Ambit - 次世代マイニング基盤

10月、Ambit Miningは、最初に完全に開示され、多様化したマイニングファームの建設を完了しました。1 MWの容量でわずか5ヶ月で100%ROIを達成しました。 Ambit Miningは、(Ethereumベースのスマートコントラクトを使用して)クラウドファンディングを使用して既存の操作を20 MGWに拡張し、コミュニティにアクセス可能な大規模な仮想通貨マイニング操作を実現することを目指しています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
AMBT
開始日時
2018-04-10
終了日時
2018-04-17
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
40,000,000 USD
初回価格
1 AMBT = 0.50 USD
トークン供給数
88,000,000
公式サイトへ Owner of Ambit?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC, ETH, Fiat
供給率85%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

Ambit Miningは、ジョージア州トビリシの自由経済圏に設立されたマイニング事業です。 10月、Ambit Miningは、最初に完全に開示され、多様化したマイニングファームの建設を完了しました(1Mメガワット(MW))。 Ambit Miningは、既存の操作をCrowdfunding(Ethereumベースのスマートコントラクトを使用)して拡張し、コミュニティにアクセス可能な大規模な仮想通貨マイニング操作を実現することを目指しています。

低コスト、グリーン電力(0.05 $ / kW / h)、政府規制、優遇税制、最先端の技術ソリューションなど、これらすべての要因が、世界で最も収益性の高いマイニング事業の一つです。 (100%ROIは既存のファームでわずか5ヶ月で達成)。このプロジェクトに貢献するコミュニティメンバーは、Ambit Miningの一員となる機会を得るでしょう。各コミュニティメンバーは、採掘作業に関する定期的かつ透明な情報にアクセスできます。

Ambit Miningの貢献者は、Ambit Miningでのシェアを表すEthereumベースのAMBTトークンを受け取る予定です。これらのトークンは、Ambit Miningオペレーションによる利益配分を保有者に付与します。純利益の85%がトークン保有者(総鉱業収量)に利用可能となります。この85%のうち85%が配当として配分され、残りの25%はマイニング構造の改善と向上のために再投資されます。増加するマイニングの困難に対応し、同じROIを維持します。実際の再投資の費用が25%未満の場合、残りの資金は配当として分配されます。

既存のマイニング事業では、Ambit Miningはわずか5ヶ月で100%のROIを達成しました。しかし、仮想通貨のボラティリティのため、ROIはビットコイン価格13,000ドルで、Ambit Tokenが年間ROI(171%)、または3年間で500%以上を達成する可能性があります。つまり、投資されたETHが3年ごとに5 ETHを得ることになります。

合計で1,040万のAmbit Tokenが発行され、うち85%がCrowdsaleで利用可能になります。リマインダーは、チーム&アドバイザー9%、バウンティキャンペーン3%、会社準備3%というように割り当てられます。売れ残っているすべてのトークンが焼かれ、それ以上のトークンの配布はありません。チームとアドバイザーに割り当てられたすべてのトークンは、Ambit Miningの成功への関心を確実にするため、6ヶ月間権利が与えられます。

チーム すべてを見る

Beka Vashakidze
Beka Vashakidze
Founder & CEO
Giorgi Inashvili
Giorgi Inashvili
Chief Operational Officer
David Kochiashvili
David Kochiashvili
Lead Software Developer
Aleksey Kuksin
Aleksey Kuksin
Software Architect
David Gelashvili
David Gelashvili
Partner at BDO Georgia
George Khmaladze
George Khmaladze
Chief Financial Officer

人気STO/ICO記事

  • Coincheck、7月16日よりお客様情報の追加登録を実施 - 仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基く措置

    暗号資産取引所、Coincheck社は7/9日、午後13時頃公式ブログ及びツイッターを通じ、一般社団法人日本仮想通貨交換業協会の自主規制規則に基づき、2019年7月16日よりお客様情報の追加登録を実施することを公表した。<ins></ins>個人のお客様:2019年7月16日〜2019年8月29日 法人のお客様:2019年7月下旬以降1. 国籍や職業などの属性情報2. 資産に関する情報3. お取引に関する情報 など参照元:<ins></ins>・・・・・
  • 【随時更新】ビットポイント・ハッキングまとめ (最終更新7/12 14:18)

    ※続報については、この記事に随時追記いたします。2019年7月12日 10:30ビットポイント・ジャパン、全サービスを停止。2019年7月12日 13:11日経新聞がハッキング被害を報道。2019年7月12日 13:30親会社であるリミックスポイント社が公式発表
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は