HomeMine - 家電製品のパッシブマイニング

HomeMineは、家電製品のパッシブマイニングでお金を稼ぐ機会を提供しています。 私たちは、投資と技術的スキルを必要としない簡単な日常業務をマイニングにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HMT
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-05-27
最低目標
5,250,000 USD
最高目標
38,430,000 USD
初回価格
1 HMT = 42 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HomeMine?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWaves
タイプWaves
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

バックグラウンドでパソコンのコンピューティングパワーを利用するだけで、家庭からのマイニングでお金を稼ぐことができた時代ははるかに遅れています。 2010年には、このように数百のビットコインを半分の金額で手に入れることができましたが、2014年に通常のCPUマイニングが妥当性を失い始め、Butterfly Labsが特別にBTCマイニング用にリリースした専用ASICチップその効率ははるかにCPUを上回っていました。

しかし、ハッシングの複雑さは絶えず増加しており、過去2年間、マイニングへの参入障壁は、金融機器のコストと必要な能力の点で、通常の人にとって非常に高くなっています。たとえ利益を生み出すマイニングが35,000ドルの設備投資を必要とするBTCとETHを考慮しなくても、マイニングでそのような印象的な投資を必要としないより安価なaltcoinsに焦点を当てるならば、それはまた様々な技術的および財務的スキルを必要とします。

現在までに世界で発電された電力の約0.08%が採掘に費やされています。これは絶対的な意味での巨大な数字ですが、一方では業界の深刻な見通しを証明しています。私たちは、マイニングと暗号通貨は、あらゆる人の日常生活において有用であり、その中に実装されなければならないと考えています。

そして、この統合は、リスクの高い投資や技術的な困難なしに、自然に行われるべきです。家庭内で家電製品を使用しているときに自分の暗号通貨を得ることができるパッシブマイニングの装置であるHomeMineを販売することで、家庭用マイニングを普及させることにしました。

チーム すべてを見る

Georgiy Sandarovsky
Georgiy Sandarovsky
CEO & Founder
Sergey Kerzhentsev
Sergey Kerzhentsev
Designer-developer
Konstantin Melnikov
Konstantin Melnikov
Chief Engineer
Irina Koroleva
Irina Koroleva
CDO
Valentina Smirnova
Valentina Smirnova
PR, SMM
Maria Ashikhmina
Maria Ashikhmina
Senior Developer

人気STO/ICO記事

  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • 【7/11】世界ニュースまとめ - カナダ政府、仮想通貨取引所登録を義務化へ、プラストークン最上階級、中国公安に逮捕が公式確認

    10日、コインテレグラフによるとカナダ政府が来年の2020年6月1日までカナダ現地のすべての仮想通貨取引所を対象に「カナダ金融取引報告分析センター(FinTRAC)」への登録を義務化した。カナダ政府はマネーロンダリング、テロ資金支援などの犯罪収益に対する規制改正案を発表し、現地の仮想通貨取引所が当局の登録手続きを遵守しないといけないことを明らかにした。これに関して現地Oslerの法律事務所のLori Stein弁護士は今回の改正案発表で仮想通貨業界に対する現地銀行及び金融機関のサービス提供がより開放的で円滑になると展望した。一方で今回の改正案で仮想通貨取引所が現地市場で離脱する可能性もあると予
  • 【7/10】世界ニュースまとめ - シンガポール、仮想通貨決済の消費税免除草案を公開、イランの中央銀行関係者、仮想通貨の売買は違法

    シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は、7月5日仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開した。この草案には決済手段としての暗号資産に対し、デジタルペイメントトークンと呼ばれる新しい分類に振り分け、消費税を免除するとされている。現在、シンガポールでは暗号資産を使い商品を購入した場合「所得税+消費税7%」の商品サービス税が課せられている。今回公開された草案にはビットコインなどを対象にし、ステーブルコインは該当しないことから仮想通貨だけを活性化させる狙いを持っているのではないかと分析されている。参照元:参照元:<ins></ins>イラン中央銀行の新技術担当副総裁が地元ニュース「タスニムニュー