Blue Hill Foundation - トークン化マイニングパートナー

Blue Hill Foundationは、アジアで最大の銅埋蔵量の1つを有すると予測されている「Blue Hill Mine」という、コンセッション番号14307Xおよび14308Xのマイニングプロジェクトの共同所有者です。 「Blue Hill Mine」は、モンゴルの2つの産業大国、ロシアと中国の間に位置しています。 モナコ公国の規模の70倍の大規模な採掘作業です。 8年以上にわたる地質計画が「Blue Hill Mine」に入りました。表面積の10%未満の対象地域に大量の銅、ニッケル、コバルト、および金があることを示しています。 さらに、表面積の残りの90%が現在調査中であることから、さらに多くの資源が発見されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
BHM token
開始日時
2019-04-02
終了日時
2019-08-31
最高目標
38,070,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
490,000,000
公式サイトへ Owner of Blue Hill Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

トークン保有者は、各トークンがトロント株式市場の上場を通じて30ドルで再購入されるという買い戻し計画の恩恵を受けます。現在の市場価格におけるBlue Hill Miningの総リソースの20%から30%の一般に認められた評価式を使用すると、BHMトークンの予想小売価格は30米ドル以上と評価されています。Blue Hill Miningエコシステムの背後にあるビジネスモデルは、潜在的価値が継続的に増加し、価格が無限に上昇するように構築されています。これは、Blue Hill Platformによって生み出された利益を再投資と、ニッケル、コバルト、および金の販売で得たお金で鉱山を追加購入することによって実現されます。 追加の鉱山によって生み出された利益は、将来的にはBHMトークンでより多くの鉱山を購入するために使用され、このモデルは拡張可能になります。したがって、配当は、BHMトークンの原資産を増加させる(したがって、各BHMトークンの価値を増加させる)という形でトークン保有者に支払われるとともに、上記の利益の一部が最大50%の将来バーンされるBHMトークンを再購入します。

チーム すべてを見る

Kurt Becker
Kurt Becker
CEO
Franz-Josef Leps
Franz-Josef Leps
CFO
Olav Haseler
Olav Haseler
COO
Oliver Chappell
Oliver Chappell
Financial Analyst
Ansgar Diekmann
Ansgar Diekmann
Project Engineer
Reiner Mecklenbrauc
Reiner Mecklenbrauc
Project Engineer

人気STO/ICO記事

  • 韓国UPbitハッキング被害発表・・被害額53億円相当(ETH342,000枚)

    韓国、最大級大手取引所UPbit(アップビット)は580億ウォン相当ののETH(イーサリアム)342,000枚の不正出金が発生したことを27日18時ごろ発表した。出金先のウォレットのアドレスは0xa09871AEadF4994Ca12f5c0b6056BBd1d343c029でUPbitが分からないウォレットであると説明している。仮想通貨の出金が一時停止されたのは27日の午後2時16分頃だった。<ins></ins>UPbitを運営しているDunamuの体表理事イ・ソクウです。まず、UPbitを利用しているユーザーの皆様にご心配をおかけし、大変申し訳ございません。2019年 11月 27日 午
  • 名古屋グランパス×スタートアップピッチでシンクロライフが優勝

    暗号通貨を使ったレストランレビューSNS・シンクロライフが、2019年12月に開催された中部ニュービジネス協議会と名古屋商工会議所が主催する「2019 名古屋グランパス×スタートアップピッチ」にて優勝した。コンテストでは、全国から9社が参加した中で、GINKANは自社が持つ「食べて暗号通貨が貯まるグルメSNSシンクロライフ」を活用したアイディアを発表。内容は、チームを応援するグランパスサポーター飲食加盟店を愛知県のスタジアム中心で形成し、シンクロライフの通常の暗号通貨還元に加え、勝利や優勝と連動して還元率や特典が大きくなる仕組み作るというもの。さらに、貯まった暗号通貨(シンクロコイン)でグ
  • 【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化

    【API連携】BitMEX/ビットメックスの取引や資産管理を効率化の取引や資産管理を効率化する方法をご存知でしょうか?が公開している公式APIを活用すれば、コイン相場アプリに連携し取引が可能になります。通常、APIはプログラミングの知見がない方にとって、活用ハードルが高いですが、コイン相場では簡単にAPIが連携でき、ポートフォリオ管理や取引を効率化することができます。ここでは世界最大級の先物取引所であるのAPI取得方法とへのAPI連携方法をご紹介させていただきます。BitMEXはBTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH (イーサリアム)、LTC (ライトコイン)