Giga Watt - 最初のフルサービスのマイニングソリューション

Giga Wattは、クライアントのニーズに合わせたターンキーマイニングサービスやカスタムパッケージを提供しています。機器の販売、メンテナンスから採掘サービスまでなんでもします。目標は、参加者にエキサイティングな新しいテクノロジーの世界と仮想通貨のマイニングビジネスの両方の機会を提供することです。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
WTT
開始日時
2017-06-02
終了日時
2017-07-31
調達金額
$15,000,000
トークン供給数
30,000,000
公式サイトへ Owner of Giga Watt?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォーム不明
タイプ不明
参加可能通貨Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Weeks 1-2 - $1.00
  • Weeks 3-4 - $1.05
  • Weeks 5-6 - $1.10
  • Weeks 7-8 - $1.15
  • Week 9 - $1.20

概要

ビジョン

Giga Wattトークン(ギガワット: 以下 WTT)は、ギガワット処理センターの容量を50年間無償で使用する権限を与え、消費電力に対応しています。トークンの所有者は、この機能を利用しマイニングしたり、他のユーザーにそれを借りたりすることができます。基本的にこれはプロフェッショナルなマイニングの方法です。 1人のマイナー(マイニングする人)に適応するトークンは、その消費電力に依存します。

例えば PandaMiner B3 Plus (マイニングの為の製品名)だと... 1,250 W + 10%= 1,375 (トークン)

通常、WTTは設備賃貸料および電気代を請求しますが、トークンの所有者はそれらを支払わずに済み継続的なコストを削減しながらマイニングできます。

キャパシティ

WTTは発行された初日から使用可能です。 その特別な(機能)デザインは記録的な高速拡張を可能にし、新しいユニットが構築されている間に、また新しいユニットを構築します。 現時点で既に3台が稼働しており、現在2.25MW(メガワット)がトークン化される準備が整いました。そしてこれからも我々は新しいユニットを構築し続けます。

インフラストラクチャ

WTTの独特なインフラストラクチャは、膨大で独立したマイニングユニットで構成されています。 このアプローチは、例えば農家の生産性に柔軟性を与えます。 建設コストを最小限に抑え、そして新しいユニットの構築中にも生産能力を徐々に与え続けます。 マイニング施設を建設した豊富な経験により、マイニングの為の最善の技術を選択、構築、採用する専門知識は得ています。我々はなにが有効に機能するかを知り、全てのタイプのマイニングに対応して最先端の独自ソリューションを実装しました。 トークンは先着順に割り当てられます。

チーム すべてを見る

Nick Evdokimov
Nick Evdokimov
CEO
Dmitry Khovratovich
Dmitry Khovratovich
Smart Contract Development
Andrey Kuzenny
Andrey Kuzenny
Head of IR
Edward Khaptakhaev
Edward Khaptakhaev
Legal Counsel
Leonid Markin
Leonid Markin
Financial management
Daria Generalova
Daria Generalova
Communications and PR

人気STO/ICO記事

  • これをみればミニ株のすべてがわかります!

    株式の取引は通常100株単位で行なわれます。一方、ミニ株では1株単位で取引を行なうことができます。資金が少ないために今まで買うことができなかった銘柄を買うことができます。いろいろな銘柄を少しずつ買うこともできます。ミニ株は少額で気軽に始めることができる株式です。そこで、ここから、主なミニ株の種類としくみ、ミニ株のメリットとデメリット、取引のポイントなどについて解説します。これから株式投資を始めようとする方やミニ株に興味がある方におすすめの内容です。ミニ株とは1株単位で取引ができる株式で、現在数社の証券会社がサービスを提供しています。サービスの名称やしくみは各社がそれぞれ決めています。主なミニ株
  • 韓国で仮想通貨が法制化へ・・仮想通貨交換業者の登録が必要

    仮想通貨の取引が活発である韓国では今まで仮想通貨を規制する法律がなかったが本日(5日)、午後15時頃に立法の手続きがすべて終わった。今までは規制する法律がなかったので、実際には資格のない取引所や企業の参入で投資家を保護することができず韓国の一般大衆には仮想通貨業界のイメージは最悪になってしまった。こういった被害から論議は始まり、2018年3月から「特定金融取引情報報告及び利用などに関する法」いわゆる「特金法」という改正案が初めて発議され立法まで2年ほど時間がかかった。特金法は今まで法律の対象ではなかった仮想通貨を定義し、仮想通貨取引所に対する義務を規定する。仮想通貨取引所を運営するためには日本
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常