MinedBlock - サービスとしてのマイニング

MinedBlockは、投資家が大規模なマイニング事業の資源を利用し、高価なマイニング設備を購入、設定、および維持する必要なしに複数の暗号資産をマイニングする機会を提供します。

ICO基本情報

ステータス
公開前
トークン記号
MBTX
開始日時
2019-02-15
終了日時
2019-05-31
最低目標
1,000,000 USD
初回価格
0.1500 USD
トークン供給数
365,000,000
公式サイトへ Owner of MinedBlock?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum/Polymath
タイプST20
参加可能通貨POLY, ETH, Fiat
供給率91,25%
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

    概要

    MinedBlockは、Polymath ST20を使用してセキュリティトークンオファリングを実行しており、高価なマイニング機器を購入、構成、および維持する必要なく、投資家が大規模なマイニング事業のリソースを利用できる機会を提供できます。設備の面倒を見るために私達のチームに頼ることができる完全に管理されたマイニングサービスを提供します、そして彼らは最低の運用コストで最大の生産性で毎日24時間働いています。

    MinedBlockは、顧客が利益を得るための多様な範囲の収入源を確保するために、時価総額による上位50以内の複数のコインのマイニングに焦点を当てた専用のマイニング施設を創設する予定です。

    提案されている大規模な操作を通じて、人気のあるコインのハッシュレートを支配する大きなプールがすでにある場合、コインの分散化を改善するのに役立ちます。 MinedBlockはまた、マイニングデータセンターのグローバルな流通を通じて、私たち自身のネットワーク内のあるレベルの分散化に向けて取り組んでいきます。

    チーム

    Matt Ruff
    Matt Ruff
    CSO
    Greg Wales
    Greg Wales
    CEO
    Paul Bishop
    Paul Bishop
    COO
    Ruhin Kahn
    Ruhin Kahn
    Marketing Consultant
    Kamal Mustafa
    Kamal Mustafa
    Advisor

    人気ICO記事

    • 新機能「みんなのエアドロ」リリース!「コイン相場」開発週報 Vol.26

      開発アップデート「コイン相場」開発週報 Vol.26今日は平成最後のクリスマスですね!皆さん、昨日は素敵なイブを過ごすことができましたか?今年も残すところあと7日・・・あっという間にお正月ですね!ってことでCOINJINJA社も平成最後のお正月を盛り上げるべく新機能をリリースします!誰でもAirdropができるdApp「みんなのエアドロ」が完成しました。次回アップデートからピックアップ内に新dAppが出現します。お正月企画でお年玉をばらまいてくれる粋な方をお待ちしています!dApp SDKにれ、dAppがアプリのテーマに基づいて昼モードまたは夜間モードのインターフェースを表示できるように改善し
    • 「コイン相場」開発週報 Vol.28

      2019年の1月も半分以上経っております。仮想通貨市場全体が下がっておりますが今年もコイン相場アプリはこれまで以上に進化していきますのご期待ください。今月は主に今までの機能を最適化する作業をおこないました。ニュースタブにTOPページが新設されます。今までユーザーは最新情報を得るために多数のページにアクセスする必要がありました。今回、アップデートされるTOPページではよりスピーディーな情報獲得ができます。また、速報スクリーンショットシェア機能が追加され、SNSで共有できるようになります。一般モードと夜間モード両方で目に負担がかからないような色を選別し、調整いたしました。待ち時間を減らすため、ポー
    • エンジニア勉強会を開催しました!「コイン相場」開発週報 Vol.25

      世の中はすっかり年末ムードですね!飲み会三昧で体調は崩していませんか??かくいうCOINJINJAはというと、今日はみんなで忘年会です!余談ですが中国語の「乾杯(カンペイ)」はグラスを空にするまで飲み干すという意味だそうです。(気をつけましょうw)説明会はホントに最初だけで、メインコンテンツは実際に動かしてみる所。弊社のCEO徐楽楽が、その場でコードを書いて、一応公開する所まで1時間弱でいきました。エンジニアの方からすると簡単に出来そうに見えたようですが、非エンジニアからすると簡単では。。最後には簡単なアイディアソンをやって締め括りとなりました。社内コミュニケーションへのトークン導入や飲み会で