INTRO - ビジネスインテリジェンスサービス

INTROはビルダー、投資家、住宅購入者、銀行およびその他の代理店からなるオフ・プラン開発の参加者向けのBI(ビジネスインテリジェンス)システムです。 INTRO IT製品は業界の専門家だけでなく、民間の住宅購入者のための先進的な市場分析へのアクセスを提供します。建設中のオブジェクトおよび投資家の契約の登録簿はブロックチェーンに格納されブロックチェーンは公的な国の情報源からデータを受け取ります。 これにより、個人データ保護に対する所有者の権利を侵害することなく効果的な市場分析が可能になります。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
ITR
開始日時
2018-06-01
終了日時
2018-10-31
最低目標
3,000,000 USD
最高目標
15,000,000 USD
初回価格
1 ITR = 0.4 USD
トークン供給数
160,000,000
公式サイトへ Owner of INTRO?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームEthereum
タイプERC20
参加可能通貨BTC. ETH, LTC, Various, Fiat, Others
供給率不明
KYC不明
参加不可地域不明
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

INTRO TECHNOLOGY RUS、JSCのチームは、INTROトークンを提示することをうれしく思います。INTROトークンは不動産市場参加者のINTROサービスのライセンスになります。

私たちのチームは2016年以来、開発者のためのソフトウェアを開発しています。ITプロジェクトは、もともとロシアの主要な不動産開発部門であるGosstroy Groupによって2009年に開始されました。現在、Gosstroyの開発ポートフォリオには約150,000㎡の総面積を有する13の建設中の建物も含まれる。建設量によって、Gosstroyはロシアのトップ150の開発者の1人です。

2017年初頭にGosstroyのIT部門は独立した事業として分離され、INTRO TECHNOLOGY RUS、JSCとして登録されました。 2018年の初めに、同社には42人のスタッフと約20人のフリーセンス契約者がいました。同社の主なプロファイルは、オフ・プランの不動産投資家に対するビジネス・インテリジェンス・システムの創出だけでなく、ビジネスおよび州の俳優向けのIT製品の開発です。

急成長は主に、市場プレイヤーおよび規制当局からのBIシステムに対する需要の増加によるものです。 20社以上の建設会社いくつかの政府機関、産業団体がINTRO RUSの製品を使用しています。私たちのユーザーには、住宅開発者協会、ウラルとシベリアの建設会社の組合、チェリャビンスク地域共同組合連合組合、そしてイントロ事業が存在するロシア18か所の他の専門家の代表が含まれます。

しかし、BIシステムの規模拡大の可能性はロシアおよびCIS諸国の市場に限定されません。私たちの調査によると、年間1000万人以上の住宅購入者がBRICS諸国のオフ・プラン資産に投資しています。インド、ブラジル、ロシアの居住用不動産のほとんどは建設段階で売却されています。それでも、市場の透明性が低いため、オフプランの開発は依然として危険な投資です。

我々は、公式の州の登録簿からのオフ・プラン開発投資に関するデータを収集して処理するためにAI(人工知能)を初めて使用した。現在、当社のシステムINTRO Analyticaは、財産権請求に関する生データを迅速に処理し、正確な市場予測を作成します。次のステップでは、開発者、投資家、住宅購入者間のデータ保護とセキュアな取引のためのブロックチェーン技術を統合する予定です。

私たちの使命は、グローバルなオフ・プランの不動産市場を透明にし、不確実な投資から開発者と住宅購入者を保護することです。

INTROトークンは世界中の開発者、投資家、住宅購入者を集めたINTROエコシステムのアクセスキーになります。

チーム

Denis Vechkanov
Denis Vechkanov
CEO
Oleg Obolensky
Oleg Obolensky
CTO
Andrey Krylov
Andrey Krylov
Product Manager
Timur Zainullin
Timur Zainullin
Head of Government Relations
Alexander Kolesnikov
Alexander Kolesnikov
Head of Marketing

人気STO/ICO記事

  • 新規ウォッチリストを追加する方法

    コイン相場ユーザーの皆様はウォッチリストを分けて使っていますか?私も長い間「お気に入り」というウォッチリストだけを使っていましたが、社内のほかの方々の使い方を見て色々と工夫してみたら、仮想通貨の管理がとても楽になりました。この経験から、新規ウォッチリストを追加する方法をぜひ皆様に共有したいと思い今回の記事を作成いたします。皆様も本記事を参考に新規ウォッチリストの追加して、仮想通貨の管理を最大に効率化してください。<ins></ins><ins></ins>以上、コイン相場アプリの新規ウォッチリストを追加する方法でした。使い方によっては仮想通貨の投資がとても楽になる機能です!色々とお試しください
  • 北朝鮮、仮想通貨取引所などを35回攻撃し、最大2,140億円を違法に得た疑い

    朝日新聞は、本日(5日)国連安全保障理事会の専門家パネルの報告書を引用し「北朝鮮が2015年12月から今年の5月まで少なくとも17か国の金融機関と仮想通貨取引所を対象に35回にわたり、サイバー攻撃で最大20億ドル(約2,140億円)を違法に得ていた疑いがある」と報道した。同メディアは「北朝鮮がサイバー攻撃をしたと推定される国家にはインド、チリ、ナイジェリアなど多くの地域が含まれている」と述べ、大量破壊兵器(WMD)の開発資金を調達するため攻撃した」と分析した。報告書によると2017年以降、北朝鮮の仕業だと思われる15件の仮想通貨取引所攻撃があり、この中で10件は韓国の取引所を狙っていたと把握さ
  • コイン相場アプリで仮想通貨をウォッチリストに追加する方法3つ

    コイン相場ユーザーの皆様、コイン相場のウォッチリストから仮想通貨を追加する方法が3つもあるということをご存知ですか?気になる仮想通貨をどういった方法で追加するかはユーザー様次第ですが、状況によって効率よく追加する方法を考え、追加を簡単にお試しください。コイン追加・削除(編集)の画面で編集していたけど、追加したい仮想通貨がある場合は以下のような手順で簡単に追加できます。<ins></ins>ウォッチリストを見ていた際に、追加したい仮想通貨がある場合は以下の手順が効率がいいですのでお試しください。<ins></ins>銘柄の名前を覚えていないが確かにあの取引所にあったな見たらすぐ思い出せると思った