Platform X - 早く行きたいならば一人で行ってください。 遠くに行きたいならば一緒に行きましょう。

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くのプロジェクトとは異なる株式のようなトークン構造を持っています。

STO/ICO基本情報

ステータス
成功
トークン記号
Unknown
開始日時
2018-09-20
終了日時
2018-10-26
調達金額
16,002 ETH
最低目標
12,000 ETH
最高目標
16,000 ETH
初回価格
1ETH = 62500
トークン供給数
1,000,000,000
公式サイトへ Owner of Platform X?
Claim this listing and publish updates.

基本情報

プラットフォームETHEREUM
タイプERC20
参加可能通貨ETH
供給率不明
KYCKYC
参加不可地域KOREA
Webサイトホームページ
ホワイトペーパーダウンロード

概要

PlatformX(PX)は、企業や個人に(パブリック、プライベート)のブロック・チェーン・ソリューションを提供することを目的とするInBlocのプロジェクトです。

InBlocはPlatformXトークンの50%を所有しており、他の多くの暗号通貨プロジェクトとは異なり、株式のような構造を持っています。 Aという会社がPlatformXサービスを利用するためには30万ドル分のPXコインを購入してInBlocに支払う必要があります。

InBlocは、貰ったコインをバーンします。結果的に、従来のコインの合計数が減ってコインの価値があがります。 同社は、PXコインの50%の株式を保持しなければならなので超過金額を取引所で販売して利益を得ることができます。

例えば、総供給量が200個でinBlocが100個を所有している場合、A社が10枚のコインを購入してInBlocに支払えばInBlocは10枚のコインをバーンすれば合計供給量は190個になりますがInBlocの保有量は100になります。従ってInBlocは5つのコインを売って利益を得ることができます。

PXコインはIDAXに上場されており、3つの企業でInBlocのサービスを提供することが決定しました。そのうちの一つは、韓国の新星エンジニアリングです。

取引所の価格は、個人販売価格と同じなので、着実に価格が上昇すると予想されます。

チーム

KIM YEOMYEONG
KIM YEOMYEONG
CEO
SEO INHYUK
SEO INHYUK
CTO
HWANG BUYUN
HWANG BUYUN
COO

人気STO/ICO記事

  • ドナルド・トランプ、仮想通貨は信頼できない

    米、大統領ドナルド・トランプは12日(現地時間)ツイッターを通じ、「私はビットコインや他の仮想通貨の支持者ではない。お金でもなく、その価値はとても不安定だ。規制されていない暗号資産は麻薬取引やその他違法行為を促進するような性質がある」と発言した。<ins></ins>また、「FacebookのLibraという“デジタル通貨”についても信頼性は無い。Facebookやほかの企業が新しい銀行になりたいのであれば、他の銀行のように、国内外の既存の銀行規制に従わなければならない。」と加えた。<ins></ins>最後に、「アメリカは唯一無二の通貨を持っている。それは他より強力で信用があり頼る事が出来る
  • 【7/10】世界ニュースまとめ2 - 税務当局、納税者の仮想通貨関連モニタリングを強化する方針、イギリスの大手銀行がLibraのコンソーシアムに参加検討

    9日(現地時間)Cointelegraphの報道によると、米税務当局(IRS)はアップル、マイクロソフト、グーグルなどの大手IT企業を通じ、納税者の仮想通関連アプリのダウンロード履歴を把握するとともに脱税防止のためFacebook,TwitterなどのSNSプラットフォームの投稿に対する調査を強化する予定だ。公認会計士で「Crypto Tax Girl」として知られている暗号資産税金専門家Laura Walter氏はツイッターを通じ、米税務当局のプレゼンテーション資料を公開し、該当資料が米税務当局の犯罪調査局の職人たちを対象にした発表で使用されたと主張した。入手された資料によると、米税務当局は
  • ビットポイント・ジャパン全サービス停止、サービス再開日時は決まっていない

    ビットポイント・ジャパンが本日(2019年7月12日)の午前10時30分から全サービスを停止すること公表した。本日、午前6時30分から12時まで緊急のシステムメンテナンス作業を実施で送金、受金のサービスを停止すると発表していたが、全サービス中止とった理由は明かにされていない。ビットポイント・ジャパンは2018年の6月に金融庁による行政処分をうけていたが2019年6月28日にされていた。ツイッターなどのSNSでは突然の全サービス停止について憶測が飛び交っている状況でユーザーの不安感が高まっている。参照元:<ins></ins>2019年7月12日(金) 10:30 ~<ins></ins>・