INTRO - ビジネスインテリジェンスサービス

INTROはビルダー、投資家、住宅購入者、銀行およびその他の代理店からなるオフ・プラン開発の参加者向けのBI(ビジネスインテリジェンス)システムです。 INTRO IT製品は業界の専門家だけでなく、民間の住宅購入者のための先進的な市場分析へのアクセスを提供します。建設中のオブジェクトおよび投資家の契約の登録簿はブロックチェーンに格納されブロックチェーンは公的な国の情報源からデータを受け取ります。 これにより、個人データ保護に対する所有者の権利を侵害することなく効果的な市場分析が可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ITR
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-10-31
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 ITR = 0.4 USD
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of INTRO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC. ETH, LTC, Various, Fiat, Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

INTRO TECHNOLOGY RUS、JSCのチームは、INTROトークンを提示することをうれしく思います。INTROトークンは不動産市場参加者のINTROサービスのライセンスになります。

私たちのチームは2016年以来、開発者のためのソフトウェアを開発しています。ITプロジェクトは、もともとロシアの主要な不動産開発部門であるGosstroy Groupによって2009年に開始されました。現在、Gosstroyの開発ポートフォリオには約150,000㎡の総面積を有する13の建設中の建物も含まれる。建設量によって、Gosstroyはロシアのトップ150の開発者の1人です。

2017年初頭にGosstroyのIT部門は独立した事業として分離され、INTRO TECHNOLOGY RUS、JSCとして登録されました。 2018年の初めに、同社には42人のスタッフと約20人のフリーセンス契約者がいました。同社の主なプロファイルは、オフ・プランの不動産投資家に対するビジネス・インテリジェンス・システムの創出だけでなく、ビジネスおよび州の俳優向けのIT製品の開発です。

急成長は主に、市場プレイヤーおよび規制当局からのBIシステムに対する需要の増加によるものです。 20社以上の建設会社いくつかの政府機関、産業団体がINTRO RUSの製品を使用しています。私たちのユーザーには、住宅開発者協会、ウラルとシベリアの建設会社の組合、チェリャビンスク地域共同組合連合組合、そしてイントロ事業が存在するロシア18か所の他の専門家の代表が含まれます。

しかし、BIシステムの規模拡大の可能性はロシアおよびCIS諸国の市場に限定されません。私たちの調査によると、年間1000万人以上の住宅購入者がBRICS諸国のオフ・プラン資産に投資しています。インド、ブラジル、ロシアの居住用不動産のほとんどは建設段階で売却されています。それでも、市場の透明性が低いため、オフプランの開発は依然として危険な投資です。

我々は、公式の州の登録簿からのオフ・プラン開発投資に関するデータを収集して処理するためにAI(人工知能)を初めて使用した。現在、当社のシステムINTRO Analyticaは、財産権請求に関する生データを迅速に処理し、正確な市場予測を作成します。次のステップでは、開発者、投資家、住宅購入者間のデータ保護とセキュアな取引のためのブロックチェーン技術を統合する予定です。

私たちの使命は、グローバルなオフ・プランの不動産市場を透明にし、不確実な投資から開発者と住宅購入者を保護することです。

INTROトークンは世界中の開発者、投資家、住宅購入者を集めたINTROエコシステムのアクセスキーになります。

チーム

Denis Vechkanov
Denis Vechkanov
CEO
Oleg Obolensky
Oleg Obolensky
CTO
Andrey Krylov
Andrey Krylov
Product Manager
Timur Zainullin
Timur Zainullin
Head of Government Relations
Alexander Kolesnikov
Alexander Kolesnikov
Head of Marketing

人気STO/ICO記事

  • 警視庁、コインチェックから不正流出されたXEMをダークウェブ上で取得したもの2人を逮捕へ

    警視庁が仮想通貨取引所「CoinCheck」から不正流出されたXEMであると知りながらダークウェブ上でXEMを不正に取得したもの2人を本日の午前11時頃、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕したことが分かった。CoinCheckからのXEMおよそ580億円が不正流出されたのは2018年1月26日で当時、業界に大きな衝撃を与えた。2人は大阪府・北海道在住で大阪府の男は、200回以上にわたり流出した2,400万XEMを不正に取得し利益を得ていたとみられている。
  • ブロックチェーンで空の旅の暗号化を目指す企業

    空の旅の安全の向上を目指して3年前に設立されたブロックチェーンを基盤とする企業が、成果を振り返り航空業界で新たに生まれているチャンスの見通しを語る。もしパイロットが免許をお金で購入していたり飛行訓練中に航空日誌を偽造していた可能性があるなら、そのパイロットが飛ばす飛行機に乗りたいという人はいないだろう。しかし、家族でローマに旅行に行くにしろ、アフリカまでサファリをしに行くにしろ、乗る飛行機が安全かどうか、本当に知っている人はいるのだろうか。様々なサービスの提供者から受け取った情報を精査するのは、特権ではなく必須事項になりつつあり、航空業界も例外ではない。同時にブロックチェーン技術は、など日常
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)がGMOコインに上場・・国内初

    国内仮想通貨取引所「GMOコイン」が本日(18日)の16時45分頃、にてBAT(ベーシックアテンショントークン)の取扱いを開始すると発表した。仮想通貨「BAT」の上場は国内で初めてだ。GMOコインが今まで取り扱っていた通貨は7種類(BTC、ETH、BCH、LTC、XRP、XEM、XLM)だったが、今回上場するBATを合わせると8種類になる。2月25日にはCoinCheckがQTUMを上場させるなど、今年に入って国内仮想通貨取引所の動きが以前より目立つようになっている。[