MinedBlock - サービスとしてのマイニング

MinedBlockは、投資家が大規模なマイニング事業の資源を利用し、高価なマイニング設備を購入、設定、および維持する必要なしに複数の暗号資産をマイニングする機会を提供します。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
MBTX
開始日時
2019-02-15
終了日時
2019-07-28
最低目標
1,000,000 USD
初回価格
0.1500 USD
トークン供給数
365,000,000
公式サイトへ Owner of MinedBlock?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum/Polymath
タイプST20
参加可能通貨POLY, ETH, Fiat
供給率91,25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

MinedBlockは、Polymath ST20を使用してセキュリティトークンオファリングを実行しており、高価なマイニング機器を購入、構成、および維持する必要なく、投資家が大規模なマイニング事業のリソースを利用できる機会を提供できます。設備の面倒を見るために私達のチームに頼ることができる完全に管理されたマイニングサービスを提供します、そして彼らは最低の運用コストで最大の生産性で毎日24時間働いています。

MinedBlockは、顧客が利益を得るための多様な範囲の収入源を確保するために、時価総額による上位50以内の複数のコインのマイニングに焦点を当てた専用のマイニング施設を創設する予定です。

提案されている大規模な操作を通じて、人気のあるコインのハッシュレートを支配する大きなプールがすでにある場合、コインの分散化を改善するのに役立ちます。 MinedBlockはまた、マイニングデータセンターのグローバルな流通を通じて、私たち自身のネットワーク内のあるレベルの分散化に向けて取り組んでいきます。

チーム

Matt Ruff
Matt Ruff
CSO
Greg Wales
Greg Wales
CEO
Paul Bishop
Paul Bishop
COO
Ruhin Kahn
Ruhin Kahn
Marketing Consultant
Kamal Mustafa
Kamal Mustafa
Advisor

人気STO/ICO記事

  • Aeron2周年記念: CryptoBonusMilesが一般に普及、Aeron Gamesおよびその他のハイライト

    2年以上に渡り、Aeronは一般航空の安全性と利便性向上のためのソフト開発を成功させてきました。昨年は重要な出来事が非常に多く、中でも一般航空の安全性を強化するAeron Pilotアプリケーションの新規リリースや、大半の国際的な航空会社によるロイヤルティプログラムを統合し、利用者がフライト1マイルごとに暗号通貨報酬を獲得できるCryptoBonusMilesのローンチなどは特に大きなものでした。また、Aeron(ARN)トークンの利用例の拡充にも大きな進展が見られ、ARNのBinance Chainへのマイグレーション、主要なEOS取引所への上場によるEOSエコシステムへの統合などを行いまし
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った
  • バイナンス、謎の人物から300BTCを要求された・・KYC漏洩事件、日本人被害者も

    バイナンス取引所は本日(7日)起きたKYC流出事件について、公式ホームページにて経緯などを説明した。バイナンスによると、謎の人物がBinance KYCデータと類似した1万枚の写真を流出しない代わりに300BTCを要求してきた。バイナンス側がこれを断った為、この謎の人物は大衆と各メディアに情報を配布し始めたとのこと。しかし、バイナンスは実際のデータと矛盾点があると述べ、KYCイメージにが含まれていないと説明した。また、公開されたKYCを検討した結果、すべて2018年2月からのものでこの時にバイナンスはその当時の大量のKYCを処理するために、他社と契約していたことを明らかにした。詳しい情報は他