Blue Hill Foundation - トークン化マイニングパートナー

Blue Hill Foundationは、アジアで最大の銅埋蔵量の1つを有すると予測されている「Blue Hill Mine」という、コンセッション番号14307Xおよび14308Xのマイニングプロジェクトの共同所有者です。 「Blue Hill Mine」は、モンゴルの2つの産業大国、ロシアと中国の間に位置しています。 モナコ公国の規模の70倍の大規模な採掘作業です。 8年以上にわたる地質計画が「Blue Hill Mine」に入りました。表面積の10%未満の対象地域に大量の銅、ニッケル、コバルト、および金があることを示しています。 さらに、表面積の残りの90%が現在調査中であることから、さらに多くの資源が発見されています。

STO/ICO基本情報

ステータス
進行中
トークン記号
BHM token
開始日時
2019-04-02
終了日時
2019-08-31
最高目標
38,070,000 USD
初回価格
0.0700 USD
トークン供給数
490,000,000
公式サイトへ Owner of Blue Hill Foundation?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率70%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

トークン保有者は、各トークンがトロント株式市場の上場を通じて30ドルで再購入されるという買い戻し計画の恩恵を受けます。現在の市場価格におけるBlue Hill Miningの総リソースの20%から30%の一般に認められた評価式を使用すると、BHMトークンの予想小売価格は30米ドル以上と評価されています。Blue Hill Miningエコシステムの背後にあるビジネスモデルは、潜在的価値が継続的に増加し、価格が無限に上昇するように構築されています。これは、Blue Hill Platformによって生み出された利益を再投資と、ニッケル、コバルト、および金の販売で得たお金で鉱山を追加購入することによって実現されます。 追加の鉱山によって生み出された利益は、将来的にはBHMトークンでより多くの鉱山を購入するために使用され、このモデルは拡張可能になります。したがって、配当は、BHMトークンの原資産を増加させる(したがって、各BHMトークンの価値を増加させる)という形でトークン保有者に支払われるとともに、上記の利益の一部が最大50%の将来バーンされるBHMトークンを再購入します。

チーム すべてを見る

Kurt Becker
Kurt Becker
CEO
Franz-Josef Leps
Franz-Josef Leps
CFO
Olav Haseler
Olav Haseler
COO
Oliver Chappell
Oliver Chappell
Financial Analyst
Ansgar Diekmann
Ansgar Diekmann
Project Engineer
Reiner Mecklenbrauc
Reiner Mecklenbrauc
Project Engineer

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • BinanceのKYCが流出されたという情報が韓国を中心に拡散・・フィッシングサイトから収集された可能性も

    韓国の暗号資産メディアcoincredibleは、BinanceのKYC情報が流出された可能性があると7日報道した。同メディアによるとテレグラムのチャットルームを通じ、バイナンス取引所のKYCが流出されており、大きな問題になっている。チャットルームを作成したユーザーは7日の午前から数十名に達するKYC認証写真とパスポート情報を共有しており現在も共有を続けているとのこと。今まで、共有された情報は2018年2月21から24日までの情報が含まれていると同メディアは説明した。被害者の中には韓国人の被害者も多数いることが把握されている。しかし、Binance取引所の韓国管理者は共有されているデータはBi
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ