Estate Coin - 採掘者の家

採掘者のための家を10棟建てる。働いてるときに発生する熱を家のエネルギーに変えて光熱費を抑える。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ESC
開始日時
2017-09-01
終了日時
2017-10-12
調達金額
247,168.0 USD
最低目標
1,100,000 USD
最高目標
11,000,000 USD
トークン供給数
11,000,000
公式サイトへ Owner of Estate Coin?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプ不明
参加可能通貨BTC, ETH
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

ボーナス

  • Pre-Sale 1st week - +10%
  • Pre-Sale 2nd week - +20-30%
  • Pre-Sale 3rd week - +40%

概要

マイニングテクノロジーと住宅のインフラテクノロジーを統合させ、マイニングで発生する電力を、住宅の熱エネルギーに変えるというものです。投資家は不動産投資とマイニングによるインカムの両方を得ることができます。

トークン

トークンはパブリックセールとなります。買取、買戻しの売買は、Poloniex,Kraken,Bittrexなどで取り扱われます。

プロジェクトについて

Estate coinプロジェクトのキーは、ITと住宅建築テクノロジーの共存にあります。マイニングには2つの大きな問題がありました。それは高い電力消費と放熱です。そのため、電力を安く買い、放熱を抑えるために、電力が安価である地域にマイニングのためのマンションを建設し、マイニング時の発熱を住宅の暖房などのために割り当てることにしました。データサーバ―センターから割り当てられた熱エネルギーは周辺のオフィスビルやマンションの暖房に活用するのです。

有名なのはカナダのTELUSサーバー社、フランスのTelecity、イギリスのTelehouseデータセンタ、フィンランドとスイスのIBMデータセンタです。 技術的には、コンピュータシステムの熱伝達フィールドの最新開発技術を使用し、電子部品の水中冷却テクノロジーを使用します。 結果として、プロジェクトの参加者全員が利益を得られるようになっています。 投資家は、投資によるインカムを受け取り、開発者は、プロジェクトのポートフォリオを構築することで資金調達ができ、住宅の所有者は、暖房にかかる電気代を効率的に使うことができます。建設予定10棟のうち7棟については、地区行政とすでに同意済みとなります。

市場レビュー

統計によると、ロシアでの新住宅の建設は20~25年は続き、現状速度での計算によると、最後のビットコインが採掘者に支払われるのは2140年、マイニング側はその後もコミッションを受け取り続けます。このことから、住宅建設とマイニングファームの建設は、少なくとも25年間の関係を持つことになります。プロジェクトからのインカムは、不動産物件の価値を通して上がることとなります。

チーム すべてを見る

Oleg Kirillov
Oleg Kirillov
CEO (Chief Executive Officer)
Andrew Makeev
Andrew Makeev
CFO (Chief Financial Officer)
Serg Nogai
Serg Nogai
CTO (Chief Technical/Technology Officer)
Ivan Egorov
Ivan Egorov
CBDO (CChief Business Development Officer)
Julia Makarova
Julia Makarova
TLPR (Team Leader of Public Relations)
Alexandr Zasypkin
Alexandr Zasypkin
COO (Chief Operating Officer)

人気STO/ICO記事

  • CryptoTimesがリサーチコンテンツ『CT Analysis』の提供を開始

    ブロックチェーン/暗号通貨分野メディア『CRYPTO TIMES』 (  )が新しくリサーチコンテンツ『CT Analysis』 (  )の提供を開始した。初回レポートとして、『2019年暗号通貨/ブロックチェーン市場動向』が無料公開されている。CRYPTO TIMES自身は、2018年1月から2年間運営されており、分析記事やレポートなど、ブロックチェーン/暗号通貨に関する理解度の高さを活かしたコンテンツに定評がある。今回のレポートコンテンツを作成するパートナーとしてBLOCKDATA、dapp.comとの提携も合わせて公表されている。また、この発表に合わせて、代表のアラタ氏 (  )
  • QtumがCoinCheckで取引可能に

    国内大手取引所CoinCheckが2月25日の11時頃、公式ホームページにてQtum(クアンタム)の取扱いを開始すると発表した。Coincheckで今まで取り扱っていた通貨は11種類(BTC、ETH、ETC、LSK、FCT、XRP、XEM、LTC、BCH、MONA、XLM)で、今回上場するQtumを合わせると12種類になる。参照元:
  • 株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの評判は?

    近年クラウドファンディングを運営する会社が急激に増えて、投資家も活発に取引を行なっています。UNICORNはを行なうサービスのひとつです。融資型や不動産投資型は知っているけれど、株式投資型クラウドファンディングは聞いたことがないという方もいるでしょう。そこで、今回は、株式投資型クラウドファンディングとUNICORNの特徴、メリットとデメリットを中心に説明します。、Go Angel、(旧) エメラダ・エクイティ(Angel Bankに事業譲渡)に続いてサービスを開始した株式投資型クラウドファンディングです。これまで募集案件は2件です。尚、運営会社は株式会社ユニコーンです。 : UNICO