HomeMine - 家電製品のパッシブマイニング

HomeMineは、家電製品のパッシブマイニングでお金を稼ぐ機会を提供しています。 私たちは、投資と技術的スキルを必要としない簡単な日常業務をマイニングにします。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
HMT
開始日時
2018-05-21
終了日時
2018-05-27
最低目標
5,250,000 USD
最高目標
38,430,000 USD
初回価格
1 HMT = 42 USD
トークン供給数
...
公式サイトへ Owner of HomeMine?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームWaves
タイプWaves
参加可能通貨ETH, BTC, LTC
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

バックグラウンドでパソコンのコンピューティングパワーを利用するだけで、家庭からのマイニングでお金を稼ぐことができた時代ははるかに遅れています。 2010年には、このように数百のビットコインを半分の金額で手に入れることができましたが、2014年に通常のCPUマイニングが妥当性を失い始め、Butterfly Labsが特別にBTCマイニング用にリリースした専用ASICチップその効率ははるかにCPUを上回っていました。

しかし、ハッシングの複雑さは絶えず増加しており、過去2年間、マイニングへの参入障壁は、金融機器のコストと必要な能力の点で、通常の人にとって非常に高くなっています。たとえ利益を生み出すマイニングが35,000ドルの設備投資を必要とするBTCとETHを考慮しなくても、マイニングでそのような印象的な投資を必要としないより安価なaltcoinsに焦点を当てるならば、それはまた様々な技術的および財務的スキルを必要とします。

現在までに世界で発電された電力の約0.08%が採掘に費やされています。これは絶対的な意味での巨大な数字ですが、一方では業界の深刻な見通しを証明しています。私たちは、マイニングと暗号通貨は、あらゆる人の日常生活において有用であり、その中に実装されなければならないと考えています。

そして、この統合は、リスクの高い投資や技術的な困難なしに、自然に行われるべきです。家庭内で家電製品を使用しているときに自分の暗号通貨を得ることができるパッシブマイニングの装置であるHomeMineを販売することで、家庭用マイニングを普及させることにしました。

チーム すべてを見る

Georgiy Sandarovsky
Georgiy Sandarovsky
CEO & Founder
Sergey Kerzhentsev
Sergey Kerzhentsev
Designer-developer
Konstantin Melnikov
Konstantin Melnikov
Chief Engineer
Irina Koroleva
Irina Koroleva
CDO
Valentina Smirnova
Valentina Smirnova
PR, SMM
Maria Ashikhmina
Maria Ashikhmina
Senior Developer

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[