です。✅ 【安心】国内最高レベルのセキュリティー体制顧客資産をオンラインから切り離したコールドウォレットで100%管理しており
  • bitbank(ビットバンク)のおすすめ理由を解説!セキュリティーが堅牢で銘柄が豊富なbitbankで口座を開いてみよう

    ✅ 【お得】取引すればするほどおトク!メイカー取引はマイナス手数料新しい価格を指値で頻繁に取引を行うトレーダーには最適の取引所!なんと、メイカー取引の手数料が-0.02%で取引をすればするほどおトク!※メイカー(Maker)とは、板にない価格を作ることをいいます。✅ 【安心】セキュリティーが堅牢暗号資産取引所の分析企業CERによると、ビットバンクのセキュリティー体制は日本一、物理的な方法からの盗難や内部犯行の対策として秘密鍵が一つではなく、複数に分割された「マルチシグ」で管理✅ 【便利】アプリが使いやすく、UIが洗練されている24時間休まない仮想通貨市場では必ずスマホでの対応が必要な場合が多い